共同通信杯 穴馬の特徴は?

Pocket

重賞レースの穴馬は、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。
[共同通信杯 穴馬好走要因]
2011年共同通信杯6番人気2着ユニバーサルバンク:自信の穴馬に推した馬。2番手を追走し、逃げ馬も3着と好走という結果であったが、前半1000m1分1秒6という緩いペースが追い風に。
2009年共同通信杯9番人気3着トップカミング:上がりの速いキレ味勝負で持ち味の生きる流れに。1400m1600mなど短距離をつかわれてきたが、距離延長がプラスに。
2008年共同通信杯6番人気1着ショウナンアルバ:例年よりレベルが低く、人気馬が総崩れのレース。1番人気サダムイダテン、2番人気スマートファルコン、3番人気サブジェクト、4番人気ホッカイカンティなどオープンで結果を残していた馬も多かったが、実態に見合わない人気であったよう。
2008年共同通信杯11番人気3着マイネルスターリー:前走休み明けのレースをつかわれて上積みがあったよう。2歳時のOP特別の萩Sでも上がり最速をマークして3着と好走していた。
2002年共同通信杯7番人気2着サンヴァレー:いちょうS、ジュニアCなど東京マイルで行われるOP特別を2勝。2番人気サスガ、3番人気ココモキング、4番人気アイアムツヨシなどオープンで実績のない馬や実績で劣る馬の方が人気になっていたが、距離延長が懸念されていたよう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA