競馬 予想

ダービーにつながるか?青葉賞回顧

更新日:

穴馬と危険な人気馬
[NHKマイルカップ 穴馬候補]
青葉賞は穴馬激走!!
人気ブログランキング(←80位くらい)
FC2 Blog Ranking(←45位くらい)
今回は更新が遅くなりましたが、青葉賞の回顧をお届けします。
天皇賞(春)などG1レースの回顧は無料メルマガで配信しています。

○ 青葉賞 ウインバリアシオン
ダービートライアルとして歴史のあるこのレースであるが、ダービーで活躍するのは青葉賞で1着にきた馬に限定されるよう。
下記の4頭の勝ち馬のうち3頭がダービーで2着に、ハイアーゲームは3着にきている。
2006 アドマイヤメイン
2004 ハイアーゲーム
2003 ゼンノロブロイ
2002 シンボリクリスエス
そのためか2010年からこのレースでダービーの優先出走権が与えられるのは2着の馬までとなった。
今年は2分28秒8という遅い時計で決着しているためレース時計の面からはレベルが高くないと言わざるを得ない。
勝ったウインバリアシオンは「重賞激走穴馬!!」でも穴馬に推したが、33秒6という上がり最速の脚をマークしており、上がり2位の馬が33秒9という時計などを考えると評価が必要となる。
配信でもお伝えしたとおり、完成度の面から能力的な上積みが期待でき、先行してもよく決め手のあるタイプ。
鞍上も「父と似たような感じでまだちょっと緩いけど成長する余地がある。レースに注文が付かないし力を出してくれそう」とそれを裏付けるコメントを残している。
ダービーまでに急激な成長をみせる馬もおり、その点がダービーで好走出来るかどうかのポイントになるが、皐月賞の内容や今年の3歳牡馬のレベルを考えると好勝負出来る可能性がある。
時計やラップをみると前半800mは50秒7とかなり落ち着いたペースでさらに中盤で13秒台のラップを重ねる形になりペースが落ち着いており、瞬発力勝負となったが逃げ先行馬に有利な展開。
2着ショウナンパルフェは展開の恩恵を受けており、その点が好走の要因。
逆に3着トーセンレーヴは調教の内容がよかったものの、ペースが落ち着いて、さらには直線で包まれてさばくのに手間どり脚を余すレースとなった。
重賞レースの穴馬はメルマガで配信しています。
青葉賞 6番人気1着 ウインバリアシオン
フラワーカップ 7番人気3着 マヒナ
弥生賞 7番人気2着 プレイ
共同通信杯 6番人気2着 ユニバーサルバンク
きさらぎ賞 8番人気2着 リキサンマックス
東京新聞杯 7番人気2着 キングストリート
ステイヤーズS 5番人気1着 コスモヘレノス
武蔵野S 9番人気3着 ブラボーデイジー
スワンS 9番人気2着 ショウナンアルバ
毎日王冠 9番人気3着 ネヴァブション
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
アメンバー限定記事(←コチラ)も更新!!
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在25位くらい)で。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.