東京新聞杯 穴馬は? 出走馬考察

Pocket

シルクロードステークスは無料メルマガで8番人気ヒルノデイバローを穴馬としてお届けするも4着。

京成杯は7番人気ガンサリュートが2着に。

フェアリーステークスは7番人気モリトシラユリが3着、11番人気ジャストザマリンが4着と惜しいレース。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

東京新聞杯ときさらぎ賞の調教推奨馬、穴馬
競馬 ブログランキングの紹介文へ更新。

 

エアスピネル

父キングカメハメハ、母は秋華賞馬エアメサイアという良血だが、骨格やボリュームなどは父の特徴が出た馬体。距離には限界があり、2歳時に1600mから2000m辺りがいいと考えた。

3歳を迎えてからは、以前よりも距離に限界を感じさせたが、やはり古馬になってからマイル戦線へ舵を切ってきた。

同じキングカメハメハ産駒と比較すると、タイプとしてはアパパネやロードカナロアよりも桜花賞馬レッツゴードンキに似ているが、筋肉量やバランスなどから、能力はこちらの方が上。

2歳時から完成度は高かったが、ひと夏を越して成長を感じさせた。

京都金杯は2着馬とそれほど差のないレースに終わったが、道中で気の悪さを見せており、体調にも問題があったためと思われる。

 

ブラックムーン

丸みを帯びた体型は、父アドマイヤムーンの産駒に多くみられる特徴。

脚質やコースはそれほど問わないように感じる。

キャピタルSで2着に3馬身差をつけて完勝しているが、前半47秒1、後半46秒4とペースが上がったことで決め手が最大限に生きたことが追い風となった。

前走京都金杯は開幕週で後方からは届かないためある程度前につけ、中途半端なレースとなったことも影響したか。ペースが落ち着く可能性が高い点はネックとなりえる。

 

ブラックスピネル

父タニノギムレット、母の父アグネスデジタルという血統。全体のフォルムはアグネスデジタル産駒のヤマニンキングリーに似ているが、丸みを帯びたラインをみると、父の影響の方が強く出ている。

コースはそれほど問わないはず。ただ、中距離に適性があるのかもしれないが、距離適性の判別が難しい。

2着と好走した前走京都金杯では能力的な上積みが間違いなくあった。今回、過去好走した馬と体型が符合する。

 

ヤングマンパワー

手脚や胴が長めの馬体を見ると、母の父サンデーサイレンスの影響が強く出ている。

3歳のNHKマイルカップの時点では完成度が低かったが、ここから馬体の力感が増してくれば、G1でも好勝負が可能とお伝えし、その後重賞を2勝と結果を残している。

首の高さを解消するためシャドーロールをつけており、走法を見ても窮屈そうに走っているが、それが影響して前でレースをしていると思われる。

関屋記念時に久しぶりに馬体を見たが、かなり大人びた体型となっていた。

前走マイルCSは申し分ない出来にあったが、後手を踏んで持ち味が生きなかった点が響いた。

 

マイネルアウラート

デビュー前の馬体写真を見ると、重賞でもやれると感じた。その点から11番人気で3着と好走した2016年の東京新聞杯で自信の穴馬に推奨した。

昨年のこのレースでは先行して結果を残したが、前半48秒4、後半45秒7と極端にペースが落ち着いて前残りの展開となり、大きな追い風となった。

しかし、昨年からの能力的な上積みがあり、今後も重賞で通用しえる。

前走ニューイヤーSは先行して押し切っているが、前半46秒8、後半46秒7とペースは落ち着いておらず、それほど相手は強くなかったが、58キロを背負っており悪くないレースをしている。

前々走リゲルSも相手が弱かったが、前半47秒6、後半47秒2とペースは落ち着いていなかった。

 

プロディガルサン

リアルスティールの全弟。後方からのレースが合うが、ある程度ボリュームがある点からコースや脚質はそれほど問わないタイプ。

上半身のつくりなどをみると、兄よりも距離延長への対応力があるように感じた。

ひと夏を越しての馬体写真を見ると、全体のフォルムが兄によく似てきた印象がある。

デビュー前の馬体写真を見た際、重賞を複数勝てる素質があると感じたが、セントライト記念、菊花賞と馬体を見るにそこまでの能力はないように感じた。

セントライト記念は、一貫したラップの流れで推移し、そこまで上がり速いレースにならずベストの流れとなったことが3着と好走できた要因。菊花賞は距離と展開が向かなかった。

 

東京新聞杯 きさらぎ賞 調教推奨馬
東京新聞杯 穴馬は? 出走馬考察
きさらぎ賞 穴馬は? 出走馬考察

 

東京新聞杯ときさらぎ賞の調教推奨馬、穴馬
競馬 ブログランキングの紹介文へ更新。

東京新聞杯ときさらぎ賞の穴馬は無料メルマガでお届けします。

 

 

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Pocket