穴馬 予想

スプリンターズS 予想 穴馬の特徴は?

更新日:

無料メルマガの前回配信、ローズSでは「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で推奨した10番人気ウリウリが3着に。

その前の配信では中京記念推奨穴馬13番人気ミッキードリームが2着に、函館2歳Sは9番人気プラチナティアラが2着に激走!

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

2012年9番人気3着ドリームバレンチノ:穴馬に推奨。条件も悪くなかったが、それまでは3連勝しており、完全に復調していたことが好走の最大の要因。

2011年9番人気2着パドトロワ:馬体に余裕を感じさせたが、状態のよさが目立ち、輸送により絞れていた。前半600m33秒0とペースが落ち着いて、上位は先行馬が占める結果になり、展開の恩恵を受けていた。

2011年7番人気3着エーシンヴァーゴウ:能力を評価して本命推奨。夏からつかわれ続けており、お釣りがないと言われてきたが、状態の下降はみられなかった。この条件が合ったことも好走の要因。

2010年7番人気3着サンカルロ:穴馬推奨。3歳時からG1レベルのものをもっていると評価してきた馬。前走京成杯AHは脚を余していたが、距離短縮もあり悪くない条件であった。

2009年6番人気1着ローレルゲレイロ:状態が非常によかった高松宮記念と比較すると、それほど出来はよくなかったが、降雨の影響により前日、当日ともに外枠有利の結果となっており、馬場の悪化の恩恵も大きかった。

2009
年8番人気3着カノヤザクラ:前走セントウルSは前半600m33秒8と遅い流れで推移し、後手を踏んだことが致命的に。このレースでも後方からのレース
となったが、前半600m32秒9とまずまずペースが上がったことと、人気馬に状態の下降や直線での不利があったことが追い風に。

2006年10番人気2着メイショウボーラー:フェブラリーS勝利のイメージが強かったが、芝の重賞を2勝し、G1でも好走歴あり。フェブラリーSを勝った後、不振が続いていたが、前々走の地方重賞で59キロを背負いアタマ差の2着と復調気配をみせていた。

2006年16番人気3着タガノバスティーユ:ブライアンズタイム産駒らしい体型をしており、心肺機能が高い馬で脚質的な面からも前半600m32秒8とペースが上がったことが追い風に。前走で休み明けの北九州記念をつかわれて上昇もあったよう。

重賞レースの穴馬は上記のような考察とともに無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

※ 下記はお届けした穴馬

ローズS 10番人気3着 ウリウリ
中京記念 13番人気2着 ミッキードリーム
函館2歳S 9番人気2着 プラチナティアラ
安田記念 12番人気3着 ダノンシャーク
NHKマイルカップ 8番人気3着 フラムドグロワール
京都新聞杯 11番人気3着 ジャイアントリープ
京都新聞杯 9番人気2着 ペプチドアマゾン
青葉賞 7番人気2着 ヒラボクディープ
弥生賞 10番人気2着 ミヤジタイガ
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック
日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック

重賞レースの穴馬の傾向は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.