今週は12番人気穴馬激走、マイラーズカップ的中!!

Pocket

天皇賞(春)の予想のヒントを競馬 ブログランキング(←現在90位くらい)の紹介文へ更新。

 

フローラSは推奨穴馬12番人気モズカッチャンが勝利!!

久しぶりに穴馬をお届けしましたが、3週連続穴馬激走!!お役に立っていれば、Twitter(←クリック)へ的中報告頂ければ幸いです。

次週以降の穴馬のお届けは未定ですが、お役に立っていればまたお届けしますのでよろしくお願いします。

LINEでも情報をお届けします。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)は皐月賞で12番人気3着ダンビュライトを本命推奨。複勝1340円的中。

マイラーズカップ◎○△で馬連570円1点、3連単12430円6点的中。

下記は有料メルマガでお届けした考察の一部です。今後の予想の参考となれば幸いです。

 

[マイラーズカップ 結論]

エアスピネルは間隔が空いているが、前走東京新聞杯より張りが増しており上向いている。前走は結果に物足りなさを感じたが、出来が本物でなかったためと思われ、今回はパフォーマンスを上げる可能性が高い。脚質的な面から評価が必要。

イスラボニータは馬体のメリハリ、皮膚の質感ともに良好で昨秋よりもいい。出来のよさは出走馬の中でも随一。昨年の秋は安定して結果を残したが、阪神カップは距離不足で条件合わず、マイルCSは前でレースをしたミッキーアイル有利な流れ。能力的にはここでも最上位。高い評価が必要となる。

ブラックスピネルは前走東京新聞杯を勝っているが、展開の恩恵があった。休み明けの影響をやや感じさせるためやや優先順位が下がる。ただ、前走よりも馬体が締まっており、パフォーマンスを上げる可能性はある。前でレースをするため印をまわすことは検討したい。

プロディガルサンは前走金鯱賞で敗れているが掛かっており力を出せなかった。スピードの絶対値で劣り、前有利の馬場はマイナスとなりえ、決め手で勝負をするタイプである点から押さえまでとなる。

フィエロは能力の減退はなく距離、コースは合うが、開幕週の馬場は脚質的な面から割り引き必要。状態も特別よく見せないため優先順位が下がる。

ヤングマンパワーは前でレースが出来る点は好材料。前々走マイルCSは後手を踏んでおり、前走東京新聞杯は状態がよくなかった点が凡走の要因か。その前は連勝しており底は見せていない。ただ、馬体写真がないため状態を確認できない点が頭の痛いところ。

サンライズメジャーは2015年に2着と好走しているが、前でレースをしており展開の恩恵が大きかった。出来は申し分なく、能力の減退も明確ではない。今年の方がレベルは高く近走控えるレースをしている点から割り引いて考える必要がある。

ダッシングブレイズは距離、コースとも合う。今回は相手が強いが、OP特別で結果を残していた昨年より体重が増えており、能力的な上積みがある可能性がある。問題は脚質で、開幕週の高速馬場出は脚を余すリスクがある。

クルーガーは昨年の覇者だがそれ以来のレースで、昨年の勝利は内枠の恩恵があった。今年の方が相手は強く脚質的な面からも厳しい。

シェルビーは相手が強く厳しい。

アクションスターは近走の内容から厳しい。

2016年はネオスターダム、ダノンリバティといった前走で結果を残していた馬は過剰人気であったが、ダノンシャーク、フィエロといったG1実績馬が出走しており、レベルは比較的高かった。新鋭クルーガーが勝利したが、内枠決着のレースに。

2015年はフィエロが出走していたが、フルーキー、サンライズメジャー、テイエムタイホーといったG3、OP特別レベルの馬が人気になっており、レベルが低かった。それもあってから前残りの結果に。

2014年は復活したワールドエース、本格化したフィエロ、全盛時のエキストラエンドが上位を占める結果に。ガチガチの結果になったが、上位3頭と下位の能力差が大きかった。

2013年はグランプリボス、カレンブラックヒル、本格化したダノンシャーク、全盛時のクラレントなどが出走しており、レベルの高いレースであった。しかし、外が伸びる馬場で外枠の馬が上位にくる結果に。

2012年は前年のマイルCS1,2着であるエイシンアポロン、フィフスペトルの2頭が出走していたが、マイルCS後、結果を残すことが出来ず、リアルインパクトは関西圏がダメな馬で、ダノンシャークも本格化前。実質的にはレベルが低かった。

レースレベルに順をつけると、2013年>2014年>2016年>2012年>2015年という順。

レベルの高さが必ずしも結果に反映されるとは限らず、開幕週でなおかつ高速馬場ということもあり、馬場の影響が強い。

2017年は層がかなり厚い印象で、押しなべて状態がいい。

それにくわえ、良馬場で行われ逃げ先行馬有利になる可能性があるが、実力馬に前でレースをする馬が多い点からも平穏な結果となる可能性が高い。

能力的にはイスラボニータ、エアスピネルが上位にありフィエロが続く。

クルーガーは馬体写真がないため微妙だが、ヤングマンパワー、ブラックスピネル、プロディガルサンはやや落ちる。

今回は前でレースをする馬を上位にとり、状態がいいイスラボニータと心中する。

[推奨馬]

◎ イスラボニータ
○ エアスピネル
▲ ブラックスピネル
△ ヤングマンパワー

馬連
◎→○ 1点

3連単
◎→○▲→○▲ 本線2点
◎→○▲→△ 穴2点
◎→△→○▲ 穴2点

 

※ 下記は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))

でお届けした穴馬

フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)の次回配信では天皇賞(春)の情報をお届けします。

 

有料メルマガ有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)はこれからいい予想が出来ているレースが続きます。自信の穴馬、G1の穴馬は有料メルマガでのお届けとなりますのでお付き合い頂ければ幸いです。

天皇賞(春) ▲★○ 3連複32350円本線7点的中 13番人気2着カレンミロティック・自信の穴馬推奨

新潟大賞典 ★○▲ 馬連5190円本線2点的中 10番人気1着パッションダンス・自信の穴馬推奨

京王杯SC △◎△ 馬連4380円本線4点的中 7番人気2着サンライズメジャー・本命推奨

ヴィクトリアマイル △◎ 馬連3510円3点的中

オークス ×◎○

ダービー ◎▲ 馬連700円2点的中

安田記念 8番人気1着ロゴタイプ・自信の穴馬推奨

下記の特典レポートもお届けさせて頂きます。予想方法や穴馬や危険な人気馬をみつける方法など、初心者の方にも分かりやすく詳細に解説しています。

1 「競馬で本当に必要な知識」
2 「勝負レース選定法」
3 「能力、適性、状態、穴馬の見極めと的中率を上げる予想法」
4 「危険な人気馬の見つけ方」
5 「レースレベル判定法」
6 「金になる馬 レベルの高い2歳馬 判別データ」
7 「金になる馬 レベルの高い3歳馬 判別データ」
8 「馬体の見方 ~能力、適性、状態を見抜く~」
9 「穴馬ゴールデンパターン ~穴馬を見つけるための全て~ 」
10「勝負の鉄則 ~競馬で安定して勝つための方法~」

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)

Pocket