穴馬2着に 京成杯回顧 次走くる馬こない馬

Pocket

京成杯は無料メルマガでお届けした穴馬7番人気ガンサリュートが2着に。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬情報についてつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

○ 京成杯

過去のレースと比較すると、今年はまずまず層が厚い印象があった。

レース前に脚質、枠の有利不利はないと判断し、ほぼ想定したとおりの状況であったが、前半1000m61秒6、後半60秒9とやや緩い流れで推移している点から、若干前有利のペースではあった。

勝ったコマノインパルスは前走葉牡丹賞で、後にホープフルSを勝利するレイデオロに並ぶ間もなく交わされ2着に敗れていたが、体重が10キロ増えていた。

しかし、京成杯ではマイナス2キロという前走と変わらない水準の体重で、葉牡丹賞も余裕残しはなかったと考えられる。

このレースの評価とは関係ないが、相対的にレイデオロの評価は高まる。

やはり、それを考えると、このレースで敗れている馬はごく一部を除き、クラシックでは厳しいという結論になる。

ガンサリュートは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))で穴馬推奨。

先行して勝利した前走とは一転して後方からレースをすすめ、上がり最速をマークして2着と好走する結果に。

15番人気で4着と惜しいレースをしたジュニエーブルも前走まで先行していたが、このレースでは末脚を生かすレースをしており、脚質転換が功を奏した形に。

バリングラは距離が響いたかもしれない。次走以降マイル戦などで、巻き返してもおかしくはない。

人気を裏切ったポポカテペトルは過大な評価であったため、馬券の対象から外した。

イブキは休み明けにくわえ、直線で包まれた影響も大きかった。

サーベラージュは直線で包まれて、外に持ち出そうとした際に体をねじるようなレースとなっており、より大きな不利があったが、全く力を発揮することが出来なかった。

スタートで後手を踏んだことが、包まれた遠因となっていたが、スタートのタイミングで立ちあがりかけていた。

そのため、騎手の責任ではないかもしれないが、運が悪かったと言うしかない。

 

ランキングが上がっていれば、また情報を更新していきます。一日一回クリックの協力をお願いします↓


中央競馬 ブログランキングへ

 

 

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

 

Pocket