穴馬 予想

エルムS 回顧 次走くる馬こない馬

更新日:

新潟2歳Sでは状態を推奨した10番人気マイネルラクリマが2着と好走!!
ローズSは6番人気ワイルドラズベリーが2着に。
オールカマーの状態のいい馬はFC2 Blog Ranking(←ただいま30位くらい)に更新。
神戸新聞杯の状態のいい馬は人気ブログランキング(←コチラ)に更新完了。
携帯の方もOK。順位は40位くらいです。
PCの方は順位は左サイドバーでご確認ください。
今回はエルムSのレース回顧をお届けします。
なお、レース回顧、出走馬の考察、穴馬の傾向は「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方はコチラ)でお届けしています。
PCの方はコチラ(←クリック)
○ エルムS クリールパッション
札幌D1700mで行われた過去のレース時計、前半800後半800mの時計をみると下記のよう。
2010年 クリールパッション 1.43.5  前半48.8 後半48.6
2008年 フェラーリピサ 1.42.9  前半48.1 後半48.6
2007年 メイショウトウコン 1.43.3 (稍重)  前半49.1 後半47.8
2006年 ヒシアトラス 1.43.0  前半48.1 後半48.7
2005年 パーソナルラッシュ 1.44.9  前半48.3 後半50.5
2004年 パーソナルラッシュ 1.43.2  前半48.0 後半48.9
例年前半800mが48秒台前半で推移することが多いが、今年は48秒8とやや落ち着いたペースで、時計の面をみる限りは平凡なレベル。
今回のペースであれば後方からレースをすすめた馬には厳しいレースとなり、タガノクリスエス、ケイアイテンジン、スターシップといった馬はこの結果を参考外として扱う必要がある。
そして、アドマイヤスバルもスタート直後に隣の馬と接触して後手を踏むレースとなった点が致命傷であった。
調教の動きはよく、次走以降でも好調を維持している可能性があるため注意したい。
ピイラニハイウェイは13番人気という評価であったが、4着と好走しており、展開の恩恵も大きかった。
調教の動きがよかったため穴馬に推したが、こちらもアドマイヤスバル同様に次走以降も好調を維持している可能性がある。
エルムSは13番人気ピイラニハイウェイを穴馬に推すも4着という惜しい結果で5週連続穴馬激走ならず。
また、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。
「重賞激走穴馬」(←PCの方)
4週連続穴馬激走
京成杯AH 7番人気2着 キョウエイストーム
新潟2歳S 10番人気2着 マイネルラクリマ
小倉2歳S 9番人気3着 スギノエンデバー
札幌記念 7番人気3着 アクシオン
北九州記念 5番人気1着 メリッサ
CBC賞 7番人気2着 ダッシャーゴーゴー
目黒記念 7番人気3着 フェニコーン
京王杯SC 6番人気2着 マルカフェニックス
NZT 7番人気3着 レト
「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
コチラ(←PCの方)
バックナンバーでもご覧頂けます。おかげさまで間もなく読者の方が1600名を突破!!
当ブログでは相互リンクして頂けるサイトを募集中です。
詳しくはコチラ(←クリック)をご覧ください。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.