ユニコーンS 穴馬と危険な人気馬の特徴は?

Pocket

期間限定で、函館スプリントステークスの予想オッズ2けた人気穴馬候補を競馬 ブログランキング(←現在110位くらい)の紹介文へ更新。

 

LINEでも特別な情報をお届けします。

 

読者の方からTwitter的中報告(←こちら)を頂きました。送信頂いた方へ心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

エプソムカップは無料メルマガでお届けした穴馬6番人気マイネルハニーが3着、12番人気クラリティシチーが4着に。

エプソムカップ 6番人気3着 マイネルハニー
青葉賞 8番人気3着 アドマイヤウイナー ←的中報告を送って頂いた方へ送信
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ ←有料旧読者へ送信
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
共同通信杯 6番人気2着 エトルディーニュ ←有料旧読者へ送信
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

 
[ユニコーンS 消えた人気馬]

2016年
4番人気6着ダノンフェイス:ペースが落ち着いて脚を余した感がある。
5番人気5着クインズサターン:前有利の流れで上位も強かった。

2015年
1番人気4着ゴールデンバローズ:
4番人気12着アクトクレッセント:
5番人気5着ブチコ:

2014年
1番人気12着アジアエクスプレス:
2番人気9着メイショウパワーズ:馬体を見る限り余裕があり、プラス6キロと体重が増えていた。
5番人気6着ペアン:直線で詰まった。

2013年
2番人気8着チャーリーブレイヴ:
4番人気10着サマリーズ:
5番人気13着エーシンレンジャー:D1600mで1戦して4着という結果。実績が1400mまでで距離が敗因。

2012年
3番人気6着キングブレイク:1800m以上のレースしか出走経験がなく距離が忙しかった。
4番人気11着レッドクラウディア:
5番人気4着ネクタル:故障があったよう。

2011年
4番人気9着エーシンブーン:
5番人気13着ビッグロマンス:3歳以降は結果を残せず早熟だったよう。

2010年
3番人気4着スターボード:
5番人気9着タイムカード:

2009年
4番人気12着ミッキーペトラ:初ダートであったが、適性が乏しかった。
5番人気5着オウケンマジック:

[ユニコーンステークス 穴馬好走要因]

2015年9番人気2着ノボバカラ:前走青竜Sで4着に敗れて人気を落としていたが、時計の速い馬場の方が合うようで、やや重の馬場でパフォーマンスを上げた。

2013年11番人気3着ケイアイレオーネ:有料メルマガで自信の穴馬推奨。1400mで2勝しており、1600mで実績のない点が嫌われていたが、距離延長はプラス材料で、条件はベストに近かった。能力的にも中央の重賞レースで通用するだけのものは充分あり、重賞を複数勝ってもおかしくない素質を有しているとお伝えした.

2013年8番人気3着サウンドトゥルー:有料メルマガで穴馬推奨。東京コースで結果を残しており、調教でも動いていた。

2012年8番人気3着タイセイシュバリエ:有料メルマガで穴馬に推奨。3走前の500万条件を勝った際、先行して押し切る強い内容をみせていた。このコースの適性を有していた点も好走の要因。

2007年7番人気3着ナムラジョンブル:前走、前々走と連勝も、D1800mで1分53秒5と持ち時計がいまひとつのためか人気がなかったよう。ただ、前走は2着に0秒4差をつける完勝劇をみせていなかった。

2006年7番人気2着ヤマタケゴールデン:ダート初挑戦や初距離の人気馬が人気を裏切り中波乱の結果に。

2002年7番人気1着ヒミツヘイキ:船橋所属も3-1-0-0という戦績で底をみせていなかった。マイペースで先行するレースでいったいったの結果に。

 

宝塚記念の穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

Pocket