桜花賞 2017 予想 穴馬と危険な人気馬は?

Pocket

桜花賞の予想のヒントを、競馬 ブログランキング(←現在100位くらい)の紹介文へ更新。

 

日経賞は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))7番人気ミライヘノツバサが2着に。毎日杯は7番人気キセキが3着に。

フラワーカップは穴馬8番人気シーズララバイが2着に、12番人気エバープリンセスは惜しくも4着という結果。

大阪杯の週はお休みさせて頂きましたが、ただいま3レース連続で無料穴馬が馬券に。

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬

日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

LINEでも情報をお届けしていきます。

 

[桜花賞 消えた人気馬]

2016年
1番人気4着メジャーエンブレム:瞬発力勝負が合わず控えるレースが仇に。
4番人気7着レッドアヴァンセ:
5番人気6着ラベンダーヴァレイ:

2015年
1番人気9着ルージュバック:
2番人気10着ココロノアイ:
3番人気4着クイーンズリング:ペースが極端に落ち着いて脚を余した。
4番人気6着アンドリエッテ:完成度に問題があった。

2014年
3番人気8着フォーエバーモア:
4番人気10着ベルカント:本質的に1400mまでの馬で、距離が長かった。

2013年
1番人気4着クロフネサプライズ:
4番人気10着メイショウマンボ:
3番人気7着トーセンソレイユ:良馬場だが降雨の影響で馬場が荒れていた点が敗因。

2012年
1番人気6着ジョワドヴィーヴル:レース中に故障があったよう。
5番人気4着サウンドオブハート:阪神芝1600mが合わず、能力も足りなかった。

2011年
3番人気7着ダンスファンタジア:
5番人気12着ライステラス:

2010年
2番人気5着アプリコットフィズ:
4番人気6着シンメイフジ:
5番人気4着ショウリュウムーン:直線で不利があり、時計の速い前残りが響いた。

2009年
3番人気8着ダノンベルベール:
4番人気10着サクラミモザ:

 

[桜花賞 穴馬好走要因]

2015年7番人気2着クルミナル:有料メルマガで自信の穴馬推奨。馬体の面から能力的に上位のものを持っており、エルフィンSのレース内容からも能力の高さをうかがわせた。このコースは合い、距離に不安もなかった。

2015年8番人気3着コンテッサトゥーレ:紅梅Sの内容からも、能力的な裏付けがあった。距離に限界があったが、前半800m50秒0と、ペースが極端に落ち着いていたことで対応出来たようで、ある程度前でレースをした点と人気馬が脚を余した点なども追い風となった。

2013年7番人気1着アユサン:阪神JFでは腹のラインにやや余裕を感じさせたが、ここではマイナス12キロと体重が減り、阪神JF時よりも引き締まって状態の良化が最大の好走要因。

2010年11番人気3着エーシンリターンズ:上位3頭のうち2頭はキングカメハメハ産駒。勝ち味に遅いタイプで3着に終わったが、前走8番人気3着のチューリップ賞、11番人気で勝利した前々走エルフィンSに続く激走。

2008年15番人気エフティマイア:寒い時期はよくない馬のようで、季節的なもののも大きく影響したよう。人気上位の馬はいずれも大幅な体重増や体重減があり、馬群に沈む結果に。

2007年7番人気2着カタマチボタン:土曜日曜と阪神の芝のレースでダンスインザダーク産駒が大暴れしており、血統的なものが好走の要因。中盤息の入る流れで2枠3番から先行したことも大きかった。

 

先週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)は大阪杯で6番人気ミッキーロケットを本命に、7番人気ステファノスを自信の穴馬に推して高配当を狙い、ステファノスが2着と好走したものの不的中。

※ 下記は有料メルマガでお届けした考察の一部

ステファノス

3歳の毎日杯時にデビュー前の馬体写真をみると、重賞で通用してもおかしくないとお伝えした。上半身にやや重苦しさがある点以外はバランスが良好で、古馬になってからは評価を上方修正し、重賞を複数勝てるだけの資質があるとお伝えした。

宝塚記念時よりも筋肉量が増しており、ここにきて完成されたかもしれない。天皇賞(秋)では立派に見えるものの馬体の張りが増していた。勝ったモーリスは強かったが、ペースが落ち着いて2着リアルスティールとは位置取りの差があり3着に終わった。

決め手で勝負をするが、パワーにベクトルが傾いており、日本ではあまりみられないタイプ。頭の位置が高い点からも距離にはやや限界があり、3歳春の時点ではパワーにベクトルが傾いたマイラーであると考えた。ただ、1600m1800m近辺に本質があるが、決め手を生かすレースをすれば、2000mも対応可能で、2200mは長い。

大阪杯は条件的にはほぼベスト。日本のG1では合う条件が少ないとお伝えしてきたが、その点が結果を残すことが出来なかった要因でもあるが、昇格したばかりの新G1で結果を残す可能性はある。

2016年の天皇賞(秋)では馬体が立派な点に若干の不安があったが、大幅な体重増もなく問題ない出来であった。しかし、元々立派に見える部分があるが、前走金鯱賞は、その点を危惧して馬券の対象から外したが、プラス7キロ体重が増えていたことからも仕上がりに問題があったとみていい。

前走の敗戦で人気を落とすかもしれないが、完全に参考外と考えることが出来、香港カップでも3着と好走しているように能力的にはピークの状況にあり、出来も上向いている。人気がなければ買う価値が高い1頭。

桜花賞も買う価値がある馬を狙っていきたいと思います。

G1レースの穴馬は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)でお届けさせて頂きますので、無料穴馬がお役に立っていればお付き合いください。

1か月購読サービスさせて頂き、2か月購読料金21600円で6月末までの情報をお届けさせて頂きます。

 

桜花賞、ニュージーランドトロフィーの穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

Pocket