東京新聞杯 穴馬と危険な人気馬は?

Pocket

シルクロードステークスは無料メルマガで8番人気ヒルノデイバローを穴馬としてお届けするも4着。

京成杯は7番人気ガンサリュートが2着に。

フェアリーステークスは7番人気モリトシラユリが3着、11番人気ジャストザマリンが4着と惜しいレース。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

東京新聞杯ときさらぎ賞の調教推奨馬、穴馬候補(平日限定)
競馬 ブログランキングへ更新。

 

※ 下記は穴馬の特徴の一部。有料メルマガではより明確なパターンをお届けしています。

[東京新聞杯 穴馬好走要因]

2016年11番人気3着マイネルアウラート:有料メルマガで自信の穴馬推奨。デビュー前の馬体からも、重賞でもやれると感じさせた。出走馬の脚質からペースが落ち着くことを想定したが、スローペースが追い風に。

2014年8番人気1着ホエールキャプチャ:有料メルマガにて自信の穴馬に推奨。レースが順延され、一週前の追切はそれほどでもなかったが、最終追切では動きが良化していたことが最大の好走の要因。前々走府中牝馬Sを勝利しており。能力的にここでも上位で、侮られていた。

2012年8番人気1着ガルボ:有料メルマガにて自信の穴馬に推奨。距離、コースともにベストの条件で、動きに勢いがあり非常にいい内容でA評価としたが、大幅なプラス体重だった前走からの上積みもあった。

2011年7番人気2着キングストリート:有料メルマガで穴馬推奨した馬。この条件ほぼベストであったが、素質が高い点からも好走の可能性が高かった。

2009年9番人気3着スマイルジャック:中山で行われるスプリングSを勝っているが東京コースの方が合う馬。不良馬場で行われスタミナが要求される条件となった点も追い風となり、後方からレースをすすめる馬に有利となった。

2008年12番人気3着タマモサポート:初めてのマイル戦でノーマークの存在。その後も馬券に絡む際は常に人気薄でムラ駆けする部分がある馬。休み明けで重賞勝利ありと鉄砲も利く馬であった。

2005年7番人気2着キネティクス:府中のマイルで勝利あり、京都の1600mでも2勝。前走は年末年始を挟みプラス10キロと体重が増えており、万全の状態ではなかったよう。

2004年7番人気1着ウインラディウス:前走から体重が10キロ増えており、前走でもプラス18キロ。その後体重が減っていたことから、休み明けで余裕残しの部分があったと思われる。前半800m47秒0とやや遅い流れで先行し、スローの瞬発力勝負となり、展開がはまったことが好走の要因。

2002年10番人気1着アドマイヤコジーン:G1ホースも夏以来のレースで大敗が続いており、人気が落ちていた。前半49秒3、後半48秒4と不良馬場ながら後半の方が1秒近く時計は速く、前残りに近い結果となった部分もある。

2002年9番人気2着ディヴァインライト:人気薄で走る傾向がある馬で体重の変動が激しいという特徴もある。休み明けでプラス18キロという体重増があったが、大幅に減っていた体重が戻っていたことが好走の要因。

※ 下記は人気を裏切った馬。有料メルマガでは人気を裏切ったパターンをお届けしています。

○ 東京新聞杯

2016年
1番人気ダッシングブレイズ:競争中止。
2番人気4着ダノンプラチナ:
3番人気10着グランシルク:
4番人気6着ダイワリベラル:馬体の面から能力負けの感があった。

2015年
2番人気6着エキストラエンド:
4番人気4着シャイニープリンス:直線で前をさばくのに手間取った。
5番人気11着サトノギャラント:

2014年
1番人気4着コディーノ:
2番人気10着ショウナンマイティ:
4番人気5着サトノギャラント:道悪も影響か。

2013年
1番人気10着ドナウブルー…能力などを考えても過大評価
3番人気9着マウントシャスタ…距離不足。

2012年
1番人気5着ダノンシャーク…
2番人気7着フレールジャック…
3番人気13着サダムパテック…
5番人気8着マイネルラクリマ…外枠に入っており、馬体に余裕もあった。

2011年
1番人気7着ダノンヨーヨー…57キロと休み明けも影響。
3番人気11着フラガラッハ…
4番人気6着シルポート…58キロが響いた。

2010年
3番人気6着アブソリュート…
4番人気7着スマイルジャック…
5番人気4着マイネルファルケ…前々走マイルCS2着も展開の恩恵あり、調教の動きもA評価としたが、過大評価で、その時ほどの出来になかった。

2009年
1番人気6着タマモサポート…
2番人気13着ローレルゲレイロ…マイルCS以来の休み明けが敗因。逃げるレースをしたが、後方からレースをする馬で決着。
4番人気9着マルカシェンク…

 

東京新聞杯ときさらぎ賞の調教推奨馬、穴馬候補(平日限定)
競馬 ブログランキングへ更新。

東京新聞杯ときさらぎ賞の穴馬は無料メルマガでお届けします。

 

 

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Pocket