桜花賞 2017 予想 人気馬の買い材料、不安材料

Pocket

桜花賞2けた人気(予想オッズ参照)穴馬候補を、競馬 ブログランキング(←現在90位くらい)の紹介文へ更新。

 

日経賞は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))7番人気ミライヘノツバサが2着に。毎日杯は7番人気キセキが3着に。

フラワーカップは穴馬8番人気シーズララバイが2着に、12番人気エバープリンセスは惜しくも4着という結果。

大阪杯の週はお休みさせて頂きましたが、ただいま3レース連続で無料穴馬が馬券に。

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬

日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

 

LINEで特別な情報をお届けしていきます。

 

今回は桜花賞出走馬の買い材料、割引材料をお届けします。

桜花賞 人気薄の馬の買い材料(←クリック)もご覧ください。

[桜花賞 人気馬の考察]

ソウルスターリング

上半身のつくりなどをみると、ルージュバックの3歳時の状態に似ている。中距離に本質があり、距離は1800m2000mがベストか。

コースはそこまで問わないが、フットワークをみると広いコースの方がいい。2歳時よりも筋肉量の面で成長している。馬体の面や血統構成から道悪も問題ないと思われる。

この馬が崩れるあるいは敗れるケースとしては、決め手が最大限に生きる展開となり、瞬発力や決め手で勝る馬が浮上するというケースが最も考えられる。

アドマイヤミヤビ

丸みを帯びた体型は、カレンミロティックやヌーヴォレコルトなどハーツクライ産駒に多くみられる特徴で、この馬も似たフォルムをしている。

こちらの方が筋肉量は豊富だが、肩の角度や胴の長さなど全体のフォルムはジュンドルボンとイメージが近い。高いレベルでは勝ち味に遅い部分があるかもしれない。

前走クイーンカップでは上がり33秒6という脚をつかっており、レース時計も1分33秒2と速かった。相手に関しても、フェアリーS2着アエロリット、アルテミスS2着フローレスマジック、阪神JF3着レーヌミノルなどレベルは決して低くなかった。

リスグラシュー

デビュー前の馬体写真を見ると、かなり細身の体型で、父方のサンデーサイレンスの影響を感じさせるつくりをしている。決め手に特化したタイプで、距離は延びた方がいい。

阪神JF時に、全体的に弱点がなく、素質は申し分なく今後も重賞で通用するだけの素質を感じさせるとお伝えした。出遅れの不利がありながら2着を確保しており、能力は想定以上のものを有している。チューリップ賞の結果に関しては目をつむりたい

ミスエルテ

2歳時はスピードで押し切るタイプのように見受けられたが、下半身が薄いつくりなどから決め手で勝負をした方がいい。蹄の形などから道悪は対応できるか。まずまずボリュームがある点と骨格などからアルビアーノとイメージが重なる。

前走朝日杯FSでは状態がそこまでいいと感じなかった点から評価を割り引いた。ただ、繊細な牝馬で阪神JFを回避して出走を一週先延ばしにしたことから、大幅に割り引くべきであった。朝日杯FSはそこまでの出来になく、掛かりながら4着と崩れなかった点に能力の高さを感じる。

朝日杯FSのレース前にもお伝えしたが、問題は気性的な面で、懸念が杞憂に終わらなかった。初勝利を挙げた際はかなり行きたがっていた。ファンタジーSでも出遅れて道中で力んで走っていたが、陣営のコメントを見てもかなり気難しい部分を持っている。朝日杯FS時よりも順調にきている点はポジティヴな要素で、気性面の不安さえ露呈しなければ。

ミスパンテール

ダイワメジャー産駒であるが、母の父シンボリクリスエスの影響を感じさせる馬体。距離は1400mから1600m辺りが合い、1800mも対応可能か。馬体を見る限り前でのレースが合う。今回、道悪は追い風になりえる。

カラクレナイ

全体の骨格や上半身のつくりをみると、母の父アグネスタキオンの影響が強く出ているように感じる。トップスピードにいいものがあり、下半身のつくりからも決め手を生かすレースが合う。

前走フィリーズレビューは後方からレースをすすめて差し切ったが、ペースが上がったことが追い風になった。連勝中で底を見せていないが、コースが変わって対応できるかがポイント。跳びが小さい点から馬場の悪化を追い風にする可能性はある。

アエロリット

やや丸みを帯びたフォルムで、薄手な体型をしており、首の高い点は同じネオユニヴァース産駒のフォーエバーモアとイメージが似ている。今後より短い距離へシフトチェンジしていくかもしれない。

しかし、フェアリーSでは前半46秒1、後半48秒6とペースが上がっていたが、先行して2着と粘る内容のあるレースをしている。上位の馬を押しのけてというほどのものは感じられないが、上位の馬が崩れれば。

桜花賞 人気薄の馬の買い材料(←クリック)もご覧ください。

 

桜花賞2けた人気穴馬候補を、競馬 ブログランキング(←現在90位くらい)の紹介文へ更新。

 

皐月賞、桜花賞、ニュージーランドトロフィーの穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

Pocket