競馬 予想

チャレンジカップ 穴馬

投稿日:

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方から頂戴した的中報告(←こちら)を頂戴しています。

○ チャレンジカップ 穴馬

ヒルノマテーラ

後肢のつくりをみると、器用さを欠く面がある。それ故に後方からレースをしているよう。フットワークが小さいが、能力面や距離延長への対応力の面でマイナス材料となる。

それほどいるタイプではないため、距離やコース、脚質などの見極めが難しいが、距離は1800m近辺が合い、決め手を生かせば、ある程度は誤魔化すことが出来る。

馬体を見る限り重賞ではどうかという感があるが、ハンデ戦であれば通用しえる。

前走エリザベス女王杯は距離が長く、状態の上積みの余地もあった。

今回の条件は合い、決め手で劣らない点からまだ見限ることができない。

デウスウルト

胴の長さや股下の高さは母の父サンデーサイレンス譲りであるが、骨格をみると父キングカメハハの特徴が出ている。

全体のフォルムからどちらかというと直線が長いコースの方がいいと感じたが、やや重心が低いつくりなどから小回りコースも問題ない。

腰の角度などや走法から距離に限界を感じさせ、2000m近辺がいい。

以前より走法に問題がある点から別定戦の重賞では厳しいとお伝えしてきたが、ピーク時の好走もハンデ戦でのもの。

今回、距離、コース、脚質など条件は合う。2014年のこのレースで2着と好走しているように条件はベストに近い。

その後結果を残すことが出来ていないが、精神的な面でスランプであったよう。

前走アンドロメダSは53キロであったが、勝ち馬と0秒2差というレースをしている。復調の可能性はなくはない。

もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)では重賞レースの考察や穴馬の特徴など、予想に役立つ情報をお届けしています。

-競馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.