推奨穴馬ダノンシャーク勝利 東スポ杯2歳S穴馬

Pocket

重賞レース現在2けた人気穴馬競馬ブログランキングへ更新。

重賞レースの穴馬は、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

※ 下記は無料でお届けした穴馬

毎日王冠 8番人気1着 エアソミュール
シリウスS 7番人気3着 トウシンイーグル
オールカマー 12番人気3着 クリールカイザー
北九州記念 17番人気3着 カイシュウコロンボ
エルムS 10番人気3着 インカンテーション
鳴尾記念 10番人気3着 フラガラッハ
京王杯SC 10番人気1着 レッドスパーダ
京王杯SC 7番人気3着 エールブリーズ
青葉賞 10番人気1着 ショウナンラグーン
大阪杯 6番人気2着 トウカイパラダイス
中山牝馬 10番人気2着 ケイアイエレガント
東海S 8番人気3着 マイネルバイカ
ローズS10番人気3着ウリウリ
中京記念13番人気2着ミッキードリーム
函館2歳S9番人気2着プラチナティアラ
安田記念12番人気3着ダノンシャーク
京都新聞杯11番人気3着ジャイアントリープ、9番人気2着ペプチドアマゾン

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

マイルCSは有料メルマガで自信の穴馬に推した8番人気ダノンシャークが勝利し、フィエロも印をまわしたものの、内有利の馬場に泣かされ他馬が凡走で不的中という結果。

下記はお届けした考察の一部です。今後の予想の参考となれば幸いです。

ダノンシャーク

2012年の東京新聞杯時からG1レースでも好走が可能な素材であるとお伝えしてきたが、2012年夏頃完成に近づいていた。1800mで3勝しており、エプソムカップでも2着と好走しているが、本質はマイルにある。坂のあるコースよりも平坦コースの方が合う。東京や京都外回りコースなどの1600mがベストの条件。

父譲りの瞬発力を有しており、決め手が最大限に生きる状況が合う。ペースを考えると、よりタフな東京のマイルで行われる安田記念よりも、ペースが若干落ち着く京都の方が合う。2013年の安田記念で3着と好走しており、馬体写真がなかったが、状態がよかったはず。

逆に昨年のこのレースでは、状態がよくなかった点が響き、3着に終わったと思われる。前走まではやや重苦しい出来であったが、今回はスッキリと仕上がっている点は好材料で、状態は昨年よりもいい。問題は能力が減退している可能性がある点で、末脚の鋭さが鈍っている。

前走富士Sは前でレースをして、抜け出すのが速すぎた点が響いたと思われ、後方からレースをした方が結果を残すことが出来ると感じるが、今年の安田記念で4着と走っており、一概にそうとも言い切れないか。前々走の関屋記念はトップハンデの58キロと休み明けを考えると、2着であれば悪くない結果。

今年初戦の阪急杯はやや立派な部分があり、安田記念は9割方仕上がっていたが、関屋記念もその時と変わらない印象であった。今回は安田記念時や昨年よりも出来がいい点や、ペースを除けば条件はベストであるため、印をまわしたい。

東京スポーツ杯2歳Sは競馬ブログランキング(←備考欄へ更新)を穴馬に推す。

トップスピードにいいものがあり、距離、東京コースともに合い、後方からレースをすることで持ち味が生きる。

初勝利の内容はまずまず優秀。

前走はプラス12キロと体重が増えており、スローの瞬発力勝負で脚を余したが、絞れてペースが上がれば巻き返す可能性がある。

他に能力が高い馬がおり、ヒモにくわえてみたい。

穴馬を追加する場合は、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

ジャパンカップの穴馬の傾向は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA