穴馬 予想

スプリンターズS 前哨戦 函館スプリントS

更新日:

オールカマーは人気ブログランキング(←馬番表記)でもお伝えしたが、2番人気ジャミールが危険な人気馬になると感じ、馬連の対象から外したが5着に敗退。
新潟2歳Sでは状態を推奨した10番人気マイネルラクリマが2着と好走!!
ローズSは6番人気ワイルドラズベリーが2着に。
スプリンターズSの状態のいい馬は人気ブログランキング(←コチラ)
印をみる限り、人気はなさそうです。
携帯の方もOK。順位は40位くらいです。
PCの方は順位は左サイドバーでご確認ください。
下記のランキングもよろしくお願いいたします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログ

○ 函館スプリントS ワンカラット
土曜日のレースの結果をみると、内枠の馬が結果を残しており、メインレースの時計をみると、1000万条件で1分9秒0という時計が出ていたが、かなり馬場状態がよかったことが分かる。
このレースのペースをみると前半600m33秒1という時計で、過去のレース時計や前半600mの時計と比較すると2、008年の32秒8という時計は別格としても、かなりペースが速かった。
2008年 キンシャサノキセキ
前半32.8  1.08.4
2007年 アグネスラズベリ
前半33.8  1.08.9
2006年 ビーナスライン
前半34.1  1.09.1 
2005年 シーイズトウショウ
前半33.6  1.09.0
2004年 シーイズトウショウ
前半33.7  1.09.4 
今回1分8秒2というレコードで決着したが、ペースと馬場状態を考えるとレコードでの決着は必然に近い部分があった。
ただ、レコード決着であるものの、やはり32秒8というハイペースで上位を差し馬が占める中、先行して押し切る競馬で勝ったキンシャサノキセキほどのレベルと内容はない。
そのため、G1レースに直結するほどのものではないと感じる。
勝ち馬のワンカラットは調教の動きもよかったが、1枠1番に入って先行し、その恩恵を最大限に受けているため、過大な評価は避けるべき。
2着に敗れたビービーガルダンであるが、外枠に入っており59キロという斤量からも通常であれば人気を考慮して馬連の対象から外していた。
しかし、調教の動きが非常によくA+と評価して本命に推したが、普段の状態であれば危険な人気馬となっていた可能性が高いと思われる。
状態はほぼ最高に近かったと思われ、次走以降のレースで下降していないか注意が必要となる。
キョウエイアシュラは大外に入り状態からも、4番人気という評価が見合わないと感じ、危険な人気馬となる可能性があると判断したため馬券の対象から外した。
しかしこの馬も斤量の助けはあったものの4着と好走しており、馬体から重賞を勝てるレベルのものをもっているため次走以降注目したい。
このレースは配信でお伝えしたとおり、人気上位の馬の調教の内容がよかったため、大きく荒れる可能性は低いとお伝えしたが、やはり人気薄の馬の出番はなかった。
ラブミーチャンはやはりダートの方がよく、タニノマティーニに関しては今回休み明けであったため、たたかれての上昇もあり、やはり北海道の芝では走るため、次走以降も気をつけたい。
オールカマーは「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬トウショウシロッコが3着に。
コチラ(←PCの方)
オールカマー 6番人気3着 トウショウシロッコ
京成杯AH 7番人気2着 キョウエイストーム
新潟2歳S 10番人気2着 マイネルラクリマ
小倉2歳S 9番人気3着 スギノエンデバー
札幌記念 7番人気3着 アクシオン
北九州記念 5番人気1着 メリッサ
CBC賞 7番人気2着 ダッシャーゴーゴー
目黒記念 7番人気3着 フェニコーン
京王杯SC 6番人気2着 マルカフェニックス
NZT 7番人気3着 レト
「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
コチラ(←PCの方)
バックナンバーでもご覧頂けます。おかげさまで読者の方が1600名を突破!!
コメントはツイッターでも受け付けております。下記のリンクからお願いたします。
twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.