競馬 予想

2017 オーシャンステークス 予想 穴馬と危険な人気馬は?

更新日:

 

2017弥生賞、2017チューリップ賞、2017オーシャンステークスの穴馬と危険な人気馬を見つけるためのヒントを、競馬 ブログランキング(←現在100位くらい)の紹介文へ更新。

 

阪急杯7番人気トーキングドラムが勝利、中山記念は8番人気サクラアンプルールが2着に激走!!

2017弥生賞、2017チューリップ賞、2017オーシャンステークスの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

阪急杯 7番人気1着トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

[オーシャンステークス 穴馬好走要因]

2016年8番人気3着スノードラゴン:1年以上間隔が空いており、体重もプラス10キロと増えていたが、10キロで済んだとみるべきか。ペースが上がって決め手が生きる流れとなり、タフな条件となったことも追い風に。

2015年7番人気1着サクラゴスペル:2013年のこのレースを勝利した際も、この年と同じ臨戦過程であったが、しっかりと仕上がっていたよう。中山の芝1200mでは結果を残しており、高い適性を有していた。

2014年11番人気2着スノードラゴン:有料メルマガで本命推奨。過去人気薄で好走する傾向に符合していた。後にスプリンターズSを勝ち、高松宮記念で2着と好走したように能力的にも上位にあった。午前中のダートはやや重で、時計のかかる馬場も追い風に。

2012年9番人気1着ワンカラット:有料メルマガで本命推奨。調教で走っている時は結果を残すことが多い馬で、2010年の夏などはA評価とすることが多く、重賞でも結果を残していたが、調教の内容をみるとその頃の出来に近付いていた。

2012年14番人気3着ベイリングボーイ:人気薄で走ることが多い馬で、ムラな部分があるタイプ。中山芝1200mでも結果を残しており、馬場が悪化した時に人気薄でよく走っていた。

2010年7番人気2着エーシンエフダンズ:中山芝1200mは2勝2着2回と巧者。重馬場で行われたが、父系がストームキャットで時計のかかる馬場状態も追い風に。前走休み明けをつかわれて今回はマイナス6キロと絞れていた。逆に人気馬はプラス体重や馬場の悪化を苦にしてり馬群に沈む結果に。

2010年8番人気3着シンボリグラン:平坦巧者という認識が強く、人気が下がっていたが、坂のある阪神でも重賞連対あり。キャリアの後期は人気薄で馬券に絡むことが多く、鉄砲利くが休み明けをつかわれた効果も。馬場が悪化した際も安定して走っており、押さえる価値があった。

2009年6番人気2着コスモベル:道悪でも勝利あり、父系がボールドルーラー系、母方もダマスカス系と時計のかかる馬場状態と坂が合ったよう。マイナス10キロと体重も絞れていた。

2008年7番人気1着プレミアムボックス:アドマイヤベガ産駒は中山で走る馬が多く、坂のあるコース向きの体型で、500キロを超える馬体重からもこの条件が合った。前残りになっており、展開の恩恵もあった。

2008年12番人気2着エムオーウイナー:3走前はG3で0秒3差の5着と善戦しており、能力的にここで通用しても何らおかしくなかった。休み明けであったが、そこそこ鉄砲も利く馬。

2007年10番人気2着サチノスイーティー:斤量が3キロ増えたことが嫌われたようだが、この条件に変わったことが好走の要因。上位は逃げ先行馬が占めており、

2006年14番人気1着ネイティヴハート:中山1200mではOP特別勝利あり。一番の好走要因は後半600mより前半600mの方が2秒も速いハイペースが追い風となった点。

2006年6番人気2着コパノフウジン:父はストームキャット系で時計のかかる馬場状態になったことが追い風に。近走安定して走っており、評価が必要であった。半年前より体重が30キロ増えており、今回はマイナス8キロと絞れていた事も好走要因。

 

チューリップ賞、弥生賞、オーシャンステークス、中山牝馬ステークス、フィリーズレビューの穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

 

 

[オーシャンステークス 消えた人気馬]

2016年
1番人気5着アルビアーノ:スタートで後手を踏んで持ち味が生きなかった。
2番人気4着ネロ:展開が厳しく、能力が追い付かなかった。
3番人気14着ゴールドペガサス:

2015年
2番人気6着リトルゲルダ:精神的なスランプか。
3番人気10着スマートオリオン:
5番人気7着アフォード:

2014年
1番人気13着ハクサンムーン:
2番人気8着リアルインパクト:後手を踏んで持ち味生きず。休み明けでプラス14キロも影響か。
4番人気12着レオンビスティー:能力が足りなかった。
5番人気10着アースソニック:

2013年
1番人気9着ハクサンムーン:
4番人気11着アドマイヤセプター:重馬場がよくなく、前日の降雨も影響。
5番人気12着ラフレーズカフェ:その後の実績からも能力的に厳しかった。

2012年
1番人気4着カレンチャン:牝馬で56キロを背負っていたことも影響
2番人気9着ダッシャーゴーゴー:
3番人気5着ジョーカプチーノ:
4番人気7着エーシンダックマン:平坦コースの方がいい馬。

2011年
4番人気4着セイコーライコウ:その後オープンで結果を残せず、能力的に足りなかった。
5番人気10着ジェイケイセラヴィ:

2010年
1番人気16着ショウナンカザン:
3番人気10着アイルラヴァゲイン:
4番人気12着アーバニティ:
5番人気4着プレミアムボックス:道悪がよくなかったよう。

2009年
1番人気10着キンシャサノキセキ:他馬より1キロ重い57キロも影響か。
2番人気5着サープラスシンガー:
4番人気6着モルテグランデ:敗因不透明。

 

 

情報がお役に立っていれば、一日一回クリックをお願いします↓

競馬 ブログランキング

-競馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.