安田記念 穴馬と危険な人気馬の特徴は?

Pocket

安田記念の穴馬候補を競馬 ブログランキング(←現在90位くらい)の紹介文へ更新。

LINEでも特別な情報をお届けします。

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)は8月の情報をサービスさせて頂き、2か月購読料金21600円で2017年8月末までの情報をお届けさせて頂きます。

無料メルマガでも有料メルマガの情報を一部お届けしています。

読者の方からTwitter的中報告(←こちら)を頂きました。送信頂いた方へ心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

青葉賞 8番人気3着 アドマイヤウイナー ←的中報告を送って頂いた方へ送信
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ ←有料旧読者へ送信
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
共同通信杯 6番人気2着 エトルディーニュ ←有料旧読者へ送信
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

[安田記念 消えた人気馬]

2016年
2番人気11着リアルスティール:
3番人気4着サトノアラジン:前が空かず、まともに追われているのは残り100mという悔やまれるレースに。
4番人気5着イスラボニータ:出来があまりよくなかった。

2015年
2番人気4着フィエロ:
4番人気15着ミッキーアイル:状態が下降していた。
5番人気10着ダノンシャーク:後方からのレースが響いた。

2014年
2番人気16着ミッキーアイル:
3番人気5着ワールドエース:不良馬場が響いた。
4番人気11着グランデッツァ:不良馬場が響いた。
5番人気9着カレンブラックヒル:不良馬場が響いた。

2013年
2番人気9着グランプリボス:道中気難しいところをみせ、直線で詰まったよう。
4番人気14着カレンブラックヒル:
5番人気6着ダークシャドウ:

2012年
1番人気9着サダムパテック:
3番人気14着グロリアスデイズ:
4番人気16着アパパネ:能力的にピークを過ぎていた。
5番人気5着ガルボ:

2011年
1番人気6着アパパネ:
2番人気10着ダノンヨーヨー:
4番人気8着シルポート:

2010年
1番人気14着リーチザクラウン:
2番人気4着トライアンフマーチ:前でレースをして粘ったが、ペースが上がったことが響いた。
3番人気7着キャプテントゥーレ:
4番人気1着ビューティフラッシュ:

2009年
4番人気4着カンパニー:
5番人気9着スマイルジャック:状態があまりよくなかった。
3番人気7着スーパーホーネット:前走休み明けで重賞を勝利した反動が出ていた。

[安田記念 穴馬好走要因]

2016年8番人気1着ロゴタイプ:有料メルマガで自信の穴馬推奨。逃げるレースをしたが、出走頭数が少なくペースが落ち着き、展開の恩恵が大きかった。マイルCSよりも条件が合ったことが好走の要因。

2015年12番人気3着クラレント:マイル戦はベストの条件。時計勝負にも対応できるだけのスピードがあった。近走重賞で凡走が続いていたが、能力も落ちていなかった。

2014年16番人気1着グランプリボス:有料メルマガで自信の穴馬推奨。能力が上位にあり、このレースは合い、過去好走した馬と体型が符合していた。休み明けは走らない馬でそれがかなり知られるようになっており、近走不振で人気が落ちていた。しかし、陣営も状態に疑問符をつけていたが、出来がよかったことが最大の好走要因。

2014年10番人気3着ショウナンマイティ:有料メルマガで本命推奨。距離は短かったが、コースが合い、時計のかかる馬場の適性は高く、タフな条件となることからも降雨が追い風に。

2013年12番人気3着ダノンシャーク:休み明けをつかわれて良化。マイルに本質があり、瞬発力が最大限に生きるレースとなったことが追い風に。

2012年13番人気2着グランプリボス:前走京王杯SC、前々走マイラーズカップで敗れて人気が下がっていたが、レースをつかわれてよくなる馬。能力は最上位にあったが、侮られていた。

2012年15番人気2着コスモセンサー:掲示板に載った5頭のうち4頭が1枠2枠の馬であった。この馬も4枠と内枠に入っていたが、異常な馬場状態であったことが最大の好走要因。

