穴馬 予想

スプリンターズS 予想 ダッシャーゴーゴー スプリングサンダー 考察

更新日:

スプリンターズSの状態のいい馬を人気ブログランキングへ更新。

先週の神戸新聞杯は自信の穴馬8番人気ロードアクレイムが2着に激走!!

スプリンターズSの穴馬は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

※ 下記は配信でお届けした穴馬(2けた人気のみ抜粋)

新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー

ツイッターにて多くの方から的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

ダッシャーゴーゴー
※ 下記はキーンランドカップ(2着)時の考察の一部

「2歳時はあまり見栄えがしなかったが、3歳になってから2歳時よりも馬体のバランスがよくなってきて成長を感じさせ、3歳の春から古馬重賞でも通用する能力と完成度があるとお伝えしてきた。

丸みを帯びた身体のラインや上半身と下半身のボリュームのバランスなどはマルカフェニックスなどに似ており、ともに母の父がミスワキであるがその影響が強いためと思われる。

今年の高松宮記念では前走プラス6キロ、3走前にプラス8キロと体重が増えて、馬体に幾分余裕を感じさせており、その点が近走結果を残すことが出来ない点に影響している部分があったはず。

前走CBC賞(3着)は状態面と59キロを背負う点から人気を裏切る可能性が高いと感じたため、馬連の対象から外した。

3着を確保したが、馬場が悪化して時計のかかる馬場状態となり、決め手が要求されるようになった点が大きな追い風となっていた。

前走CBCは全体的にすっきりとした印象で、筋肉量や迫力の面で少し物足りないように感じたが、今回はその時よりも体調はよくないかもしれないが、上半身に迫力が出ており、まずまず上向いている印象である。

そして、何よりも前走の59キロから56キロに斤量が減る点が好材料で、好走の可能性がある。」

スプリングサンダー
※ 下記はキーンランドカップ(5着)時の考察の一部

「馬体をみると能力は高く、重賞を勝てるだけの能力は間違いなくある馬で評価をしてきた。

2歳時にみた頃は全体的にもう少しボテっとした印象があり、父クロフネの影響を強く感じさせたが、古馬になってからはスラッとした体型に変わっており胴が伸びた印象。

前走CBC賞では2着と好走しているが、中京競馬場が前日まで時計の速い馬場状態が、降雨により重馬場で行われ、掲示板は全て6~8枠の馬で決着する結果に。

今年は札幌競馬場が時計の速い馬場状態で行われており、その点がマイナス材料となる。

また、前走は状態がよかったことも好走の要因であるが、今回はその時よりも状態は下降しているため、割引が必要となる。」

もうひとつの無料メルマガの次回配信では京都大賞典、毎日王冠の情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.