セントウルステークス 京成杯AH 穴馬 予想

セントウルS 京成杯AH 穴馬は?

更新日:

先週の新潟2歳Sは危険な人気馬に指名した1番人気クリーンエコロジーが10着に大敗。
状態やレースの適性などが微妙で、過大な評価であると感じたため。
セントウルSにも1頭気になる馬がいる。
前走の方が調教の動きがよく、その他の点でもマイナス材料があるため、現在人気は割れているものの、危険な人気馬になりえる馬であると感じる。
その馬は、人気ブログランキング(←コチラ)に馬番で更新。
また、新潟2歳Sは人気ブログランキング(←コチラ)で状態を推奨したマイネルラクリマが2着と好走。
セントウルSと京成杯AHの状態のいい馬も人気ブログランキング(←コチラ)に掲載。
携帯の方もOK。順位は45位くらいです。
PCの方は順位は左サイドバーでご確認ください。
FC2 Blog Ranking(←コチラ)も宜しくお願いいたします。
今回はセントウルSで人気薄ながら面白い穴馬をご紹介。
馬体をみると、背中がくぼんでいる点や前後肢のフォルムが父によく似ており、全体のボリュームなどからも父同様に平坦コースでこその馬。
ただ、今回開幕週でスピードを生かせる馬場である点から、馬場が荒れたレースなどに比べるとそこまでマイナスとはならない。
体型をみる限り1400mまではこなせそうだが、気性的な面から1200mの方がいいよう。
腹のラインや上半身と下半身のボリュームが均等に近い点から、先行してスピードを生かす競馬が合う。
それほどスピードの持続力があるわけではないものの、この条件は悪くない。
調教はかなり動く馬で、今回もスピード感があり動きは上々であった。
近走も調教の内容はなかったにも関わらず結果が出ていないが、3走前は馬場の悪化が敗因で、4走前も馬場の悪化にくわえて外枠を引いた点も大きなマイナス材料であった。
前々走の敗因はいまひとつ不透明であるが、休み明けも影響していたかもしれない。
また、前走は馬場状態が荒れた中で、速いペースを先行して勝ち馬から僅差に粘っている。
条件が変わる今回、この人気であれば買う価値がある馬。
その馬と京成杯AHの穴馬は「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で明朝お届けします。
PCの方はコチラ(←クリック)
先週は新潟2歳Sの推奨穴馬10番人気マイネルラクリマが2着に。
そして小倉2歳S9番人気スギノエンデバーも3着と推奨穴馬激走!!
おかげさまで読者の方が1500名を突破!!
当ブログでは相互リンクして頂けるサイトを募集中です。
コチラ(←クリック)をご覧ください。

-セントウルステークス, 京成杯AH, 穴馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.