シルクロードステークス 穴馬と危険な人気馬は?

京成杯は無料メルマガでお届けした穴馬7番人気ガンサリュートが2着に。

フェアリーSは7番人気モリトシラユリが3着、11番人気ジャストザマリンが4着という結果。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬情報についてつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

根岸ステークスとシルクロードステークスの穴馬候補(平日限定)を
中央競馬 ブログランキングへ更新。

根岸ステークスとシルクロードステークスの穴馬は無料メルマガでお届けします。

 

[シルクロードステークス 穴馬好走要因]

2016年11番人気3着ワキノブレイブ:ハンデ戦で55キロでの出走。やや重であったが、道悪もそれほど苦にしなかった。

2014年13番人気3着リトルゲルダ:元来の能力が高かったこともあるが、53キロも追い風に。

2013年11番人気3着メイショウデイム:有料メルマガで自信の穴馬推奨。前半600m35秒0、後半600m33秒6と完全にスローの上りの勝負。前でレースをして53キロの軽量が生きた。

2012年16番人気ケンブリッジエル:出走馬の中で最も軽い53キロで出走できたことが好走の要因。前走1600万条件で4着に敗れていたため、全く人気がなかった。

2011年14番人気2着アーバニティ:近走1400mで敗れるも、1200mの方が実績あり距離短縮がプラスに。平坦コースや流れも合い、あらゆる条件が向く形に。

2009年7番人気1着アーバンストリート:メルマガで穴馬推奨。平坦コースの1200mで4勝とベストの条件。前走3着に敗れるも、上がり最速をマークしていたが、4コーナー17番手と後方に位置どっており、脚を余していた。

2008年11番人気2着コパノフウジン:前走、前々走ダートで凡走し、ほぼノーマークの存在。それ以前のレースでも結果が残っていなかったが、別定戦でそれほど負けておらず、今回ハンデ戦で54キロと斤量が軽かったことが好走要因。

2007年7番人気1着エムオーウイナー:前走1600万条件を勝利して参戦し55キロの斤量。その後凡走していることからもそれほど能力が高いわけではないことが分かるが、例年より軽いメンバーであったことが最大の好走要因。

2006年7番人気2着マイネルアルビオン:近走安定した結果を残しており、それほどレベルの高い出走メンバーでもなかった。上位3頭は6枠7枠の馬。阪神や中山で実績がある馬で、荒れた馬場も追い風か。

2005年10番人気3着トップパシコ:前走1600万条件をトップハンデの57.5キロで勝利。上位2頭はレベルの高い馬であったが、前走から斤量が4.5キロ減って53キロで出走。斤量の軽さにくわえて、上位は逃げ先行馬が占めており、流れも向いた。

2004年9番人気2着サーガノヴェル:全4勝は中山コースで挙げており、開催末期で時計のかかる馬場状態が好走の要因か。

2002年14番人気1着ゲイリーフラッシュ:近走で全く結果が残っていなかったがいきなりの激走。ただ、OP特別や重賞レースなどで5着以内も多く、勝ち馬から1秒以内の差という結果でそれなりに堅実に走っていた。

2002年10番人気3着アイティースワロー:前走OP特別の淀短距離Sで2着も何故か人気なし。人気馬が後方からレースをしたが沈み、斤量が軽い逃げ先行馬が残る形に。

 

[シルクロードステークス 消えた人気馬]

2016年
1番人気5着ビッグアーサー:
3番人気9着ネロ:
4番人気6着サトノルパン:57.5キロの斤量が響いた。

2015年
1番人気9着エイシンブルズアイ:斤量が増えたことも響いたが、後方からのレースとなり、持ち味も生きなかった。
4番人気4着ベステゲシェンク:
5番人気12着ベルカント:

2014年
5番人気4着マジンプロスパー:
3番人気6着ブレイズエターナル:
4番人気11着レオンビスティー:京都が合わなかった。

2013年
1番人気15着アイラブリリ…過大に評価されていた。
3番人気14着サドンストーム…
5番人気6着エーシンホワイティ…

2012年
3番人気15着エーシンヴァーゴウ…臨戦過程などマイナス要素が多かった。
4番人気16着ダノンフェアリー…
5番人気5着グランプリエンゼル…

2011年
2番人気7着スプリングソング…
3番人気16着スカイノダン…
5番人気9着ジェイケイセラヴィ…57キロにくわえて決め手勝負になったことも響いた。

2010年
1番人気8着エイシンタイガー…
2番人気15着レディルージュ…レースの性質が合わなかった。
5番人気6着プレミアムボックス…

2009年
1番人気14着スプリングソング…
3番人気5着サープラスシンガー…レースの性質が合わなかった。
5番人気7着コスモベル…

 

根岸ステークスとシルクロードステークスの穴馬候補(平日限定)を
中央競馬 ブログランキングへ更新。

根岸ステークスとシルクロードステークスの穴馬は無料メルマガでお届けします。

 

有料メルマガ馬体診断&重賞データではより好走の可能性が高い穴馬や人気薄の本命馬、馬券に直結する考察とデータをお届けしています。

愛知杯は10番人気サンソヴールを本命に推奨し2着に激走。複勝570円、ワイド3480円本線3点的中。

 

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。