穴馬 予想

キーンランドカップ 予想 ダッシャーゴーゴー スプリングサンダー 考察

更新日:

クイーンSは10番人気ラブフールが2着に、函館記念8番人気イケトップガンが2着に激走!!

※ 下記は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬。

クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

ダッシャーゴーゴー
※ 下記はCBC賞時(3着)の考察

「2歳時はあまり見栄えがしなかったが、3歳になってから2歳時よりも馬体のバランスがよくなってきて成長を感じさせ、3歳の春から古馬重賞でも通用する能力と完成度があるとお伝えしてきた。

馬体のボリュームなどをみると、やはり距離は1200mから1400mがベスト。

全体のバランスなどはマルカフェニックスなどに似ており、ともに母の父がミスワキであるがその影響が強いためと思われる。

後肢のつくりなどから差す競馬の方が合う。

今回は全体的にすっきりとした印象で、筋肉量や迫力の面で少し物足りないように感じる。」

スプリングサンダー
※ 下記はCBC賞時(2着)の考察

「2歳時にみた頃は全体的にもう少しボテっとした印象があり、父クロフネの影響を強く感じさせたが、古馬になってからはスラッとした体型に変わっており胴が伸びた印象。

決め手で勝負するスプリント寄りの短距離馬という珍しいタイプで、それを生かせる条件が合う。

先行するレースも出来るためスタートを決めることが出来るかがポイントとなる。

全体のバランスなどをみると能力は高く、重賞を勝てるだけの能力は間違いなくある。

くわえて、皮膚に透明感があって状態はいい。」

テイエムオオタカ
※ 下記はダービー卿CT時(12着)の考察

「上半身のつくりなどをみると父ホワイトマズルの特徴が出ているようで、なかなかの素質馬。

前々走セントウルSでは、能力的な上積みやまだよくなる余地があるとお伝えした。

前走東風Sは休み明けでプラス32キロという体重増で、前々走はマイナス10キロと体重減があったものの、前走で増えた体重のほとんどが成長分であったように思う。

ただ、右前脚が曲がっており脚元に弱いところがあるタイプかもしれないので、故障の恐れがある点は気になる。

前走北九州記念(4着)で人気を集めていたが、レースの適性で劣る点からも評価を割り引いて馬券の対象から外した。

今回、腹の部分は皮一枚厚めで、馬体重が減っている方が望ましいため、その点はレース当日などシビアに判断する必要がある。」

キーンランドカップ、新潟2歳S、エルムSの穴馬と考察は、無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

もうひとつのブログ「穴馬と危険な人気馬」でも出走馬の考察や状態のいい馬、過大評価な人気馬、妙味のある馬などをお届けしています。

もうひとつの無料メルマガの次回配信では札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念の情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.