2011年9番人気1着リアルインパクト:有料メルマガで自信の穴馬に推奨。調教でA評価としたが上昇していた。完成度が高く斤量の恩恵を生かし切って好走。

2010年8番人気1着ショウワモダン:父エアジハードとの父子制覇。人気上位の先行馬は崩れる形となり、後方からレースをすすめた馬が上位を占める結果になった。

2009年10番人気3着ファリダット:前半800m33秒4とかなり速いペースで推移したが、4コーナー18番手追走しており展開がはまった。

2008年9番人気3着エイシンドーバー:前半800m46秒2とかなり遅いペースで推移し、前目の位置でレースをすすめる馬が上位に。前走マイラーズカップ、前々走中山記念ともに先行した馬を捕まえることが出来なかったが、安定した結果を残しており、今回も善戦するという結果に。

2007年10番人気2着アサクサデンエン:前年の覇者で近走は海外で2戦大敗も、休み明けの天皇賞(秋)でも4着と好走していた。実力馬が多く低評価は仕方なかった面もあるが、能力は高く、東京コースはかなり走る馬であった。

2005年7番人気1着アサクサデンエン:京王杯SCを2着に0秒4差をつけて勝っていたが、相手がレースをつかわれていたオレハマッテルゼ、テレグノシス、アドマイヤマックスということを考えると、ここでの7番人気という評価は不当に低いものであった。

2005年10番人気2着スイープトウショウ:気難しい面があり前々走エリザベス女王杯で5着に敗れ、前走OP特別の都大路Sで5着に敗れていたが前残りのレースであった。休み明けを叩かれた上積みもあった。

2003年6番人気2着アドマイヤマックス:約半年ぶりのレースでプラス16キロと体重が増えていたが、その後も同じ水準で出走し、結果を残していることから成長分であった。レース時計が1分32秒1とかなり速い馬場状態で馬場と展開の恩恵があった。

穴馬と危険な人気馬の情報は、週の半ばにもうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

 

※ 下記は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)の最近の実績と結果。考察サンプルを一部掲載しています。

オークス 1着▲3着◎

ヴィクトリアマイル 7番人気3着ジュールポレール・本命推奨

京都新聞杯 △△◎

天皇賞(春) ○◎▲ 馬連1040円本線2点的中

青葉賞 8番人気3着アドマイヤウイナー・穴馬推奨

マイラーズカップ ◎○△ 馬連570円1点、3連単12430円6点的中

皐月賞 複勝1340円的中 12番人気3着ダンビュライト・本命推奨

ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ・穴馬推奨

大阪杯 7番人気2着ステファノス・自信の穴馬推奨

毎日杯 ○◎★ 7番人気3着キセキ・自信の穴馬推奨

フラワーカップ ◎★△ 3連複13990円7点的中 8番人気2着シーズララバイ・自信の穴馬推奨

スプリングS 1着△3着◎

阪神大賞典 1着○3着◎

オーシャンS ○◎▲ 馬連830円本線1点的中

中山記念 ◎☆ 馬連14010円4点的中 8番人気2着サクラアンプルール・穴馬推奨

阪急杯 7番人気1着トーキングドラム・自信の穴馬推奨

アーリントンカップ ◎○▲ 馬連920円2点的中

共同通信杯 ◎★▲ 馬単4860円4点、3連複2260円本線3点、3連単16620円本線3点的中 6番人気2着エトルディーニュ・自信の穴馬推奨

きさらぎ賞 ◎○△ 馬連960円本線1点、3連単14180円12点的中

愛知杯 10番人気2着サンソヴール・本命推奨 複勝570円、ワイド3480円本線3点的中

中山金杯 ◎×

下記の特典レポートもお届けさせて頂きます。予想方法や穴馬や危険な人気馬をみつける方法など、初心者の方にも分かりやすく詳細に解説しています。

1 「競馬で本当に必要な知識」
2 「勝負レース選定法」
3 「能力、適性、状態、穴馬の見極めと的中率を上げる予想法」
4 「危険な人気馬の見つけ方」
5 「レースレベル判定法」
6 「金になる馬 レベルの高い2歳馬 判別データ」
7 「金になる馬 レベルの高い3歳馬 判別データ」
8 「馬体の見方 ~能力、適性、状態を見抜く~」
9 「穴馬ゴールデンパターン ~穴馬を見つけるための全て~ 」
10「勝負の鉄則 ~競馬で安定して勝つための方法~」

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)

Pocket