シルクロードステークスの穴馬は?出走馬考察

京成杯は無料メルマガでお届けした穴馬7番人気ガンサリュートが2着に。

フェアリーSは7番人気モリトシラユリが3着、11番人気ジャストザマリンが4着という結果。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬情報についてつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

根岸ステークスとシルクロードステークスの穴馬候補(平日限定)を
中央競馬 ブログランキングへ更新。

根岸ステークスとシルクロードステークスの穴馬は無料メルマガでお届けします。

 

ネロ

母の母の仔にG1レース2勝の名牝ニシノフラワーがおり、母の父サンデーサイレンスという血統で、なかなかの良血であるが、馬体を見ると父系のストームキャットの影響が出ている。

距離は1200mがベスト。時計のかかる馬場も問題ない。2016年の京阪杯で2着に0秒7差をつけて完勝したのはその点も影響したか。

ただ、軽い走りをする点からダートはあまりよくないよう。

2016年のシルクロードS時に、馬体を見る限り重賞を複数勝つまでは難しいだろうが、重賞でも好勝負出来る素質はあるとお伝えした。

前走京阪杯で2着に0秒7差をつけているが、馬場の悪化も影響している。

 

セカンドテーブル

2歳時に馬体を見た際、角ばったシャープなつくりをしていた。

父トワイニングの種牡馬入り直後の馬体写真をみると、もう少しボリュームがあって首さしが太かった点から、母方の特徴が出ているとお伝えした。

久しぶりに馬体を見るとボリュームが出ており、父方の影響が出始めたよう。

ある程度距離に限界があるが、1600mまでは問題ないと考えた。しかし、久しぶりに馬体を見ると、1400m以下の方がいい。

能力的に今後重賞で活躍出来る可能性は低いと2歳時にお伝えした。

馬体のつくりは変わっていないが、ボリュームだけは増しており、能力的な上積みはかなりある。

2歳時に展開の恩恵を受けて重賞を勝っていたが、晩成タイプだったのかもしれない。

今後重賞で通用するか微妙であるが、ハンデ戦であれば走るかもしれない。

 

ラインスピリット

距離には限界があり、1200mがベスト。スピードで押し切るレースが合う。

丸みを帯びた馬体のフォルムや、距離には限界がある点などアドマイヤムーン産駒に多くみられる特徴だが、父スウェプトオーヴァーボード、母の父トニービンよりも、アドマイヤムーンの父であり、この馬の父の父でもあるエンドスウィープの影響が出ているためか。

前走淀短距離Sで3着に敗れているが、58キロを背負っており上位2頭より斤量が重かった。

その際敗れたセイウンコウセイは前走と同じ55キロだが、この馬は56キロで出走できる。

 

ブランボヌール

函館2歳時に馬体を見た際、父ディープインパクトの特徴が出ており、馬体に長所御多く重賞を複数勝てる可能性があるとお伝えした。

徐々に腰高な感じとなり、同じディープインパクト産駒であるダコールと体型が似てきたが、ともに母方にアンブライドルドが入っており、その影響が強くなってきたよう。

1600m以下の距離が合い、決め手を生かすレースが合う。

NHKマイルカップでは状態を上げていたが、直線でダンツプリウスとの接触がなければより際どかった。

前走スプリンターズSは体重が増えていた点からも余裕残しており、この距離では底を見せていない。

 

ダンスディレクター

距離は短い方がよく、1400m以下がよく、決め手を生かすレースが合う。

初めて馬体を見た際、重賞でやれると感じなかったが、2015年暮れの阪神カップは休み明けで2着と好走し、特別展開が向いた感じもなかった。

その後も重賞で安定して結果を残しているから、ある程度評価せざるをえない。

セントウルSは状態やレースの適性から割り引いた。

スプリンターズSでは前走をたたかれて確実に良化していたが、適性面からも強調材料が少ないため割り引いて考えた。

前走阪神カップも悪くない内容であった。

 

ソルヴェイグ

フィリーズレビューを勝っているが、前残りのレースが追い風に。

ただ、桜花賞時に馬体を見る限り、素質は悪くなく、今後も重賞で通用しえるとお伝えした。

肩のつくりなどから距離延長はマイナス材料。

1400mがベストのように感じ、同じダイワメジャー産駒のエピセアロームと少しイメージが重なる。

 

セイウンコウセイ

丸みを帯びた身体のラインやボリューム、肩と腰の傾斜は父アドマイヤムーンの影響、というよりもアドマイヤムーン産駒に多い特徴を感じさせる。

父の現役時代と異なり、その産駒はスプリント戦に適性を見せる馬が多いが、この馬もご多分に漏れず、1200m近辺に適性がある。

馬体を見る限り、重賞でやれてもおかしくない。

 

アースソニック

父クロフネ、母 の父サクラユタカオーという血統であるが、いずれの特徴が出ているか微妙。

距離には限界があり、 1200mまでが合う。体型を見る限り前でのレースも出来ると感じる。

近走のレースを振り返ると、セントウルSは前有利のレースで、ビッグアーサーはともかく2着と0秒1差の4着であれば悪くない内容であった。

10番人気で3着という結果を残した京阪杯では自信の穴馬に推したが、まだ走れるはず。

平坦コースの1200mはベストの条件。

 

テイエムタイホー

それほどパワーを感じさせる体型ではないが、阪神で4勝を挙げており、坂のあるコースも問題ないよう。

距離に限界があり1600mまでがいい馬で、先行するレースが合う。

2016年の京都金杯の後結果を残すことが出来ていないが、前走京都金杯では後手を踏んで持ち味が生きなかった。

近走1400m1600mで結果を残しており、今回1200mで距離不足のイメージがある。

馬体を見ても1400mの方がいいように感じるが、1200mでも4勝と結果を残している。

 

カオスモス

父マイネルラブ、母の父ファルブラヴという血統であるが、いずれの影響が出ているかは不透明。スピードで押し切るレースが合う。

1600mよりも単純なスピードが要求される1400mの方が合い、1200mも対応可能。ダートも走る可能性がある。

前走までOP特別に出走していたが、今回は相手が強化される。ハンデ戦であればまだ分からないかもしれないが、能力の下降は気になる。

 

根岸ステークスとシルクロードステークスの穴馬候補(平日限定)を
中央競馬 ブログランキングへ更新。

根岸ステークスとシルクロードステークスの穴馬は無料メルマガでお届けします。

 

有料メルマガ馬体診断&重賞データではより好走の可能性が高い穴馬や人気薄の本命馬、馬券に直結する考察とデータをお届けしています。

愛知杯は10番人気サンソヴールを本命に推奨し2着に激走。複勝570円、ワイド3480円本線3点的中。

 

 

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。