穴馬 予想

スワンS 穴馬と穴馬の傾向は!?

更新日:

天皇賞(秋)出走馬で調教内容のよかった馬を人気ブログランキング(←こちら)へ更新。

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)では、1、2頭、重賞レースの穴馬をお届けしています。

菊花賞は推奨穴馬7番人気ユウキソルジャーが3着に。

京都大賞典は5番人気1着メイショウカンパク、スプリンターズS9番人気3着ドリームバレンチノが激走!!

多くのメルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

[スワンS 穴馬好走要因]

2011年10番人気3着オセアニアボス:前走京成杯AHで上がり最速をマークしていたが、脚を余して4着という結果に。600m通過後、11秒をきるラップを刻み、ペースアップしたことが好走の要因。上がり最速をマークして好走。

2010年9番人気2着ショウナンアルバ:有料メルマガで穴馬推奨。前走セントウルSよりも条件が合ったことが好走の要因。調教の動きをみると、勢いと力強さを感じさせ良好で、状態がよかったことも好走の要因。

2010年10番人気3着ジョーカプチーノ:1年6カ月振りのレースで体重もプラス38キロと増えており、侮られていたがここでは能力が上位であった。

2009年16番人気2着アーリーロブスト:前目の位置でレースをする馬が有利で展開の恩恵があったことが大きな追い風となっていた。前走ダートの地方重賞で3着と好走していたが、たたき3走目で走り頃であった。

2008年11番人気3着ジョリーダンス:前走、前々走はともにスプリント戦でこの馬に合わず、距離延長が追い風となり、たたき3走目で状態が上がっていたことも好走の要因。

2007年10番人気2着フサイチリシャール:やや重で行われ、時計のかかる馬場となったことが好走要因。1400m以上の距離がよく、前走からの距離延長も買い材料であった。

2006年14番人気1着プリサイスマシーン:約4カ月振りのレースで侮られていたが、鉄砲が非常に利く馬で体重もマイナス4キロと太めもなかったよう。前走函館スプリントSは距離が短く、距離延長が好走の要因。

2006年8番人気2着シンボリグラン:函館スプリントS以来4カ月振りのレースであったが、比較的鉄砲の利く馬。1200mから1400mへ距離が延長されたことにくわえ、平坦で広いコースはベストの条件であった。

2005年11番人気1着コスモサンビーム:故障明け後、結果を残していなかったが、重馬場で行われ、スタミナの要求される馬場になったことが大きな追い風に。父、母ともに欧州系の血統で、道悪になったことも追い風であった。

2005年13番人気3着ウインクリューガー:父タイキシャトルも道悪は上手かったが、この馬も重馬場のアーリントンカップを勝ち、NHKマイルカップも降雨があり、時計のかかる馬場になっていた。

2004年10番人気1着タマモホットプレイ:前走マイナス20キロと体重が大幅に減っていたが、このレースではプラス10キロと回復していた。

2003年11番人気1着ギャラントアロー:いったいったのレースになったが、コースが変わったことも好走の要因。3歳馬であったが、前々走で重賞を勝ち、その他にも重賞2着2回という実績を考えると、あまりにも人気がなさ過ぎた。

2002年9番人気2着リキアイタイカン:前年12月のCBC賞を勝ってから近走は結果が出ていなかったが、そのうち3走はG1レース。勝ち馬が引っ張ってペースが上がり、決め手が生きたことも追い風になっていた。

※ 下記は無料メルマガの配信でお届けした穴馬

菊花賞 7番人気3着 ユウキソルジャー
京都大賞典 5番人気1着 メイショウカンパク
スプリンターズS 9番人気3着 ドリームバレンチノ
新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
小倉2歳S 7番人気3着 ラヴァーズポイント
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ

重賞レースの穴馬は、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でレース当日の午前8時頃配信しています。

もうひとつの無料メルマガの次回配信では、天皇賞(秋)の情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.