穴馬 予想

ダイヤモンドS 回顧 次走くる馬こない馬

更新日:

1日1回のクリック協力をお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

[フェブラリーS調教推奨馬]
中山記念の状態のいい馬は人気ブログランキング(←現在95位くらい)へ更新。
さして人気はないと思われる。
阪急杯の状態のいい馬はFC2 Blog Ranking(←現在35位くらい)へ更新。

○ ダイヤモンドS コスモメドウ
前半1000mと後半1000m上がり5ハロンのラップタイムをみると、下記のよう
2010 コスモメドウ 3.31.9  前半62.7 後半60.1
2010年 フォゲッタブル 3.32.6  前半63.0 後半60.5
2009年 モンテクリスエス 3.29.4  前半60.5 後半61.3
2008年 アドマイヤモナーク 3.33.6  前半62.7 後半60.3
2007年 トウカイトリック 3.30.6  前半61.3 後半60.0
2006年 マッキーマックス 3.30.3  前半61.6 後半61.4
2005年 ウイングランツ 3.33.5  前半65.6 後半61.6
2004年 ナムラサンクス 3.31.9  前半64.3 後半60.6
昨年はかなりペースが落ち着いて逃げ先行馬が粘る結果となったが、今年は前半1000mが62秒7とまずまずのペースで、中盤もさして緩むことなく推移しており、展開の恩恵を受ける馬はいなかったよう。
勝ったコスモメドウは調教の内容がよく体型から長距離に特化したタイプと判断して対抗という評価にした。
斤量が53キロと上位にきた他の馬よりも軽い斤量を背負っていたということはあるものの、ほぼ完勝で高い評価が必要となる。
2着コスモヘレノスは上位の中で最も重い56キロを背負っていたが、潜在的なスタミナが要求される条件でいいよう。
このレースは混戦で3着キタサンアミーゴは土曜日朝の時点で1番人気に推されていたが、過去の傾向から危険な人気馬になる可能性が高かったため馬券の対象から外した。
54キロの恩恵を受けた部分があり、現時点でどういった条件でいい馬か判定出来かねるものの、今回の内容は悪くない。
同様にモンテクリスエスも馬券の対象から外したが、今回は出来がいまひとつであったと感じたためで、復調があれば。
1番人気ビートブラックは4着という結果に終わり、この馬も馬連の対象から外したが危険な人気馬になった。
5着に敗れたゲシュタルトはペースや位置取り、56キロという斤量を考えれば悪くないレース。
フェブラリーSの回顧は只今編集中。
後ほど無料メルマガでお届けします。
穴馬も無料メルマガで配信しています。
先週はお休みさせて頂きましたが、前回配信では共同通信杯の穴馬ユニバーサルバンクが2着に激走!!
きさらぎ賞8番人気2着リキサンマックス、東京新聞杯7番人気2着キングストリートも激走!!
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)
2つのメルマガを配信。広告のみの配信はほとんどしていません。
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在20位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.