フィリーズレビュー 2017 予想 穴馬と危険な人気馬は?

Pocket

平日限定、フィリーズレビューの2けた人気穴馬候補を、競馬 ブログランキング(←現在70位くらい)

 

 

弥生賞は「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けした穴馬8番人気マイスタイルが2着に。

阪急杯は7番人気トーキングドラムが勝利、中山記念は8番人気サクラアンプルールが2着に激走!!

 

[フィリーズレビュー 穴馬好走要因]

2016年8番人気1着ソルヴェイグ:このレース後も1400m以下の距離で結果を残していくが、これまで1勝を挙げただけであったが、近走は馬場が悪化しており。良馬場の時計の速い馬場に変わってパフォーマンスを上げた。

2015年7番人気2着ペルフィカ:本質はマイル近辺にあるが、1800mよりも1400mの方が、坂のあるコースが合うなど条件はベストに近かった。馬体を見る限り、全体のバランスは良好で、重賞を勝てるだけの素質はあった。前走こぶし賞も休み明けであったが、優秀な内容をみせていた。

2014年13番人気2着二ホンピロアンバー:有料メルマガで自信の穴馬に推奨。馬体をみると、過去の勝ち馬と共通点があり、傾向に符合した点が好走の要因。前でレースをしてペースが落ち着いた事も追い風に。

2012年8番人気2着ビウイッチアス:有料メルマガにて穴馬に推した馬。ほぼベストの条件で、充分重賞レースで好走出来るだけのものを持っていると感じ、レースをつかわれている点はアドヴァンテージになりえるため推奨。週中はかなり降水量があったようで、馬場の悪化も追い風となっていた。

2012年7番人気3着プレノタート:芝1400mで2勝しており、距離短縮がプラス材料となった。前走クイーンカップは2ヵ月振りのレースながら、マイナス12キロと体重を減らしていたが、このレースではプラス6キロと戻しており復調していたよう。

2011年6番人気2着スピードリッパー:兄にポップロックがいる血統で、前走フェアリーSで2着と、結果も残していたが何故か人気がなかった。前半800mが46秒をきるハイペースで推移し、上位は後方からレースをすすめた馬が占めたが、それが大きな追い風となった。

2010年9番人気1着サウンドバリアー:前走エルフィンSは前残りで展開が向かなかったが、前半800m47秒1とペースが緩んで瞬発力が生きる流れとなり末脚一閃。

2009年6番人気1着ワンカラット:前走阪神JFは距離が長く、距離短縮がプラスに。休み明けであったが体重がマイナス2キロという数字で馬体もみても仕上がっており、むしろ状態はよかった。スプリント寄りの短距離馬でこの条件も合った。

2009年15番人気3着レディルージュ:有料メルマガで穴馬推奨。調教でA評価とした状態がよかった。前走阪神JFは距離が長かったが、前々走白菊賞は上位を差し追い込み馬が占める中で、先行して押し切る強い内容でその点も評価した。

2008年11番人気1着マイネレーツェル:距離短縮と道中11秒台のラップを刻み続け、後方からレースをする馬が上位を独占する流れが追い風に。

2008年7番人気2着ベストオブミー:前走は500万条件で2着に1秒近い差をつけて勝利しており、能力の高さをみせていたが、道中11秒台のラップで推移する厳しい流れも合った。

 

[フィリーズレビュー 消えた人気馬]

2016年
3番人気16着ナタリーバローズ:
4番人気4着ダイアナヘイロー:前有利の展開で、後方からレースをしていたが、脚を余す結果に。
5番人気8着メイショウスイヅキ:

2015年
3番人気16着コートシャルマン:能力が足りず、条件も合わなかった。
4番人気5着ラッツォルファート:ここでは実力不足であった。
5番人気7着レオパルディナ:

2014年
1番人気5着ホウライアキコ:
3番人気8着ヤマノフェアリー:故障したよう。
4番人気9着ホッコーサラスター:後方からのレースで流れが合わなかった。
5番人気6着ダンスアミーガ:

2013年
1番人気11着サンブルエミューズ:
2番人気8着サウンドリアーナ:マイナス16キロと体重が大幅に減っており、体調に問題があった。
5番人気5着シーブリーズライフ:

2012年
2番人気4着イチオクノホシ:
3番人気9着アンチュラス:
4番人気6着ラシンティランテ:馬体を見る限り距離が忙しかった。
5番人気7着レッドクラウディア:父アグネスタキオンという血統により過大な評価であった。

2011年
1番人気4着ドナウブルー:
2番人気7着フォーエバーマーク:
4番人気10着ツルマルワンピース:500万条件を勝った際、不良馬場であった。近走結果が出ていなかったが何故か人気に。

2010年
2番人気12着ラブミーチャン:
3番人気13着テイラーバートン:馬体をみると胴長で距離が忙しかった。
4番人気4着ロジフェローズ:

2009年
1番人気4着ミクロコスモス:
2番人気7着ショウナンカッサイ:
4番人気9着スイリンカ:ペースが落ち着き、脚を余す結果に。
5番人気11着パールシャドウ:

 

金鯱賞、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークス、スプリングS、阪神大賞典、フラワーカップの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

スプリングS、阪神大賞典、フラワーカップ、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスの穴馬の穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

Pocket