阪神カップ 穴馬の特徴は?

Pocket

予想オッズ2けた人気重賞穴馬候補競馬ブログランキングへ更新。

重賞レースの穴馬は、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

※ 下記は無料でお届けした穴馬

毎日王冠 8番人気1着 エアソミュール
シリウスS 7番人気3着 トウシンイーグル
オールカマー 12番人気3着 クリールカイザー
北九州記念 17番人気3着 カイシュウコロンボ
エルムS 10番人気3着 インカンテーション
鳴尾記念 10番人気3着 フラガラッハ
京王杯SC 10番人気1着 レッドスパーダ
京王杯SC 7番人気3着 エールブリーズ
青葉賞 10番人気1着 ショウナンラグーン
大阪杯 6番人気2着 トウカイパラダイス
中山牝馬 10番人気2着 ケイアイエレガント
東海S 8番人気3着 マイネルバイカ
ローズS10番人気3着ウリウリ
中京記念13番人気2着ミッキードリーム
函館2歳S9番人気2着プラチナティアラ
安田記念12番人気3着ダノンシャーク
京都新聞杯11番人気3着ジャイアントリープ、9番人気2着ペプチドアマゾン

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

[阪神カップ 穴馬好走要因]

2013年8番人気2着リアルインパクト:逃げるレースをしたが、前半800m46秒6と例年よりも1秒遅いペースで推移し、前走マイルCSで絶好調の出来にあったが、状態のよさも好走の要因。

2012年14番人気2着ガルボ:調教でA評価としたが、寒い時季の方がいい馬で復調を感じさせたため印をまわした。同じ距離、コースの阪急杯でも結果を残しており、坂のあるコースの芝1400mという条件は悪くなかった。

2011年13番人気2着フラガラッハ:前々走1600万条件では、2着に0秒3差をつける完勝をみせていた。前走スワンSこそ大敗したが、前半600m34秒0とペースが上がり、決め手が生きる流れが大きな追い風に。

2010年15番人気3着マイネルフォーグ:馬券に絡む際はほとんどが人気薄でムラ駆けする馬。3勝はいずれも1400mのレースであった。

2010年5番人気2着レッドスパーダ:2月以来のレースも実力は高く、オープンのレースで連勝中と芝では底をみせていなかった。休み明けながらプラス4キロと太めもなく、逃げたがスローペースも追い風に。

2009年11番人気2着サンカルロ:自信の穴馬推奨。G1でも好走可能な馬と考え、追いかけていた馬。ハイペースで人気の先行馬が崩れたが、後方からのレースで流れも合った。

2008年8番人気1着マルカフェニックス:重賞で通用しなかったが、徐々に力をつけて勝利。その後も福永騎手で好走しており相性のよさもあった。1200mでは短く1600mは長い馬で坂のあるコースも問題なく条件も合った。

2008年7番人気3着リザーブカード:マイル重賞で実績あるも1400mの方が安定して結果を残していた。サイレントプライド、スプリングソングといった人気上位の馬とそれほど実績に差はなかった。

2007年10番人気2着ジョリーダンス:3走前の安田記念でも3着と好走していたが、前走、前々走と大敗。たたき3走目で走り頃であった。阪神芝1400mは非常に走る馬で距離、コースが好走の要因。

2006年8番人気1着フサイチリシャール:前走JCダート、前々走武蔵野Sで敗れていたが、ダートの適性はなかったよう。父クロフネ同様に休み明けはあまり走らない馬で、3走前の神戸新聞杯も4着と好走していたが、レースをつかわれて上積みもあった。

2006年6番人気2着プリサイスマシーン: 1400m1800mなど非根幹距離が得意な馬で、父がステイヤーのマヤノトップガンという血統で、短距離レースでギャップがあるためか、人気しづらい部分もあった。

その他の穴馬は「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

阪神JFの穴馬の傾向は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA