穴馬 予想

シルクロードS 予想 穴馬の特徴は?

更新日:

京成杯は人気ブログランキング(←コチラ)推奨馬9番人気ケイアイチョウサンが3着に激走!!

シルクロードS出走馬で人気薄で状態のいい馬を期間限定で人気ブログランキング(←コチラ)へ更新。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

日経新春杯は10番人気カポーティースターが勝利!!

有馬記念は10番人気オーシャンブルーが2着に、阪神JF15番人気クロフネサプライズが2着に激走!!

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬

日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック
アルテミスS 7番人気3着 ウインプリメーラ
菊花賞 7番人気3着 ユウキソルジャー
京都大賞典 5番人気1着 メイショウカンパク
スプリンターズS 9番人気3着 ドリームバレンチノ
新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
小倉2歳S 7番人気3着 ラヴァーズポイント
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ

ツイッターにて多くの無料メルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しました。ありがとうございます。

ツイッター(←アカウント)では競馬情報などを呟いています。お気軽にフォロー下さい。フォローをお返ししています。

[シルクロードS 穴馬好走要因]

2012年16番人気ケンブリッジエル:出走馬の中で最も軽い53キロで出走できたことが好走の要因。前走1600万条件で4着に敗れていたため、全く人気がなかった。

2011年14番人気2着アーバニティ:近走1400mで敗れるも、1200mの方が実績あり距離短縮がプラスに。平坦コースや流れも合い、あらゆる条件が向く形に。

2009年7番人気1着アーバンストリート:メルマガで穴馬推奨。平坦コースの1200mで4勝とベストの条件。前走3着に敗れるも、上がり最速をマークしていたが、4コーナー17番手と後方に位置どっており、脚を余していた。

2008年11番人気2着コパノフウジン:前走、前々走ダートで凡走し、ほぼノーマークの存在。それ以前のレースでも結果が残っていなかったが、別定戦でそれほど負けておらず、今回ハンデ戦で54キロと斤量が軽かったことが好走要因。

2007年7番人気1着エムオーウイナー:前走1600万条件を勝利して参戦し55キロの斤量。その後凡走していることからもそれほど能力が高いわけではないことが分かるが、例年より軽いメンバーであったことが最大の好走要因。

2006年7番人気2着マイネルアルビオン:近走安定した結果を残しており、それほどレベルの高い出走メンバーでもなかった。上位3頭は6枠7枠の馬。阪神や中山で実績がある馬で、荒れた馬場も追い風か。

2005年10番人気3着トップパシコ:前走1600万条件をトップハンデの57.5キロで勝利。上位2頭はレベルの高い馬であったが、前走から斤量が4.5キロ減って53キロで出走。斤量の軽さにくわえて、上位は逃げ先行馬が占めており、流れも向いた。

2004年9番人気2着サーガノヴェル:全4勝は中山コースで挙げており、開催末期で時計のかかる馬場状態が好走の要因か。

2002年14番人気1着ゲイリーフラッシュ:近走で全く結果が残っていなかったがいきなりの激走。ただ、OP特別や重賞レースなどで5着以内も多く、勝ち馬から1秒以内の差という結果でそれなりに堅実に走っていた。

2002年10番人気3着アイティースワロー:前走OP特別の淀短距離Sで2着も何故か人気なし。人気馬が後方からレースをしたが沈み、斤量が軽い逃げ先行馬が残る形に。

もうひとつの無料メルマガでは、穴馬の特徴や調教考察などの情報をお届けしています。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

[PR]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
取捨が難解な1月競馬も最強の関西馬情報で獲りました!
シンザン記念⇒相手は9人気の超伏兵!3連単2万9880円的中
京都金杯⇒相手は6人気のトライアンフマーチ!馬連2150円的中
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年⇒公言通りに確信◎ロードカナロアから大本線で仕留めた!
【第18回 シルクロードS(GIII)⇒◎-○1点勝負】

<今年ココをステップに出世街道を駆け上がるのは他でもないアノ馬!>
昨年、ロードカナロアがココをステップに高松宮記念3着→スプリンターズS1着→香港スプリント1着と世界を股に掛けるスプリンターに出世した事で例年以
上に注目を集めている同レース。今年は、桂川S(準OP)→淀短距離S(OP)と現在2連勝中のアイラブリリ、重賞で[2][3]着した実績のあるサドン
ストームが注目を集めそうだが、傑出馬不在とあってどの陣営も色気を覗かせているのは言うまでもない。

今年当社が注目しているのは「鬼の居ぬ間にではないけど、高松宮記念に確実に出走出来るように賞金を加算したい」と前哨戦のココを目標に仕上げを施されて
いる◎。さらに「ココが試金石だろうね」と表向きには胸を借りる立場を強調しているが、「当初は使う予定はなかったけど、相手関係を見て使う事を決めたん
だ」と勝算あっての参戦である事を隠している某陣営の存在も入手済み。

栗東トレセン発!2頭で決まれば想定回収率1000%以上の馬連◎-○1点勝負は天候、馬場状態を見極めた上でレース当日14時にメールにて無料配信するのでお楽しみに!

→→想定回収率1000%以上!◎-○1点勝負馬券を無料で入手する←←

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.