ターコイズステークス 穴馬

Pocket

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方から頂戴した的中報告(←こちら)を頂戴しています。

○ ターコイズステークス 穴馬

マイネグレヴィル

丸みを帯びたフォルムをみると、父ブライアンズタイムの特徴が出ている。中山などが合い、距離は中距離の方がよく、1800m2000m辺りが守備範囲となる。

後肢のつくりや全体のフォルムから前でのレースが合う。

2着と好走したフラワーカップは前でレースをする馬が上位を占める結果となったが、条件はほぼベストであっ た。

距離は対応可能。近走いまひとつ結果が出ていない点から、やや優先順位は下がるが、好走の可能性はなくはない。人気がなければ印をまわしたい。

ペイシャフェリス

手脚や胴長長めでその点は父スペシャルウィークの特徴が出ているが、上半身にやや窮屈な部分があり、その点は母方のケープクロスの影響かもしれない。

ただ、首が高くなく、距離は1800mまで合うと考えたが、肩や胴のつくり、走法から1600mがベストか。

馬体を見る限り重賞を勝てるだけの能力を持っていると考えたが、フットワークが小さい点は能力的にマイナス材料。

別定戦の重賞では厳しいと感じるが、ハンデ戦で何らかの外的な要因があればといった感じ。

近走結果が出ていない点と、それほどパワーにベクトルが傾いている印象がない点は気になるが、人気がなければ印をまわすことを検討したい。

もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)では重賞レースの考察や穴馬の特徴など、予想に役立つ情報をお届けしています。

Pocket