ヴィクトリアマイル 2017 予想 穴馬と危険な人気馬は?

今回は過去ヴィクトリアマイルで人気薄で走った穴馬の特徴と、消えた人気馬の特徴を一部お届けします。

ヴィクトリアマイルの穴馬候補、ヒントを競馬 ブログランキング(←現在90位くらいの紹介文へ更新)

 

読者の方からTwitter的中報告(←こちら)を頂きました。送信頂いた方へ心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

青葉賞 8番人気3着 アドマイヤウイナー ←的中報告を送って頂いた方へ送信
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ ←有料旧読者へ送信
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
共同通信杯 6番人気2着 エトルディーニュ ←有料旧読者へ送信
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

LINEでも情報をお届けします。

 

[ヴィクトリアマイル 穴馬好走要因]

2016年7番人気1着ストレイトガール:それほどペースが速くなく、ミッキークイーン、ショウナンパンドラといった実力馬よりも前でレースができた点が勝因。外枠に入りながら、内をまわってスムーズにロスのないレースをしており、鞍上の腕によるところも大きかった。

2015年12番人気2着ケイアイエレガント:有料メルマガで穴馬推奨。勝利した1月末の京都牝馬S以来のレースが嫌われ、プラス10キロと体重も増えていたが、すっきりと仕上がっており、同じ水準の馬体重で好走している点からも問題なかった。

2015年18番人気ミナレット:実績はハンデ戦のOP特別を50キロという恵量で勝利したくらいであったが、前走福島牝馬Sは前半46秒8とペースが流れながら先行して勝ち馬と0秒2差に粘っていた。1400mで3勝していたように距離短縮がプラスとなった。

2014年11番人気1着ヴィルシーナ:有料メルマガで自信の穴馬推奨。前年の覇者であったが、近走の凡走により、人気が落ちていた。ただ、上半身にボリュームがある時の方が走る馬で、東京新聞杯時と比較すると確実に復調していたことが好走の要因。能力的に上位にあった。

2013年12番人気2着ホエールキャプチャ:前走阪神牝馬Sで敗れていたが休み明けであった。前年の覇者であったが、近走結果が出ておらず評価が急落していた。

2012年7番人気2着ドナウブルー:前走中山牝馬Sは条件が合わない舞台であったが、東京芝1600mは条件としてベスト。本格化を感じさせ高い評価とした。

2010年8番人気2着ヒカルアマランサス:前走阪神牝馬Sはコースが合わなかった。前半800m45秒5と決して遅い流れではなかったが、元来能力が高く、粘ってブエナビスタを追い詰める結果に。

2010年11番人気3着ニシノブルームーン:牝馬ながら重厚なつくりをした体型からペースが上がった方がいい馬で、前半800mと例年より速い流れになったことも追い風に。休み明けであったが太めはなく、父タニノギムレットという血統で東京コースも合った。

2009年11番人気2着:ブラボーデイジー: 1800m2000mでしか実績がなかった点が敬遠された部分があるが、内枠から先行して前半80046秒7と遅い流れとなったことが追い風になり、展開の恩恵を受けたことが好走要因。

2007年12番人気1着コイウタ:穴馬に推した馬。前走ダービー卿CTで2着と好走。先行して前半800m46秒6とペースが落ち着いたことが追い風になったが、瞬発力を有していたことが2着馬と明暗を分けた点。

2007年9番人気2着アサヒライジング:前年の秋華賞で2着、エリザベス女王杯でも3歳ながら0秒1差の4着とトップレベルの実力。たたき3走目で増えていた体重も減り続けており、まさに走り頃であった。

2007年8番人気3着デアリングハート:穴馬推奨した馬。いかにもサンデー系のマイラーといった馬体をしており、この条件はベスト。2着と好走したNHKマイルカップと同じようにスローの瞬発力勝負となったことが好走の要因。

[ヴィクトリアマイル 消えた人気馬]

2016年
3番人気4着スマートレイアー:
4番人気5着ルージュバック:
5番人気8着クイーンズリング:馬体が立派でプラス10キロと増えていた。

2015年
1番人気6着ヌーヴォレコルト:
2番人気7着ディアデラマドレ:ペースが落ち着き脚を余す結果に。
3番人気4着レッドリヴェール:
4番人気5着カフェブリリアント:小回りコースのほうがよく、後方からのレースも響いた。

