シンザン記念 フェアリーS 回顧 次走くる馬こない馬

Pocket

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬情報についてつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

有料メルマガではより馬券に直結する回顧をお届けしています。

○ フェアリーS

日曜は降雨があったため、10RサンライズSは例年よりも時計がかかっており、徐々に降雨の影響が大きくなっていったよう。

フェアリーSの過去のレース時計、前半800m、後半800mのレース時計をみると、1分35秒0近辺が水準となる。

また、前半800mは47秒台でスローペースと判断できる。

2017年 ライジングリーズン 1.34.7  前半46.1 後半48.6

2016年 ビービーバーレル 1.34.3  前半47.5 後半46.8

2015年 ノットフォーマル 1.35.2  前半48.1 後半47.1

2014年 オメガハートロック 1.36.3  前半48.1 後半48.2

2013年 クラウンロゼ 1.34.7  前半47.7 後半47.0

2012年 トーセンベニザクラ 1.35.5  前半47.8 後半47.7

2011年 ダンスファンタジア 1.33.7  前半45.1 後半48.6

2010年 コスモネモシン 1.34.8  前半45.0 後半49.8

2009年 ジェルミナル 1.36.5  前半48.6 後半47.9

2017年は1分34秒台での決着であったが、前半800m46秒1とペースが速かったためで、前でレースをする馬には厳しい流れ。

7番人気3着モリトシラユリ、11番人気4着ジャストザマリンは無料メルマガで穴馬に推奨。モリトシラユリは条件が変わって信頼度が下がるかもしれない。

コーラルプリンセスはスタートがひと息だったことが響いたが、まだ見限ることができない。

ペースが上がって後方からレースをする馬が上位にきていたが、2番手以下を離して逃げていたツヅクはオーバーペースであった。

勝ったライジングリーズンは展開が嵌った感がある。

出走馬のレベルが低かったことや馬体を見る限り、現状、重賞で好走の可能性があると感じる馬は少ないように感じる。

○ シンザン記念

当日は降雨の影響が大きく、重馬場まで馬場が悪化していた。

また、馬場状態にくわえペースが上がっており、前半800mの時計が時計は47秒近辺で推移することが多いるが、重馬場で行われながら今年も同じ水準の時計でペースは速かった。

前半800mよりも後半800mの方が3秒以上時計のかかっている状況から、かなりのハイペースで推移したことが分かる。

近年は1分34秒台前半以下で決着しているが、2017年はペースが上がりながら1分37秒6と遅かった。

2017年 キョウヘイ (重) 1.37.6  前半47.1 後半50.5

2016年 ロジクライ 1.34.1  前半46.3後半47.8

2015年 グァンチャーレ 1.34.8  前半48.2 後半46.6

2014年 ミッキーアイル 1.33.8  前半47.9 後半45.9

2013年 エーシントップ 1.34.3  前半46.6 後半47.7

2012年 ジェンティルドンナ 1.34.3  前半47.1 後半47.1

勝ったキョウヘイは前走初マイルの千両賞で2着と好走しており、勝ち馬はここで人気になっていたアルアイン。馬体写真がないため能力や適性が判然としないが、走法から距離に限界はありそう。

2着タイセイスターリーは馬体を見返すと想定よりも走るかもしれない。スプリンターというイメージがないため、マイルよりの短距離馬か。

ペルシアンナイトは決め手や切れ味で勝負をする馬で、道悪の影響が大きかった。

人気を裏切ったトラスト、マイスタイルはよく走ったが、先行しており、ペースが厳しかった。アルアインは接触の影響が大きかった。

ブラックランナーは直線で進路を塞がれていた。

シンザン記念、フェアリーSともにまずまずのレベルといった印象。負けた馬の方が可能性はあるかもしれない。

 

ランキングが上がっていれば、また情報を更新していきます。一日一回クリックの協力をお願いします↓


中央競馬 ブログランキングへ

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Pocket