札幌記念 北九州記念 穴馬

Pocket

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けしています。

○ 札幌記念 穴馬

スーパームーン

父ブライアンズタイム、母の父サドラーズウェルズという重めの血統であるが、ボリュームや骨格などを見ても、重厚なつくり。

タフな条件が合い、海外へ遠征したのはそういった背景も影響しているはず。

時計のかかる馬場になれば追い風になりえる。

胴の短さから距離は2000m2200mがベストと感じたが、上がりのかかるレースが合う点から瞬発力が要求されない長距離の条件でもある程度走れるよう。

今回の条件は合うはず。問題は休み明けだが、意外と鉄砲は利くため、印をまわす必要がある。

レッドリヴェール

手脚や胴が長く、かなり薄手な体型をみると、父ステイゴールドの現役時によく似ている。

極端に時計の速い馬場でなければスローの瞬発力勝負になっても力を発揮し結果を残すことが可能。スタミナが要求されるような状況のレースは合わない。

距離は2000m以上も問題ない。今回の条件も札幌2歳Sで結果を残している点から、対応出来るはず。

札幌2歳S時に今後重賞レースを複数勝てるだけの素質と一級品のキレ味を持っている可能性があり、成長次第ではG1レースでも好走可能とお伝えした。

阪神JFでは成長を感じさせ、ハープスターを逆転する筆頭候補として挙げ本命に推した。

成長力に問題があった点と、体重が減り、結果を残すことが出来なかったダービーで歯車が狂った点が影響したと思われる。

くわえて、精神面の問題もあるが、クイーンSで悪くないレースをしている。

精神的な面から手が出しづらい部分があるが、道悪は問題ない点から押さえることを検討する。

有料メルマガでお届けした過去人気薄で走ったパターンにも符合する。

○ 北九州記念 穴馬

フルールシチー

デビュー前の馬体写真を見ると、スプリンターのつくりであるが、父サクラバクシンオーの影響尾が出ているよう。

決め手で勝負をするタイプだが、能力的には劣る。ただ、条件は合うはず。

過去の穴馬のパターンに符合するため、狙ってみたい。

バクシンテイオー

サクラバクシンオー産駒であるが、バリバリのスプリンターではなく、胴が長めで決め手を生かすレースが合うタイプ。

距離は1400m近辺が合うが、1600mであれば、スタミナが要求されない中山であれば対応できる可能性はある。

比較的鉄砲は利くタイプ。

どれだけ成長や変化があるか、馬体写真がないため確認することが出来ないが、デビュー前の馬体写真をみる限り重賞レベルとまでは感じられない。

ただ、ハンデ戦で斤量の恩恵がある。

昨年は体重が大幅に増えていたことが影響して凡走したが、条件自体は合う。

2014年に1600万条件で2着に0秒3差をつけて完勝しており、今後オープンで通用する可能性はあるとお伝えした。

その後、よくもなく悪くもないレースをしているが、条件を選ぶ部分があるため。

人気がなければ狙いたい。

Pocket