京成杯 穴馬と危険な人気馬の特徴

Pocket

先週は無料メルマガでお届けした穴馬フェアリーS7番人気モリトシラユリが3着、11番人気ジャストザマリンが4着という結果。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬情報についてつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

下記は京成杯の穴馬と危険な人気馬の特徴の一部。

有料メルマガでは穴馬と危険な人気馬の明確なパターンをお届けしています。

[京成杯 穴馬好走要因]

2016年7番人気2着2着ケルフロイデ:ペースが落ち着いて前有利のレースに。前走京都2歳Sで5着に敗れた際、逃げ馬と2番手追走の馬が上位2頭を占めていたが、ここでは逆に展開が合った。

2013年7番人気1着フェイムゲーム:有料メルマガで本命推奨。兄バランスオブゲームは、中山記念を連覇し、オールカマー、セントライト記念、弥生賞などを制している稀代の中山巧者。この馬も前走中山で2着に0秒4差をつけて初勝利を挙げていた。

2013年9番人気3着ケイアイチョウサン:調教の内容がよかったが、走れる状態にあった。中盤のラップが緩んで、上りの速いレースとなったが、4コーナーで2番手まで押し上げる積極的なレースも功を奏した。

2011年8番人気2着デボネア:調教の内容が非常によくA評価とし高い評価とした。前走で2着に0秒2差をつけてレコード勝ちしていた割には人気もなかった。

2011年7番人気3着プレイ:京都2歳Sで2着と好走しており、実力は示していた。ホープフルSで敗れていたが、その後活躍馬が多く出ていることからもレベルの高いレースであった。器用さも好走の要因。

2009年11番人気3着モエレビクトリー:前半1000m62秒台で推移。勝ち馬が2番手追走で当馬が逃げ、前残りのレース結果。前走まで1000mと1200mのレースをつかわれていたが、血統的に距離延長がプラスに。

2008年12番人気2着ベンチャーナイン:近走凡走も脚を余していた感もあり距離延長もプラスに。調教では全身を使った動きで内容が最もよく、状態のよさが好走の要因。前半1000m60秒8とペースが上がり、決め手が生きる流れも追い風に。

2007年9番人気3着アルナスライン:有料メルマガにて自信の穴馬推奨。前走ダート勝利も芝向きの馬体で、バランスなど能力も高く推奨。前走500万条件勝利の際も0秒5差をつけており能力は確かであった。

2006年5番人気2着トウショウシロッコ:前半1000m62秒8とペースが落ち着き瞬発力勝負に。前走の初勝利まで5戦を要し人気はなかったが、相手なりに走る馬で勝ち味に遅い部分があり、さして人気がなかった。

2003年8番人気3着コスモインペリアル:前半1000m59秒4と速いペースで持続力勝負に。2歳時にOP特別2勝と能力は確かであった。体重が増え続けていたがマイナス6キロと絞れていたことも好走の要因。

2001年8番人気3着ロイヤルキャンサー:前走初勝利のレースが1400mで、1800mで負けていたことからも距離延長が嫌われていた。前半1000m61秒3とペースが落ち着く中を先行し上手く立ち回ったことが好走の要因。

○ 京成杯

2016年
1番人気5着ウムブルフ:気性的な幼さを露呈していたが、デビュー戦も入れ込んでいた。
3番人気10着マイネルラフレシア:後方からのレースとなり、持ち味が生きず、展開も向かなかった。
4番人気6着ユウチェンジ:

2015年
2番人気8着クラージュシチー:能力が足りなかった。
4番人気4着ソールインパクト:
5番人気9着タケルラムセス:

2014年
3番人気10着ラングレー:
2番人気11着エアアンセム:

2013年
1番人気10着フラムドグロワール…出来落ち。
2番人気5着マイネルマエストロ…
4番人気11着ワンダーロード…前走デビュー戦ダートで勝ち上がり、芝の適性がなかった。
5番人気6着ノウレッジ…

2012年
3番人気8着レッドシャンクス…逃げるレースをしたが展開的に厳しかった。
4番人気4着アーデント…

2011年
1番人気12着スマートロビン…前走逃げて勝利するも、このレースでは控えており持ち味が生きなかった。
3番人気14着ジャービス…
4番人気10着ヌーベルバーグ…能力的に足りなかった。
5番人気15着コウヨウレジェンド…

2010年
4番人気4着フラガラッハ…
5番人気8着ブルーグラス…1800mで勝利あるが、距離がネックになった可能性も。

2009年
3番人気7着トゥリオンファーレ…間隔が詰まっており、マイナス6キロと体重が減っていた。
5番人気6着セイクリッドバレー…

 

ランキングが上がっていれば、また情報を更新していきます。一日一回クリックの協力をお願いします↓


中央競馬 ブログランキングへ

 

 

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

 

Pocket