穴馬 予想

キーンランドC◎○▲的中 重賞回顧 新潟記念 小倉2歳S 札幌記念 予想 展望と考察

更新日:

クイーンSは10番人気ラブフールが2着に、函館記念8番人気イケトップガンが2着に激走!!

重賞レースの穴馬は無料メルマガで、レース当日午前9時までにお届けいたします。

※ 下記は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬。

クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

まずは先週の重賞レース回顧から。

エルムSは壮絶なデッドヒートを制し、ローマンレジェンドが重賞初勝利。

当然ながら斤量が3キロ差あり、エスポワールシチーが2カ月ぶりのレースであった事を考えると、勝負づけはまだ終わっていない。

ただ、馬体写真がなくまだ能力や適性が分からないため判断出来ないが、レコードで勝利しているように内容のあるレースで、まだまだ伸び代もありそう。

エスポワールシチーに関しては、出来に差のある馬で取捨がしやすいが、昨年、今年と結果が出ていなかったのは出来落ちの時が多かった。

能力的に終わった馬ではなく、ここをつかわれて状態が上昇するのか下降するのか注目したい。

新潟2歳Sはザラストロがレコードで勝利。

この馬に関しても馬体写真がないため、適性や能力を測りかねるが、このレースは例年よりも開催が一週間早く馬場がよかったことを考えると、時計により過剰な評価をすることは早計。

2着には10番人気ノウレッジはブログで状態のいい人気薄の馬として推奨し、穴馬に推奨するか迷ったが、最後のところで勘が働かなかった。

出来のよさが好走の要因で、勝ち馬とは決め手の差があったが、短めの距離でそれなりにやれるだけの能力はある。

先週は3重賞の中でキーンランドCを勝負レースとし、◎○▲でほぼ読み切ることが出来た。

勝ったパドトロワは出来がよく、馬場状態も追い風になると考えて本命に推し、ダッシャーゴーゴーはこの程度は走って当然で、2頭の実績を考えると特に触れることはない。

2番人気のドリームバレンチノは勝利した函館スプリントSでは出来がよく本命に推したが、ここでは下降しており馬連の対象から外した。

3着テイエムオオタカとともに上積みの余地があるが、時間がかかるかもしれない。

5番人気のシュプリームギフトも馬連の対象から外したが、4着ならまずまずの結果で条件が変われば重賞でさらに好走する可能性がある。

このレースは情報がしっかりあったため、人気馬の評価をしっかり下げて絞ることが出来たが、今週も薄皮を剥ぐように丁寧に考察をすすめていきたい。

小倉2歳Sは2010年◎△★で馬連790円3連単23440円的中、2007年は◎△▲で馬連3410円3連単25860円的中と相性のいいレース。

昨年は8番人気ヴェアデイロスを本命に抜擢したが、想定外の馬場の悪化に泣かされて僅差の4着に終わり、すんでのところで3連複など高配当の的中を逃したが、傾向やくる馬のタイプをしっかりとつかんでいるため、今週は現在のところこちらを勝負レースにする予定。

札幌2歳Sは例年それほど荒れるレースではないが、過剰な評価となっているような馬もおり、場合によっては波乱の可能性も。

新潟記念もハンデ戦で、2011年9番人気2着サンライズベガ、2007年10番人気2着トウショウヴォイスなど、有料メルマガでお届けした自信の穴馬が走ってくれているため、今年も妙味のある馬をお届けしたい。

出走予定馬で56キロ以上の斤量をみると、ちょっと背負わされたかなという印象のある馬も何頭かいる。

ナリタクリスタル     58.0
スマイルジャック     57.5
セイクリッドバレー     57.0
アスカクリチャン     57.0
エクスペディション     57.0
エーシンジーライン     57.0
トーセンラー     57.0
トランスワープ     56.0
タッチミーノット     56.0
トウカイパラダイス     56.0
ケイアイドウソジン     56.0
メイショウカンパク     56.0

予想オッズをみると、トーセンラー、エクスペディション、ナリタクリスタルなどが人気を集めるよう。

状態やレースの適性などを考えると、それほど荒れそうなレースではないと感じたが、このレースは1点注意をしないといけないポイントがあり、結果もそれによって大きく変わってくるはず。

無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でもそれに基づいて妙味のある馬をお届けしたい。

もうひとつのブログ「穴馬と危険な人気馬」でも出走馬の考察や状態のいい馬、過大評価な人気馬、妙味のある馬などをお届けしています。

もうひとつの無料メルマガの次回配信ではセントウルS、京成杯AHの情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.