穴馬 予想

オールカマー レース回顧

更新日:

オールカマーは人気ブログランキング(←馬番表記)でもお伝えしたが、2番人気ジャミールが危険な人気馬になると感じ、馬連の対象から外したが5着に敗退。
新潟2歳Sでは状態を推奨した10番人気マイネルラクリマが2着と好走!!
ローズSは6番人気ワイルドラズベリーが2着に。
スプリンターズSの状態のいい馬は人気ブログランキング(←コチラ)
印をみる限り、人気はなさそうです。
携帯の方もOK。順位は40位くらいです。
PCの方は順位は左サイドバーでご確認ください。
下記のランキングもよろしくお願いいたします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログ
○ オールカマー シンゲン 2.11.4
前の週に行われるセントライト記念では前半800mの時計が47秒台以下になることが多いのに対して、若い3歳馬と比較してキャリアの差があるためかペースが落ち着きやすく、48秒台から49秒台で推移することが多い。
しかし今年は前半47秒台で推移し、土曜日のレースが重馬場で行われたことを考えると、かなりのハイペース。
※ 下記は近年のレース時計、前半800mと後半800mの時計、ラップタイム。
2010年 シンゲン 2.11.4  前半47.6 後半47.5
2009年 マツリダゴッホ 2.11.4  前半48.7 後半46.1
2008年 マツリダゴッホ 2.12.0  前半49.5 後半46.2
2007年 マツリダゴッホ 2.12.5  前半48.8 後半47.1
2006年 バランスオブゲーム 2.12.1  前半49.1 後半47.4
2005年 ホオキパウェーブ 2.16.7 (稍重)  前半51.9 後半46.8
2004年 トーセンダンディ 2.13.4 (稍重)  前半48.8 後半47.3
勝ったシンゲンは後方からレースをすすめるもペースが上がり、4コーナーでスムーズに内を通ることが出来たことなど、恵まれた部分もある。
例年出走頭数が少ない場合はペースが落ち着くことが多いが、逃げたシルポートは状態が戻りきっておらず苦しいレースとなった。
また、道中3番手でレースをすすめたミステリアスライトにとっても、オープンでの経験が少ないこともあり、大変厳しいペースであった。
3着トウショウシロッコは、無料メルマガの配信でもお伝えしたとおり、心肺機能が強いためペースが上がった際に浮上する。
2番人気ジャミールは器用さを欠くことなどから割り引いて、馬連の対象などから外したが、いまひとつ伸びあぐむ結果となった。
スタートで大きく出遅れたドリームジャーニーとってこのペースの上昇がなければ馬券を外していた可能性が高かっただろう。
オールカマーは「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬トウショウシロッコが3着に。
コチラ(←PCの方)
オールカマー 6番人気3着 トウショウシロッコ
京成杯AH 7番人気2着 キョウエイストーム
新潟2歳S 10番人気2着 マイネルラクリマ
小倉2歳S 9番人気3着 スギノエンデバー
札幌記念 7番人気3着 アクシオン
北九州記念 5番人気1着 メリッサ
CBC賞 7番人気2着 ダッシャーゴーゴー
目黒記念 7番人気3着 フェニコーン
京王杯SC 6番人気2着 マルカフェニックス
NZT 7番人気3着 レト
「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
コチラ(←PCの方)
バックナンバーでもご覧頂けます。おかげさまで読者の方が1600名を突破!!
コメントはツイッターでも受け付けております。下記のリンクからお願いたします。
twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.