フェブラリーS勝ち馬の将来性 2017 阪急杯 予想 穴馬候補

Pocket

2017阪急杯の2けた人気穴馬候補を競馬 ブログランキング(←現在60~70位くらい)の紹介文へ更新。

 

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けしています。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

○ フェブラリーS

過去の前半800mと後半800mの時計をみると、良馬場であれば前半800mは47秒近辺で推移することが多い。

レース時計は1分34秒台で決着することが多く、1分34秒6という時計が最速で、1分34秒7、1分34秒8という時計も出ているが、いずれもやや重より馬場が悪化して時計の速い馬場であった。

2017年は前半800m46秒2と速い流れで推移し前の馬には厳しい流れで推移し、レース時計は1分35秒1という時計で決着。

2017年 ゴールドドリーム 1.35.1 前半46.2 後半48.9

2016年 モーニン 1.34.0 (重) 前半46.1 後半47.9

2015年 コパノリッキー 1.36.3  前半46.9 後半47.0

2014年 コパノリッキー 1.36.0  前半48.0 後半48.0

2013年 グレープブランデー 1.35.1  前半46.5 後半48.6

2012年 テスタマッタ 1.35.4  前半46.6 後半48.8

2011年 トランセンド 1.36.4  前半47.9 後半48.5

2010年 エスポワールシチー 1.34.9  前半47.0 後半47.9

2009年 サクセスブロッケン 1.34.6 (やや重) 前半47.0 後半47.6

2008年 ヴァーミリアン 1.35.3  前半46.7 後半48.6

2017年は2016年のメンバーにカフジテイク、ゴールドドリーム、サウンドトゥルーなどがくわわり、前年よりもレベルが高く、水準かそれより上くらいになると感じるとレース前にお伝えした。

レース前に想定した通り、上位の馬の層がかなり厚く死角が少なかった点から、人気薄の馬の出番はなかった。

勝ったゴールドドリームは条件が非常に合った点と、状態がよかったことの2点が勝因。

条件を選ぶ部分があり、コパノリッキーのように前でレースをするタイプでないため、地方のG1で勝利を積み重ねていったコパノリッキー、ホッコータルマエ、エスポワールシチー、ヴァーミリアンまでの戦績は残さないはず。

ただ、マイルG1で結果を残す可能性があり、過去のフェブラリーS勝ち馬であるグレープブランデー、テスタマッタといった馬よりは活躍するかもしれない。

1番人気を裏切ったカフジテイクであるが、レース後の鞍上のコメント通り、位置取りが後ろ過ぎた。

2着ベストウォーリアは頑張ったが、カフジテイクの騎乗にも助けられた感がある。まだまだ能力の衰えはない。

4着はエイシンバッケンが入ったが、3着馬とは差がついており、距離の面で限界があった。

5着に距離が長かったにもかかわらず14番人気ニシケンモノノフが入ったが、出来が上向いていた点が善戦した要因。その点から競馬 ブログランキングで穴馬候補とした。

人気を裏切ったノンコノユメは現時点では去勢がマイナスとなっている感は否めない。

モーニンはペースも速く、砂をかぶる位置もよくなかった。

コパノリッキーは先行したがペースが速く、展開が厳しかった。

無料メルマガで穴馬に推した12番人気デニムアンドルビーは、過去軽視してきた人気を裏切った芝馬よりは買う価値があると感じたが、ダートの適性に関しては見当違いだった。

 

情報がお役に立っていれば、一日一回クリックをお願いします。更新のモチベーションとなります↓

競馬 ブログランキング

2017阪急杯の予想オッズを見ると下記のよう。

シュウジ
ロサギガンティア
ブラヴィッシモ
ミッキーラブソング
ムーンクレスト
ヒルノデイバロー
テイエムタイホー
ダイシンサンダー
トーキングドラム
メドウラーク
ナガラオリオン
ファインニードル
カオスモス
ヴァイサーリッター

2017阪急杯の2けた人気穴馬候補を競馬 ブログランキング(←現在60~70位くらい)の紹介文へ更新。

 

もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)では穴馬や危険な人気馬の特徴などをお届けしています。

Pocket