土曜重賞 穴馬の特徴は?

Pocket

チューリップ賞は「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬10番人気ラヴェンダーヴァレイが3着に。
アーリントンカップ9番人気2着ダンツプリウスに続き2週連続激走!!
今回は日経賞と毎日杯の穴馬の特徴をお届けします。
高松宮記念など、G1レースの穴馬の特徴は無料メルマガでお届けします。
[日経賞 穴馬好走要因]
2013年9番人気2着カポーティスター:穴馬推奨。ハンデ戦の日経新春杯を勝った後、前走京都記念の敗北で人気が急落していたが、能力的に別定戦の重賞でも通用する素材で評価。
2012年12番人気1着ネコパンチ:体型をみると、中山が合い、降雨により時計のかかる馬場となったことが追い風に。いったいったのレースとなり、展開面での恩恵を受ける形になった。
2010年6番人気1着マイネルキッツ:前年2着と好走しており、この条件は悪くないよう。前走AJC杯も59キロを背負い、前残りのレースながら後方からレースをして4着と善戦。7歳であったが能力の減退もなかった。
2006年8番人気3着ブルートルネード:馬体重の変動が大きい馬でそれに結果や成績が左右される部分がある。前走6キロ、前々走18キロと体重が増えており、このレースで22キロと絞れていたことが好走要因。季節的なものも影響していた。
2004年10番人気3着ダービーレグノ:父が東京で強く中山がいまひとつのトニービンという血統のためか、いまひとつ人気がなかった。通常61秒0近辺で推移することが多いが、前半1000m61秒6とやや遅い流れで推移しキレ味が生きる流れになったことが好走の要因。
[毎日杯 穴馬好走要因]
2015年7番人気1着ミュゼエイリアン:自信の穴馬推奨。馬体をみる限り、十分重賞を勝てる素質があると感じさせた。前走共同通信杯は4着であったが、上位3頭が強すぎ、例年であれば好勝負できていた。
2013年6番人気2着ガイヤーズヴェルト:自信の穴馬推奨。前走はハナ差で先行する馬を捉えることが出来なかったが、ペースも微妙に影響していた。首は高いが、それほどパワーにベクトルが傾いておらず、このコースも合った。
2009年12番人気2着ゴールデンチケット:ダートでしか勝利がなかったが、芝でも2着2回あり。4コーナー2番手と先行しており、前半800m48秒5とペースが落ち着いたことが大きな追い風に。
2008年毎日杯6番人気2着ディープスカイ:前走アーリントンCは3着という結果も、逃げ先行馬で決着しており、脚を余していた。
2008年11番人気3着ミダースタッチ:前走ダートで未勝利脱出も芝でも3着があった。4コーナー13番手というレースであったが、前半800m47秒1とかなり速いペースで推移しており、流れも大きな追い風に。
2007年6番人気2着ヒラボクロイヤル:前走上がり最速をマークして勝利。やや重のレースでも結果を残しており、馬場の悪化が追い風に。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)では重賞レースの穴馬をお届けしています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA