天皇賞春 2017 予想 人気馬の死角と買い材料

天皇賞(春)の人気薄調教推奨馬を競馬 ブログランキング(←現在90位くらいの紹介文へ更新)

 

今回は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)でお届けした天皇賞(春)出走馬の考察の一部をお届けします。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

フローラSは推奨穴馬12番人気モズカッチャンが勝利!!

久しぶりに穴馬をお届けしましたが、配信機会3週連続穴馬激走!!

LINEでも情報をお届けします。

※ 下記は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けした穴馬

フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

読者の方からTwitter的中報告(←こちら)を頂きました。送信頂いた方へ心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

 

サトノダイヤモンド

胴が長くややボリュームのある体型など全体のフォルムは、同じディープインパクト産駒であるトーセンスターダムに似ている。ただ、トーセンスターダムの方が上半身にボリュームがあり、スピードタイプに出ている。きさらぎ賞時にこの馬の方が末脚の破壊力という点では上で、トーセンスターダムよりは結果を残せると感じるとお伝えした。

ミッキークイーンともタイプがやや似ており、サトノダイヤモンドの方が決め手で劣る可能性はあると考えたが、その点は誤りであった。レベル次第では春のクラシックでも好走は十分可能とお伝えしたが、ハイレベルのダービーで落鉄しながらハナ差の2着と結果を残しており、想定以上の能力を有していた。

中距離に本質があるが、東京などであればマイル戦にも対応出来るはず。前走神戸新聞杯は馬体の張りという点ではまだ上積みの余地がかなりあり、92,3%くらいの出来にあると感じた。

3000mの菊花賞を勝っているが、高速馬場とペースが落ち着いて瞬発力勝負になった点が追い風となった面もある。

阪神大賞典で上がり最速をマークして勝利しているが、時計の速い馬場でありながら前半1000m61秒5と遅いペースで推移しており、ペースが上がったのはラスト4ハロン。

12.8 – 11.8 – 11.6 – 12.7 – 12.6 – 11.5 – 11.7 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 12.6 – 12.3 – 11.7 – 11.8 – 12.3

菊花賞に関しても道中13秒台のラップを2つ刻み、12秒台後半のラップも2つあったが、この馬は34秒1という上がりをつかっているが、瞬発力勝負の流れが追い風になっていた。

13.0 – 11.3 – 11.0 – 12.4 – 12.2 – 12.7 – 13.6 – 13.2 – 12.3 – 12.7 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.5 – 11.6

ただ、週の半ばまで土曜が降雨の予報となっていたが、タフな条件となればより凡走のリスクが増したが、パンパンの良馬場で行われることは好材料。

 

キタサンブラック

父ブラックタイド、母の父サクラバクシンオーという血統であるが、全体のフォルムから、父の影響が出ているよう。3歳春の時点では距離にはやや限界があると考えたが、長い距離にも対応できる。

3歳秋を迎え、春よりも胴が伸びた印象であったが、距離延長への対応力が増していた。菊花賞では母の父サクラバクシンオーという血統から3000mという距離が懸念されていたが、対応可能と考え、本命に推奨した。

ペースが落ち着いたレースの方がよく、展開の恩恵を受けることが出来るような条件のレースで好走するタイプ。条件が合えばG1でも通用しえ、古馬相手のG1では展開の恩恵が必要とお伝えしてきた。ジャパンカップ、天皇賞(春)、菊花賞、セントライト記念、スプリングSを勝っているが、いずれも前残りに近い形で勝利している。

能力的な面に関しては、好走した有馬記念、ジャパンカップ、そして天皇賞(春)はいずれもスローペースで展開が追い風となっており、内枠の恩恵もあった。3着に終わった宝塚記念が最も内容のあるレースであった。

しかし、競馬が上手く実績を残してきた馬で、実績ほど抜けたものを持っているかと言われるそうではないと考えていたが、今回はその認識を改めた方がいいかもしれない。

有馬記念でサトノダイヤモンドの後塵を拝したが、その際は前でレースをして、サトノノブレスにつつかれたことも影響した。問題は前でレースをする馬が多く、昨年ほどペースが落ち着く可能性が低い点。

 

シャケトラ

父母いずれの影響が出ているか不明だが、脚質やコースを問うタイプのように見受けられない。距離に関しては2000m以上が合うが、長距離に関しては疑問符がつく部分がある。

しかし、過去の好走パターンに符合する部分があり、距離適性の面からリスクもあるが、良馬場であれば追い風となる。

前走日経賞を勝利しているが、ラスト5ハロン辺りから12秒0近辺のラップを刻んでおり、例年よりもタフな流れとなっていた。初重賞で好走しているように能力が高く、前走で厳しいレースを経験したことも好材料。

 

シュヴァルグラン

馬体のタイプとしてはテイエムオペラオーと共通点が多い。背中のラインが長い点など、ジャスタウェイと共通する部分があり、父ハーツクライの影響が出ているようで、いい脚を長くつかうタイプ。

2016年の日経新春杯時に馬体を見た際、デビュー前の馬体写真と比較すると、大幅な成長を感じさせ、良化していた。素質はかなりのものを持っていると感じたが、華奢な点がその後改善されており、さらに成長を感じさせた。

2016年の天皇賞(春)でも前の馬有利のレースの中で後方から猛然と追い込んで3着を確保しており、内容のあるレースを見せている。ジャパンカップはペースが落ち着いて脚を余しており、3着という結果に終わったが、ペースが流れていれば突き抜けていた。今回前でレースをする馬が多いため、昨年のようなスローペースにはなりにくいはず。

 

ゴールドアクター

父スクリーンヒーローと比較すると、こちらの方がパワーにベクトルが傾いているが、心肺機能もまずまず発達している。腹のラインを見ると、ロベルト系のそれで、父系の影響を感じさせる馬体をしており、スピード、パワー、スタミナなど総合力で勝負をするタイプというイメージがある。

菊花賞で3着と好走しているが、あまり完成度が高くない時期に結果を残しており、その点からも素質は高い。ただ、2016年の天皇賞(春)時に、暴力的に強いという印象はないとお伝えし、崩れる結果となったが、やはり能力的な信頼度はそれほど高くはない。

昨年の天皇賞(春)ではスムーズに前目の位置につけることが出来ず、後方からとなれば苦しくなるとお伝えしたが、ペースも落ち着き、ズバリその点が敗因となった。今回ロスのないレースが出来れば。

 

上記は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)でお届けした考察のごく一部。配信ではより馬券に直結する情報をお届けしています。天皇賞(春)の超人気薄の穴馬をお届けしました。

 

天皇賞春 2017 穴馬は? 人気薄出走馬考察

天皇賞春 2017 調教推奨馬

天皇賞春 2017 予想 的中のために欠かせないポイント

天皇賞春 2017 前哨戦のポイント2

天皇賞春 2017 穴馬候補 前哨戦のポイント

天皇賞春 2017 穴馬と危険な人気馬は?

 

もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)ではNHKマイルカップの情報をお届けします。

 

皐月賞で12番人気3着ダンビュライトを本命推奨。複勝1340円的中。

マイラーズカップ◎○△で馬連570円1点、3連単12430円6点的中。

G1の穴馬、自信の穴馬は有料メルマガでのお届けとなりますので、無料穴馬がお役に立っていればお付き合い頂ければ幸いです。

今週は天皇賞(春)がありますが、昨年は13番人気2着カレンミロティックを自信の穴馬に推奨し、3連複32350円本線7点的中。

波乱の年が多くあるレースなので、今年も思い切って人気薄の馬をお届けしたいと思います。

※ 下部に考察サンプルを一部掲載しています。

マイラーズカップ ◎○△ 馬連570円1点、3連単12430円6点的中

皐月賞 複勝1340円的中 12番人気3着ダンビュライト・本命推奨

ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ・穴馬推奨

大阪杯 7番人気2着ステファノス・自信の穴馬推奨

毎日杯 ○◎★ 7番人気3着キセキ・自信の穴馬推奨

フラワーカップ ◎★△ 3連複13990円7点的中 8番人気2着シーズララバイ・自信の穴馬推奨

スプリングS 1着△3着◎

阪神大賞典 1着○3着◎

オーシャンS ○◎▲ 馬連830円本線1点的中

中山記念 ◎☆ 馬連14010円4点的中 8番人気2着サクラアンプルール・穴馬推奨

阪急杯 7番人気1着トーキングドラム・自信の穴馬推奨

アーリントンカップ ◎○▲ 馬連920円2点的中

共同通信杯 ◎★▲ 馬単4860円4点、3連複2260円本線3点、3連単16620円本線3点的中 6番人気2着エトルディーニュ・自信の穴馬推奨

きさらぎ賞 ◎○△ 馬連960円本線1点、3連単14180円12点的中

愛知杯 10番人気2着サンソヴール・本命推奨 複勝570円、ワイド3480円本線3点的中

中山金杯 ◎×

下記の特典レポートもお届けさせて頂きます。予想方法や穴馬や危険な人気馬をみつける方法など、初心者の方にも分かりやすく詳細に解説しています。

1 「競馬で本当に必要な知識」
2 「勝負レース選定法」
3 「能力、適性、状態、穴馬の見極めと的中率を上げる予想法」
4 「危険な人気馬の見つけ方」
5 「レースレベル判定法」
6 「金になる馬 レベルの高い2歳馬 判別データ」
7 「金になる馬 レベルの高い3歳馬 判別データ」
8 「馬体の見方 ~能力、適性、状態を見抜く~」
9 「穴馬ゴールデンパターン ~穴馬を見つけるための全て~ 」
10「勝負の鉄則 ~競馬で安定して勝つための方法~」

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)