2014年
1番人気8着スマートレイアー:包まれて脚を余す結果に。
2番人気4着ホエールキャプチャ:
4番人気7着デニムアンドルビー:
5番人気16着ウリウリ:能力的に劣り、大外枠も厳しかった。

2013年
2番人気6着ハナズゴール:
3番人気14着サウンドオブハート:
4番人気4着ジョワドヴィーヴル:上り最速をマークするも、後半の時計の方が速く届かず。

2012年
1番人気5着アパパネ:
2番人気16着オールザットジャズ:
5番人気15着フミノイマージン:距離が忙しく、ペースが落ち着き合わなかった。

2011年
4番人気7着アニメイトバイオ:
5番人気17着アプリコットフィズ:牝馬特有のスランプ。

2010年
2番人気4着レッドディザイア:
3番人気13着ラドラーダ:能力的に足りず、血統から過大評価であった。
4番人気5着ブロードストリート:

2009年
2番人気8着カワカミプリンセス:
3番人気6着リトルアマポーラ:
4番人気4着ザレマ:瞬発力勝負が合わず、馬体の張りもひと息。
5番人気16着レジネッタ:8枠17番に入り、展開も合わず。

ヴィクトリアマイル 2017 穴馬候補

ヴィクトリアマイル 2017 予想 出走馬のレベルと信頼度

ヴィクトリアマイル 前走から巻き返す穴馬はいるか?

 

オークスの穴馬と危険な人気馬の情報を、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

 

G1の穴馬、自信の穴馬は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)でのお届けさせて頂きます。無料穴馬がお役に立っていればお付き合い頂ければ幸いです。

※ 下部に考察サンプルを一部掲載しています。

京都新聞杯 △△◎

天皇賞(春) ○◎▲ 馬連1040円本線2点的中

青葉賞 8番人気3着アドマイヤウイナー・穴馬推奨

マイラーズカップ ◎○△ 馬連570円1点、3連単12430円6点的中

皐月賞 複勝1340円的中 12番人気3着ダンビュライト・本命推奨

ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ・穴馬推奨

大阪杯 7番人気2着ステファノス・自信の穴馬推奨

毎日杯 ○◎★ 7番人気3着キセキ・自信の穴馬推奨

フラワーカップ ◎★△ 3連複13990円7点的中 8番人気2着シーズララバイ・自信の穴馬推奨

スプリングS 1着△3着◎

阪神大賞典 1着○3着◎

オーシャンS ○◎▲ 馬連830円本線1点的中

中山記念 ◎☆ 馬連14010円4点的中 8番人気2着サクラアンプルール・穴馬推奨

阪急杯 7番人気1着トーキングドラム・自信の穴馬推奨

アーリントンカップ ◎○▲ 馬連920円2点的中

共同通信杯 ◎★▲ 馬単4860円4点、3連複2260円本線3点、3連単16620円本線3点的中 6番人気2着エトルディーニュ・自信の穴馬推奨

きさらぎ賞 ◎○△ 馬連960円本線1点、3連単14180円12点的中

愛知杯 10番人気2着サンソヴール・本命推奨 複勝570円、ワイド3480円本線3点的中

中山金杯 ◎×

下記の特典レポートもお届けさせて頂きます。予想方法や穴馬や危険な人気馬をみつける方法など、初心者の方にも分かりやすく詳細に解説しています。

1 「競馬で本当に必要な知識」
2 「勝負レース選定法」
3 「能力、適性、状態、穴馬の見極めと的中率を上げる予想法」
4 「危険な人気馬の見つけ方」
5 「レースレベル判定法」
6 「金になる馬 レベルの高い2歳馬 判別データ」
7 「金になる馬 レベルの高い3歳馬 判別データ」
8 「馬体の見方 ~能力、適性、状態を見抜く~」
9 「穴馬ゴールデンパターン ~穴馬を見つけるための全て~ 」
10「勝負の鉄則 ~競馬で安定して勝つための方法~」

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)