函館スプリントステークス 穴馬と危険な人気馬の特徴は?

Pocket

期間限定で、函館スプリントステークスの予想オッズ2けた人気穴馬候補を競馬 ブログランキング(←現在110位くらい)の紹介文へ更新。

 

LINEでも特別な情報をお届けします。

 

読者の方からTwitter的中報告(←こちら)を頂きました。送信頂いた方へ心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

青葉賞 8番人気3着 アドマイヤウイナー ←的中報告を送って頂いた方へ送信
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ ←有料旧読者へ送信
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
共同通信杯 6番人気2着 エトルディーニュ ←有料旧読者へ送信
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

 

[函館スプリントステークス 消えた人気馬]

2016年
1番人気6着オメガヴェンデッタ:
3番人気4着アクティブミノル:状態に上向く余地があった。
4番人気12着ティーハーフ:
5番人気7着オデュッセウス:1400mの方がよく、能力的にも足りなかった。

2015年
1番人気14着コパノリチャード:。
2番人気5着アンバルブライベン:
3番人気15着ローブティサージュ:腹が薄く出来がよくなかった。
5番人気10着サトノデプロマット:

2014年
1番人気11着ストレイトガール:
2番人気5着フォーエバーマーク:
3番人気9着スマートオリオン:馬体に余裕を感じさせ、プラス6キロ。
5番人気4着セイコーライコウ:能力的に上位の馬に劣った。

2013年
1番人気7着ドリームバレンチノ:
2番人気9着テイエムオオタカ:後手を踏んで持ち味生きず。
4番人気5着スギノエンデバー:

2012年
3番人気4着パドトロワ:
4番人気9着レオンビスティー:腹薄く、マイナス14キロと体重が減っていた。
5番人気6着エーシンリジル:前でレースをする馬で決着し、後方からのレースがネックに。

2011年
4番人気7着ヘニーハウンド:内枠で決着し7枠11番と後方からのレースがネックに。
5番人気8着ケイアイアストン:

2010年
3番人気5着アーバニティ:
4番人気4着キョウエイアシュラ:

2009年
2番人気14着ウエスタンビーナス:平均より1秒近いハイペースとプラス10キロが響いたか。
3番人気5着ゴスホークケン:ハイペースで逃げたことが敗因。

[函館スプリントステークス 穴馬好走要因]

2016年12番人気1着ソルヴェイグ:馬体の面からも古馬相手に重賞で好走できるレベルの能力があり、前走桜花賞で敗れていたが距離短縮でパフォーマンスを上げる結果に。

2015年12番人気3着レンイングランド:有料メルマガで穴馬推奨。デビュー前の馬体写真を見る限り、重賞でも通用しえた。距離短縮が大きなプラス材料となり、コースも合った。前走NHKマイルカップ、4走前のシンザン記念は1600mで距離が長く、5走前のOP特別を勝利しており、1400m以下の距離では底をみせていなかった。

2015年14番人気2着アースソニック:前年のこのレースで勝ち馬と0秒3差という悪くないレースをしており、前年と同じくらいのレベルの出走メンバーであったが、前年よりも能力の上積みがあった。

2014年8番人気1着ガルボ:有料メルマガで穴馬推奨。前半600m33秒8とペースが流れ、決め手が生きたことも追い風になった。前走高松宮記念は不良馬場で敗れているが、重賞で安定して結果を残していた。

2012年11番人気3着ビスカヤ:有料メルマガにて自信の穴馬推奨1600万条件でも敗れているなど、能力的には劣っていたが、人気薄で走ることが多い馬でもあり、休み明けのレースをつかわれて上積みもあった。

2009年8番人気2着タニノマティーニ:この年は札幌で行われたが、前年同じ距離、コースで行われたキーンランドカップでも16番人気ながら勝利しており、距離の面からもベストの条件であったことが好走の要因。休み明けのレースをつかわれた上積みもあった。

2009年12番人気3着ブラックバースピン:長期休養明けであった4走前のオーシャンSを除けば重賞レースで掲示板に載り続けており、前走の大敗で急落していたが不当な評価であった。

2007年6番人気2着サープラスシンガー:休み明けのレースであったが、52キロの斤量を生かして好走。逃げるレースをしたが前半600m33秒8とペースが落ち着いたことも追い風に。

2006年10番人気3着ブルーショットガン:人気薄で馬券に絡むことが多くムラのあるタイプ。前々走の阪急杯でも2けた人気で勝利。前走高松宮記念でも11着に敗れているが、勝ち馬と0秒7差のレースをしていた。

2004年8番人気2着ゴールデンロドリゴ:後方からレースをすすめる馬で展開がはまればという前提はあったが、人気薄で馬券に絡むことが多かった。休み明けでも実績があり、体重は増えていたが前走、前々走はともにマイナス6キロと体重が減っていた。前残りのレースを除けば重賞レースでも善戦していた。

 

宝塚記念の穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

Pocket