穴馬 予想

クラシックに結びつくか?共同通信杯回顧

更新日:

平日限定でフェブラリーS調教推奨馬を競馬ブログランキング(←45位近辺の備考欄)へ更新。

クイーンカップは無料メルマガ推奨穴馬8番人気ジーニマジックが3着に激走!!

日経新春杯は無料メルマガ推奨穴馬10番人気カポーティスターが勝利!!有馬記念は10番人気オーシャンブルーが2着に、阪神JF15番人気クロフネサプライズが2着に激走!!

Twitter(←フォローをお返ししています)にて、多くの読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しました。ありがとうございます。

フェブラリーSの穴馬は無料メルマガ(←コチラ)でお届けします。

今回は例年1分47秒台で決着することが多いが、今年は1分46秒0と速い時計で決着した共同通信杯から触れてみたい。

レース時計、前半800m後半800mの時計をみると、2008年は45秒8という速いペースで推移しているが、後続を引き離して逃げた馬がいるためあまりあてにならない。前半800mは48秒0近辺が水準となるが、今年はそれに近いペースで推移。

2013年 メイケイペガスター 1.46.0  前半48.1 後半45.8

2012年 ゴールドシップ 1.48.3  前半50.1 後半45.7

2011年 ナカヤマナイト 1.48.5  前半49.2 後半46.9

2010年 ハンソデバンド 1.48.2  前半49.0 後半46.6

2009年 ブレイクランアウト 1.47.3  前半47.8 後半46.9

2008年 ショウナンアルバ 1.47.6  前半45.8 後半49.1

2007年 フサイチホウオー 1.47.7  前半47.6 後半47.6

2006年 アドマイヤムーン 1.48.4  前半48.2 後半47.4

2005年 ストーミーカフェ 1.47.8  前半47.7 後半47.8

ゴットフリートは距離は伸びても問題ないと考えていたが、レース振りやレース後の鞍上のコメントをみるに、もう少し短めの距離の方がいいよう。

9番人気マイネルストラーノはレース内容に見どころがあり、過去の傾向にも符合したため有料メルマガにて穴馬に推奨したが読者の方は傾向を翌年以降も参考として頂ければ。

京成杯での8着という結果は降雪による順延となった影響もあったか。その点でイレギュラーな部分があり取捨が難しかったが、もう少し高い評価とするべきであった。

1番人気に支持されたラウンドワールドに関しては、鞍上も素質にほれ込んでいるようだが、出遅れ癖などから少し時間がかかると思われ、それ以外の点からも軸などは避けなければならない馬であった。

3番人気マンボネフューは状態は非常によかったが、能力や適性面などから人気に見合わない存在と考え、馬券の対象から外した。

クロスボウは外を通ったことにくわえ、鞍上が「手前を替えず」というコメントを残しているが、左回りも影響か。

今回のレースの結果を受けて3歳クラシック戦線の陣容は、メイケイペガスターがエピファネイアやコディーノに続く存在という評価になったと思われるが、今年はまだこれから新星が出てくるような気がする。

しかし、若駒Sでメイケイペガスターは休み明けであったが、そこで勝利したオルフェーヴルの全弟リヤンドファミユは、やはり強かったということになるのかもしれない。

ダイヤモンドS、小倉大賞典の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬」(←PCの方)「重賞激走穴馬」(←携帯の方)でお届けします。

もうひとつの無料メルマガでは、穴馬の特徴や調教考察などの情報をお届けしています。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

次回配信ではフェブラリーSの情報をお届けします。

競馬ブログランキングへ参加しています。一日一回、応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.