競馬 予想

エリザベス女王杯 穴馬は? アヴェンチュラ アニメイトバイオ 考察

更新日:

いつもご購読頂きましてありがとうございます。
また有益な情報をお届けしていきますので、人気ブログランキングのクリックへご協力頂ければ幸いです。
みやこSの軸は避けたい人気馬は2番人気ワンダーアキュートは4着と人気を裏切り危険な人気馬に。
重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。
アルゼンチン共和国杯は「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬8番人気カワキタコマンドが3着に激走。
シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走。
今回はエリザベス女王杯の出走馬考察をお届けします。
エリザベス女王杯の調教の内容がよかった馬は人気ブログランキング(←90位くらい)へ更新。
エリンコート、ホエールキャプチャ、キョウワジャンヌなどその他の馬の考察は無料メルマガでお届けします。
アヴェンチュラ
※ 下記は阪神JF時の考察の一部
「全兄に重賞3勝のフサイチホウオー、全姉に阪神JFとオークスを勝ったトールポピーがいるが、兄や姉に似ている印象がある。
距離は2000mから2400m辺りがよく、ここは少し距離が忙しく、展開の恩恵を受けないと厳しいレースになると感じる。
まだ現時点での完成度が低い。
いいものはもっているものの、調教の動きも前走の方がいいと感じたため、押さえまでとしたい。」
アニメイトバイオ
※ 下記はエプソムC時の考察の一部
「エリザベス女王杯ではレース後、鼻出血が発覚しており、前走ヴィクトリアマイルは悪い仕上がりではなく、パドックでもさして太めがあるようにはみえなかったが、やはりプラス24キロの影響があったと思われる。
ゼンノロブロイ産駒であるが、母の父フレンチデピュティの影響が強いと思われる。
距離にはやや限界があり、1600mから2000m辺りが守備範囲になる。
後方からのレースとなるためペースに影響される部分があり、秋華賞では状態がいまひとつであったが好走の要因はペースが上がった点にある。
問題はこのレースが比較的タフな条件となり、ベストとまではいかない。
展開次第では脚を余す可能性があるため、軸は避けた方が無難。」
G1レースの調教考察、出走馬考察、レースのポイントなどはもうひとつの無料メルマガでお届けしています。
「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.