小倉大賞典 穴馬の傾向は?

Pocket

競馬ブログランキング←穴馬など情報がお役に立っていれば、1日1回クリックお願いします。

根岸Sは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で推奨した穴馬15番人気アドマイヤロイヤルが3着に激走!!

東海S9番人気2着グランドシチーに続き2週連続激走!!

フェアリーSは推奨穴馬8番人気ローデッドが2着に。中山金杯は推奨穴馬15番人気パッションダンスが4着と惜しい結果。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

[小倉大賞典 穴馬好走要因]

2014年8番人気2着カフナ:9か月ぶりのレースであったが、鉄砲は利く馬。内枠に入ってある程度前でレースをすすめたが、距離も合った。


2012年10番人気2着スマートギア:前走日経新春杯はプラス12キロと体重が増えており、調教の内容がよく一頃の不振から脱していたようで状態のよさも好走の要因。

2011年6番人気1着サンライズベガ:前走AJC杯は厳寒期の休み明けでプラス8キロという体重増からも力を発揮できなかったよう。斤量も2キロ減っていた。

2011年11番人気2着バトルバニヤン:近走のレースでは合う条件がなかったが、前々走中日新聞杯は小倉2000mで行われ5着と善戦。その際は脚を余すもこのレースでは流れ会う形に。

2009年7番人気1着サンライズマックス:10月以来のレースで57キロを背負い、悪条件が重なったが鉄砲実績もあり、前走で減っていた体重戻っていた。重賞2勝とここでは力が違ったが、1分44秒9とレースレコードで勝利。距離・コースとも合ったことが好走の最大の要因。

2008年6番人気1着アサカディフィート:前年も勝利。当日降雨があり荒れた馬場になり、外枠の差し馬2頭がきた。若干時計がかかる位の馬場の方が走る馬で、馬場の悪化自体も追い風となった。

2008年7番人気3着シルクネクサス:前々走中山金杯も4着と善戦。オールカマー2着と地力も充分。前走2200mで行われ57キロを背負ったAJC杯から200m距離が短縮され、斤量も1キロ減の56キロで出走出来たことが好走の要因。

2007年11番人気1着アサカディフィート:前走中山金杯も10番人気で2着と好走していたが、重馬場で行われフロックとみられていた。57.5キロも嫌われたであろうが、前走も同じ斤量を背負っており、侮られ過ぎ。

2006年11番人気1着メジロマイヤー:2枠4番と内枠から逃げて前半800m48秒3とペースが落ち着いたことが好走の要因。54キロと斤量が軽かったことにくわえて、。たたき3走目で走り頃。

2005年オースミコスモ前半800m49秒9と極端にペースが落ち着き、勝ち馬には逃げられるが、先行したこの馬も展開の恩恵を受けた。

2002年13番人気1着タマモヒビキ:前走は後手を踏んでおり、合わない条件。前々走はプラス10キロ、3走前は休み明けと敗因が明確。コーナー4回の1800m2000mのレースで4勝しており、レースの適性があった。

2001年7番人気2着マイネルブラウ:2連勝中で53キロも人気なし。父アンバーシャダイで時計のかかる馬場となったことも追い風に。前年から確実に成長して結果を残していたが、侮られ過ぎであった。

重賞レースの穴馬と穴馬の考察などは、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。



週明け予想オッズ判明後、中山記念or阪急杯orアーリントンカップの2けた人気穴馬候補競馬ブログランキング(←備考欄)へ更新。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA