ダービー 前哨戦のポイント

Pocket

オークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方・空メールで登録))で推奨した穴馬10番人気ジェラシーが惜しくも4着という結果。

福島牝馬ステークスは推奨穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利!!チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど、2けた人気を中心に穴馬を配信しています。

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。

[ダービー 前哨戦のポイント]

○ 京都新聞杯

近年のレース時計は2分11秒台以下で決着しており、降雨の影響もあったかもしれないが、2分12秒6と遅い決着。

ただ、前半1000mは59秒台が水準となるが、60秒8とペースが落ち着いており、その点がレース時計と結果に影響した。

勝ったスマートオーディンは馬場状態と距離を懸念したが、馬場が回復しており、2000m以上も決め手を生かせば問題ないよう。

ただ、今年は2勝以上挙げている馬が3頭しかおらず、レベルが低かった。

○ 青葉賞

当日の芝1600mの500万条件、1000万条件で1分33秒台の時計が出ていたが、例年よりも速い時計。

青葉賞のレース時計も2分24秒2と速かったが、前半1000m61秒3という時計も水準のペースで、馬場状態が影響していた。

勝ったヴァンキッシュランは馬場の恩恵もあった。

2着レッドエルディストは馬場とペース、直線で外を回しながら鋭く伸びていることを考えると悪くない内容。

上がり2位は勝ち馬がマークしているが、それより0秒6も速い時計をマークしている。

プロディガルサンは休み明けで上積みの余地は大きいと考えられる。

○ 皐月賞

レース時計が1分57秒9というレースレコードで決着したが、馬場状態はよかった。前半58秒4、後半59秒5と、後半の方が1秒以上時計のかかるタフな流れとなり、かなりのハイペースで推移。

勝ったディーマジェスティはペースが上がったことが追い風となり、坂のあるコースも合った。

マカヒキは瞬発力勝負の方が合ったことと、坂のあるコースの適性で劣ったことが敗因。

ただ、今回のレース内容をみると、ペースが落ち着いていれば、前の馬を捉えることは出来なかっただろう。

サトノダイヤモンドはきさらぎ賞以来のレースということもあり、状態面に上積みの余地があった。

エアスピネルは距離を克服したが、勝ち馬との勢いの差は不利がなくても厳しかった。

先行して敗れたリオンディーズはさすがにペースが速く、それが最後によれたことにつながった。

強風によりスタートが遅れたことや、出走馬のテンションが上がったことなども、このペースに影響したか。スタミナ面においても、強風の物理的な影響もあったはず。

このペースで強気なレースをして4位入線と粘っており、能力は高いが、厳しいレースをした反動が怖い。

ロードクエストは器用さを欠く馬で、今回のコースは合わなかった。

マウントロブソンは先行して展開も厳しかった。

2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA