NHKマイルカップ 前哨戦のポイントは?

Pocket

福島牝馬ステークスは無料メルマガ(←クリック)で推奨した穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利!!

チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬をお届けしています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。

○ 桜花賞

改装後のレース時計、前半800m後半800mの時計をみると、例年レース時計は1分33秒台から1分34秒台で決着している。

ペースは47秒台後半から46秒台前半とばらつきがあるが、馬場状態により時計や傾向が変わってくる部分がある。

2016年 ジュエラー 1.33.4  前半 47.1 後半46.3

2015年 レッツゴードンキ 1.36.0  前半50.0 後半46.0

2014年 ハープスター 1.33.5  前半45.3 後半48.0

2013年 アユサン 1.35.0  前半46.9 後半48.1

2012年 ジェンティルドンナ 1.34.6  前半47.1 後半47.5

後半800mよりも前半800mの方が時計の速いレースが目立つが、今年は前半800mよりも後半800mの方が時計は速く、その点からそこまでタフな流れではなかった。

それで1分33秒4という時計は、やはり馬場状態のよさの表れ。当日芝1600mで行われた1000万条件のレースでも1分33秒8という時計が出ており、馬場がよかった。

人気を裏切ったメジャーエンブレムは瞬発力勝負が合わないが、消極的なレースと追い出しが遅れた点が敗因。

それほど速い流れでなかったが、時計の面からもその点を読み取ることが出来る。

前でレースをする馬が多く、異常なハイペースに巻き込まれることを嫌ったと思われるが、持ち味が生きなかった。

巷間言われるように、騎乗に問題があったように感じるが、ラベンダーヴァレイを除けば、メジャーエンブレムよりも前でレースをした馬が崩れている。

メジャーエンブレムに楽なレースをさせたくなかったのかもしれないが、メジャーエンブレム包囲網、あるいはルメール包囲網を敷かれていた感もある。

○ ニュージーランドT

近年のレース時計、前半800m後半800mの時計をみると、1分33秒台での決着が、前半800mは46秒台が水準となる。

2016年 ダンツプリウス 1.33.9  前半46.6 後半47.3

2015年 ヤマカツエース 1.34.8  前半47.2 後半47.6

2014年 ショウナンアチーヴ 1.33.3  前半45.7 後半47.6

2013年 エーシントップ 1.34.8  前半47.8 後半47.0

2012年 カレンブラックヒル 1.33.2  前半45.6 後半47.6

今年は前半よりも後半の方が時計はかかっており、前有利というわけではなかった。

ただ、2着ストーミーシーを除けば、上位は直線で内を通った馬で、内枠の馬が上位を占めており、枠の恩恵があった。

実際に馬体写真を確認しないと何とも言えないがニュージーランドTで強いロベルト系やミスプロ系の馬が結果を残している点から、東京コースでパフォーマンスを落とす可能性はある。

例年と比較すると、出走馬のレベルはやや落ちるように感じていたが、1勝馬が2着にきている点からも、レースレベルはそれほど高くなかった。

と同時にアーリントンカップを勝っていたレインボーラインが5着に敗れている点からも、アーリントンカップもそれほど内容のあるレースではなかった感が強まった。

○ アーリントンカップ

過去のレース時計をみると、馬場状態によって差が出るが、レース時計は1分34秒台後半が水準。

2016年 レインボーライン 1.34.1  前半46.7 後半47.4

2015年 ヤングマンパワー 1.35.9  前半48.1 後半47.8

2014年 ミッキーアイル 1.34.0  前半46.7 後半47.3

2013年 コパノリチャード 1.34.8  前半48.3 後半46.5

2012年 ジャスタウェイ 1.36.3  前半48.7 後半47.6

最もレベルが高かったのは、ミッキーアイルが勝利した2014年。2着に0秒6差をつけたこともさることながら、前半46秒7、後半47秒3と、タフなペースで逃げており、レース時計も1分34秒0と速い時計であった。

今年はペースが上がって時計も出ており水準の内容はある。

1番人気アーバンキッド、3番人気ヒルノマゼランの2頭はかかっており、気性的な問題を見せていたため、巻き返す可能性はある。

オデュッセウスも気の悪さを見せていたが、1400m以下の方がよく、2番人気ボールライトニングも1400mの方が合う。

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←文字化けの場合は無料メルマガを参照ください)は天皇賞(春)で13番人気2着カレンミロティックを自信の穴馬推奨。▲★○で3連複32350円本線7点的中。

福島牝馬ステークスで、14番人気1着マコトブリジャールを穴馬に、13番人気3着オツウを自信の穴馬に推奨し、☆◎★馬連11130円本線5点的中。

無料メルマガ
(←クリック)では、重賞レースの穴馬など、有料メルマガの情報も一部お届けしています。

文字化けする場合は、件名に「メルマガ」と明記し、下記アドレスへメールを送信してください。

bataisshinndan☆gmail.com ←☆を小文字の@に変えて下さい。

メッセージが自動返信されます。お問い合わせはお控えください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA