有馬記念 穴馬は? 人気薄出走馬考察

Pocket

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方から頂戴した的中報告(←こちら)を頂戴vしています。

シュヴァルグラン

胴が長く、肩の角度が寝ており、距離は2400m以上が合い、馬体のタイプとしてはテイエムオペラオーと共通点が多い。背中のラインが長い点など、ジャスタウェイと共通する部分があり、父ハーツクライの影響が出ているよう。

素質はかなりのものを持っているとお伝えし着てきた。阪神大賞典時にここを突破するようであればG1でも通用しえるとお伝えした。

阪神大賞典では過去のG1好走馬と同レベルの内容を見せていた。天皇賞(春)でも前の馬有利のレースの中で後方から猛然と追い込んで3着を確保しており、内容のあるレースを見せている。

日経新春杯ではやや華奢な印象であったが、その点がその後改善されており成長を感じさせた。宝塚記念は出来は上向いていたが、直線で内を突いて前を塞がれたため、全くと言っていいほど力を発揮できなかった。アルゼンチン共和国杯はペースが落ち着いたこともあり、それほどの内容ではなかったがきっちり勝利。

アルゼンチン共和国杯は崩れるリスクは低かったが、それほどよくないように感じられた。JCではその時よりも確実に上向いていた。前残りでなければ天皇賞(春)を勝っていた可能性が高く、G1未勝利であるが能力的に上位にある。

アドマイヤデウス

叔父(母の半兄)に重賞3勝のアドマイヤフジがいる血統となるが、3歳春の時点では骨格やボリュームが発達しており、馬体のフォルムがよく似ている。

3歳時よりも胴が伸びた印象で、肩の角度などから長めの距離に適性があり、2400m以上の距離も対応可能。ただ、長距離馬のつくりではなく、ベストは2000mから2400m辺り。

前でレースをしているが、手脚の長さや飛節などから後方からのレースの方が合う。ただ、瞬発力で勝負をするタイプではないため、先行するレースをしているよう。

2015年の日経新春杯時に能力的に今後も重賞を複数勝てるレベルにあるとお伝えしたが、厳寒期の休み明けで故障後初めてのレースにも関わらず、ハンデ戦とは言え重賞を勝てるのは、並ならぬ素質を有していることを伺わせた。

今年の天皇賞(春)では状態が上向いており、2015年時を93、阪神大賞典時を90とすれば、100に近い出来にあった。そこで結果を残すことができなかったためG1では少し能力が足りないかもしれないと感じたが、上位にきたキタサンブラック、カレンミロティックの2頭に展開の恩恵があり、長距離適性で及ばなかったことも影響している。

京都大賞典はベストに近い条件で前有利の流れではあったが、状態は決してよくなかったにもかかわらず、2着と結果を残したことには驚かされた。3000mを超える長距離からの距離短縮で見直したい。

アルバート

心肺機能の高さを感じさせ、長距離向きといったつくり。母の父ダンスインザダークの影響が出ていると思われる。距離は2400m以上がいい。昨年、今後も長距離重賞で活躍する可能性は高いとお伝えしたが、ながい距離では安定して結果を残している。

2015年暮れの有馬記念時に、ここからまだよくなる余地を残しているとお伝えしたが、この春は成長を感じさせた。

ただ、2015年のステイヤーズSで2着に5馬身差をつけて勝利したが、ファタモルガーナ、メイショウカドマツ、スズカデヴィアスなどが重賞で結果を残しているものの、この馬以外に重賞を複数勝てるというような馬が見当たらず、出走馬のレベルは例年よりも低かった。

有馬記念、日経賞、天皇賞(春)はいずれもペースが落ち着いており、脚を余した感があった。前走アルゼンチン共和国杯では、有馬記念や天皇賞(春)時と比較すると上積みの余地はかなりあった。

ヤマカツエース

手脚や胴の長さ、ボリュームがありながらカチッとまとまったつくり、肩の角度など、同じキングカメハメハ産駒のデウスウルトによく似たつくりをしており、父の影響が強く出ていることは間違いない。3歳時に能力的にG1で好走出来るものがあるとお伝えし、3歳春の時点で完成度も高かったが、ここにきて結果を残してきた。

3歳時と比較すると、以前はもう少し手脚が長い体型をしていたが、コンパクトなフォルムに変わってきている。トップスピードにいいものをもっていると感じたが、現在のつくりであれば、前でレースをした方が持ち味は生きる。

勝利した中山金杯は前でレースをして前半1000m62秒3とペースが落ち着き展開の恩恵があった。その後2走続けて凡走しているが、京都記念は馬体のメリハリを欠いており、皮膚に厚みを感じさせたが、体重も12キロ増えていた。鳴尾記念も休み明けで、体重が減っておらず、余裕があったと思われる。

宝塚記念は距離が響いたと思われ、札幌記念では体重が488キロと絞れていたが、馬体を見る限り状態は芳しくなかった。

ランキングが上がっていれば、また情報を更新していきます。一日一回クリックの協力をお願いします↓


中央競馬 ブログランキングへ

もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)では重賞レースの考察や穴馬の特徴など、予想に役立つ情報をお届けしています。

Pocket