14番人気推奨穴馬激走!!函館記念回顧

後日、函館2歳S、中京記念の穴馬を競馬 ブログランキング(←現在90位くらい)の紹介文へ更新。

 

次回の穴馬はLINEでお届けします。

 

函館記念は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けした穴馬14番人気タマモベストプレイが2着に入り5週連続穴馬激走!!

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬

函館記念 14番人気2着 タマモベストプレイ
プロキオンS 6番人気3着 ブライトライン
ラジオNIKKEI賞 8番人気2着 ウインガナドル
函館スプリントS 7番人気3着 エポワス
エプソムカップ 6番人気3着 マイネルハニー
青葉賞 8番人気3着 アドマイヤウイナー ←的中報告を送って頂いた方へ送信
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ ←有料旧読者へ送信
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
共同通信杯 6番人気2着 エトルディーニュ ←有料旧読者へ送信
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

 

読者の方からTwitter的中報告(←こちら)を頂きました。

送信頂いた方へ心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。
[函館記念 回顧]

前日は時計の速い馬場であったが、当日は降雨の影響があり重馬場で行われた。

当日行われた芝1200mの500万条件・下北半島特別も1分11秒3と水準より2秒近く遅い時計で決着しており、かなり時計のかかる馬場であった。

近年1分59秒0近辺での決着が水準となるが、2分1秒2と遅い時計で決着。

前半1000m60秒6、後半1000m60秒6という時計であったが、重馬場であれば通常後半の方が時計はかかるためかなりのスローペースで推移したことも時計の遅さにつながった。

ペースが落ち着いたことにより逃げ先行馬が残る結果に。

勝ったルミナスウォリアーはこのコースの2000mの適性も高かったが、降雨が追い風になった。

14番人気で2着と好走したタマモベストプレイは穴馬に推したが、休み明けであったが状態は問題なく、前でレースをして展開の恩恵があったが、スタミナが要求される馬場となったことも追い風になった。

3着ヤマカツライデンは春よりも状態が上向いていた。洋芝の適性もあり、タマモベストプレイと同様に降雨の影響によってスタミナが要求される馬場もプラスに作用した。

4着アングライフェンはやや過剰な人気であったが、前でレースをしたことが追い風になった。走法や戦績を見ても道悪がプラスになった面はあるか。

本命に推した11番人気ケイティープライドは2着とタイム差なしの5着までという結果。馬場の悪化が最後に響いた感がある。くわえて、父ディープインパクト、母の父フレンチデピュティという血統であるが、2着タマモベストプレイを除いた上位の馬と比べると軽い芝に適性のある血統。かえすがえすも雨が恨めしい結果となった。

人気を裏切ったサトノアレスは、本質はマイルにあり、降雨があればより厳しくなるとお伝えした。レース後、鞍上が「2000mは距離が長い」というコメントを残しているが、道悪の洋芝であればより厳しく、やはり条件が合わなかった。

ステイインシアトルは走法と、レース後の鞍上のコメントから道悪が響いたと判断したい。

マイネルミラノは勝利した昨年は本命に推したが、今年はそれほど調教で動いておらず、状態がよくなかった。次走以降もハンデ戦であれば次走以降も斤量を背負わされる点が苦しいところ。

ツクバアズマオーは位置取り、57キロ、休み明けと不安材料のトリプルパンチ。

レッドソロモンはスタートで後手を踏んだが、ペースが落ち着いたことにより致命的なロスとなった。

ダンツプリウスは控えるレースで持ち味生きず。

スーパームーンは鞍上が道悪は合うというコメントを残していたが、気持ちが入っていなかったようで、精神的な面が影響したか。立ち直るのに時間がかかる恐れもある。

今回はサトノアレス、マイネルミラノ、ツクバアズマオーといった人気上位の馬は死角があり、リスクが高いとお伝えしたが、想定したとおり波乱の結果となった。

そして、降雨の影響があったため、タマモベストプレイ、ヤマカツライデンといったタフな条件が合う馬が台頭した。

 

中京記念、函館2歳Sの穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。