オーシャンS 馬連830円本線1点的中

 

2017弥生賞の穴馬を、競馬 ブログランキング(←現在100位くらい)の紹介文へ更新。

 

先週は「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けした阪急杯7番人気トーキングドラムが勝利、中山記念は8番人気サクラアンプルールが2着に激走!!

阪急杯 7番人気1着トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では馬体の考察と、毎年使える穴馬や危険な人気馬を見つけるためなどの重賞データ、レース予想をお届けしています。

 

オーシャンS ○◎▲ 馬連830円本線1点的中
アーリントンカップ ◎○▲ 馬連920円2点的中
共同通信杯 ◎★▲ 馬単4860円4点、3連複2260円本線3点、3連単16620円本線3点的中 6番人気2着エトルディーニュ・自信の穴馬推奨
きさらぎ賞 ◎○△ 馬連960円本線1点、3連単14180円12点的中
愛知杯 10番人気2着サンソヴール・本命推奨 複勝570円、ワイド3480円本線3点的中
中山金杯 ◎×

 

※ 下記は有料メルマガでお届けしたオーシャンS 考察の一部(割愛部分あり)

出走馬のレベルはよくて2016年、2013年と同レベルで、近年の中では最低になるはず。

メラグラーナは12月以来のレースで、鉄砲はまずまず利くようだが、軸は避けたい。ただ、前でレースが出来る点からも好走の可能性はある。

クリスマスは押さえたいが、それほどパワーがなく、血統的な面から洋芝の方が合うようで、野芝、そして坂のあるコースではパフォーマンスを落とす可能性がある。

スノードラゴンは条件ベストで、能力の減退もあるが、スプリンターズSでは勝ち馬と0秒1差という結果。今年はOP特別レベルのメンバーで結果を残してもおかしくはない。脚質的に良馬場であれば苦しいが、ペースが上がればまだ分からない。

ブレイブスマッシュは距離が忙しく、優先順位が下がる。

ナックビーナスはそれほどパワーにベクトルが傾いたタイプではないが、直線が短いコースの1200mは合う。ダートで結果を残している点から、このレースの流れや坂のあるコースも問題ないはず。前走京都牝馬Sは1400mよりもコースが合わなかったか。また、決め手が要求されるレースとなった点も響いた。デビュー前の馬体を見る限り重賞でも通用しえ、カーバンクルSやラピスラズリSの内容や結果からも今年のメンバーであれば能力上位。

コスモドームは前走も中山で行われたOP特別カーバンクルSで2着と好走している。ペースが上がって決め手が生きるレースとなれば好走の可能性はある。今年のメンバーであれば通用してもおかしくはない。
トウショウピストは5歳という年齢からも能力的な上積みがありそうで、前走で敗れているが後手を踏んだ点が響いたか。それほど頑健なつくりではないが、タフな条件は悪くなく、その点が洋芝で結果を残している要因。優先順位はやや下がるが、前でレースが出来る点からも印をまわすことを検討したい。

ブラヴィッシモは前走阪神カップで窮屈なレースとなり脚を余した。問題は距離が1400mの方がベターな点、そして逃げ馬が多く、ペースが上がりそうな点。そして、金曜正午の時点で中山はやや重発表であるが、降雨の影響が残ってパンパンの良馬場の方が望ましい点。ただ、レースをつかわれている点から状態面でアドバンテージがあり、人気がなければ面白い。

レッドアリオンは距離が忙しく厳しい。

ウインムートはデビュー前の馬体写真を見てもコースがそこまで合いそうにない。

バクシンテイオーは決め手で勝負をするタイプで、パワーでも劣る。

フレイムヘイローは近走の内容から手が出しづらい。

ペイシャフェリスは前でレースができるが、距離が忙しく、パワーでも劣る。

アースソニックは持続力が要求される条件では厳しい。

ブレイズアトレイルは距離不足の感がある。

ラインハートは脚質的な面から優先順位が下がる。

ここまで出走馬を見てきたが、人気薄の馬にこれといった馬がいない点から、レベルは低いが大きな波乱はないかもしれない。

今回はレースをつかわれており、前でレースが出来る点から不安材料が最も少ないナックビーナスを本命に推し馬連の軸とする。基本的には馬連を中心に考え、勝負馬券とする。金額的には本線重視で。

[推奨馬]

◎ ナックビーナス
○ メラグラーナ
▲ クリスマス
△ スノードラゴン
× コスモドーム
☆ トウショウピスト
★ ブラヴィッシモ

基本は馬連(本線重視)
◎→○ 本線1点
◎→▲△×☆★ 穴5点

3連複
◎★2頭軸→○ 本線1点
◎★2頭軸→▲△ 穴2点
×★2頭軸→◎○▲△ 穴4点
☆★2頭軸→◎○▲△× 穴5点

3連単
★→◎→○▲ 本線2点
★→○▲→◎ 本線2点
★→◎→△×☆ 穴3点
★→△×☆→◎ 穴3点

 

弥生賞の穴馬を追加する場合や出走馬の考察は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

弥生賞、中山牝馬ステークス、フィリーズレビューの穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。