競馬 予想

クイーンカップ 予想 穴馬の特徴は?

更新日:

穴馬や穴馬の特徴、出走馬の考察などがお役に立っていれば、競馬ブログランキングのクリックをお願い出来れば助かります。

平日限定で重賞レース出走予定馬で状態のいい馬を競馬ブログランキング(←35位近辺の備考欄)へ更新。

週末は重賞以外のメインレース穴馬を更新しています。

日経新春杯は無料メルマガ推奨穴馬10番人気カポーティースターが勝利!!有馬記念は10番人気オーシャンブルーが2着に、阪神JF15番人気クロフネサプライズが2着に激走!!

Twitter(←フォローをお返ししています)にて、多くの無料メルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しました。ありがとうございます。

クイーンカップ、京都記念、共同通信杯の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬」(←PCの方)「重賞激走穴馬」(←携帯の方)でお届けします。

[クイーンカップ 穴馬好走要因]

2010年クイーンカップ10番人気2着プリンセスメモリー:OP特別ダリア賞勝ちがあり、実績は上位であった。距離延長に不安があり人気がなかったが、しまいの決め手を生かして克服。

2009年クイーンカップ8番人気3着エイブルインレース:前半800m48秒4と例年より1秒近い遅い流れ。上位を先行馬が占めており、前残りの結果となったことが追い風となっていた。

2008年クイーンカップ8番人気2着ライムキャンディ:前走新馬戦を勝利したばかりで、前残りのレースということもあり、人気がなかった。父タニノギムレットと東京コースの適性も高かった。

2006年クイーンカップクイーンC6番人気2着アサヒライジング:前走9着と大敗も馬場の悪化が影響していた。前走では1番人気と評価の高い馬で、良馬場で行われ好走。

2006年クイーンカップ11番人気3着マチカネタマカズラ:前走で敗れているが距離が短く、ダートのレースをつかわれていたが芝でも3着あり。父キングマンボ、母の父もサドラーズウェルズ系と基本的には芝向きの血統。

2005年クイーンカップ8番人気2着ジョウノビクトリア:4コーナー13番手と後方から追い込み上がり最速をマーク。前走京成杯でも牡馬相手に10番人気と評価は低かったが、不良馬場でそれほど差のない5着と好走しており、その経験も生きたか。

2001年クイーンカップ11番人気1着サクセスストレイン:前走まで1200mでしか実績がなかったため人気がなかったが、父ティッカネン、母の父ノーアテンションと血統的に距離延長はプラスで、後にオークスでも4着と好走。

2001
年クイーンカップ15番人気3着ショウナンバーキン:前走で初勝利を挙げたばかりだが、体重が10キロ減っており、それでパフォーマンスを上げた部分もあ
るかもしれない。1200mまでしか出走経験がなかったが、父フジキセキ、母の父ジェイドロバリーであれば距離延長も問題なかった。

もうひとつの無料メルマガでは、穴馬の特徴や調教考察などの情報をお届けしています。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

今週は共同通信杯と京都記念の情報をお届けします。

$穴馬と危険な人気馬

共同通信杯  京都記念  今週の重賞・メインレースの予想

穴馬や穴馬の特徴、出走馬の考察などがお役に立っていれば、競馬ブログランキングのクリックをお願い出来れば助かります。

平日限定で重賞レース出走予定馬で状態のいい馬を競馬ブログランキング(←35位近辺の備考欄)へ更新。

週末は重賞以外のメインレース穴馬を更新しています。

[PR]

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
取捨が難解な1月競馬も最強の関西馬情報で獲りました!
AJCC⇒1人気のルルーシュを軽視して3連複2740円ズバリ
シンザン記念⇒相手は9人気の超伏兵!3連単2万9880円的中
京都金杯⇒相手は6人気のトライアンフマーチ!馬連2150円的中
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年⇒公言通り◎ディープブリランテから1点目でズバリ的中!
【第47回 共同通信杯(G3)⇒◎-○1点勝負】

昨年の◎ディープブリランテがダービー馬、相手に推奨したゴールドシップに至っては皐月賞、菊花賞と2冠を達成。暮れの有馬記念では古馬の一線級を負かし
て優勝。さらに過去を振り返れば06年の勝ち馬アドマイヤムーンが後にドバイデューティフリー、ジャパンCを制しており、トレセン内で出世レースとして注
目を集めている一戦。今年は朝日杯FS3着のゴットフリート、ラジオNIKKEI杯では出遅れが響き6着に敗れたラウンドワールドらが注目を集めそうだ
が、例年のメンバーと比較すると一枚落ちる印象。

しかし、裏を返せばどの馬にもチャンスがあるとあって、トレセン内から聞こえてくるのは『クラシック出走に向けて何が何でも賞金を加算したい』と威勢の良
い声が大半。混戦ムードが漂っているが、今年当社が注目しているのは『500万クラスに毛が生えた程度の今回のメンバー構成なら正直負けるわけにいかな
い』とテキが群を抜いて強気のアノ馬。

そして『弥生賞、スプリングSは一線級が揃うだろうから傑出馬不在のココは賞金加算をする絶好のチャンス』と相手関係を見極めて参戦してきたアノ馬。ちなみに今回の前出の2頭の情報は栗東トレセンの目と鼻の先に本拠地を構えている当社だからこそ入手できた独占スクープ!

尚、最終ジャッジは馬の状態は勿論、天候・馬場など全て加味した上でレース当日14時にメールにて配信す
るのでお楽しみに!

→→想定回収率1000%以上!◎-○1点勝負馬券を無料で入手する←←

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.