クイーンカップ 穴馬候補と穴馬、危険な人気馬の特徴

Pocket

クイーンカップの穴馬候補(平日限定)
競馬 ブログランキングへ更新。

シルクロードステークスは無料メルマガで8番人気ヒルノデイバローを穴馬としてお届けするも4着。

京成杯は7番人気ガンサリュートが2着に。

フェアリーステークスは7番人気モリトシラユリが3着、11番人気ジャストザマリンが4着と惜しいレース。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

先週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)は、きさらぎ賞でアメリカズカップを本命に推し、◎○△で馬連960円本線1点、3連単14180円12点的中。

サトノアーサーではなくアメリカズカップを軸にしていたため、馬連の回収率は払い戻し均等で800%弱という結果に。

 

※ 下記は穴馬の特徴の一部。有料メルマガではより明確な穴馬の共通点をお届けしています。

[クイーンカップ 穴馬好走要因]

2016年7番人気2着フロンテアクイーン:1枠2番からロスのないレースをしたことが好走要因。前走菜の花賞で2着という結果に終わっていたが、外枠が響いており、力負けではなかった。

2013年8番人気3着ジーニマジック:有料メルマガで穴馬推奨。東京コースが合うと考えたが、戦績を見ても3走前にこのレースと同じ東京芝1600mで勝利していた。体重がマイナス8キロと減っており、仕上がっていたよう。

2010年10番人気2着プリンセスメモリー:OP特別ダリア賞勝ちがあり、実績は上位であった。距離延長に不安があり人気がなかったが、しまいの決め手を生かして克服。

2009年8番人気3着エイブルインレース:前半800m48秒4と例年より1秒近い遅い流れ。上位を先行馬が占めており、前残りの結果となったことが追い風となっていた。

2008年8番人気2着ライムキャンディ:前走新馬戦を勝利したばかりで、前残りのレースということもあり、人気がなかった。父タニノギムレットと東京コースの適性も高かった。

2006年6番人気2着アサヒライジング:前走9着と大敗も馬場の悪化が影響していた。前走では1番人気と評価の高い馬で、良馬場で行われ好走。

2006年11番人気3着マチカネタマカズラ:前走で敗れているが距離が短く、ダートのレースをつかわれていたが芝でも3着あり。父キングマンボ、母の父もサドラーズウェルズ系と基本的には芝向きの血統。

2005年8番人気2着ジョウノビクトリア:4コーナー13番手と後方から追い込み上がり最速をマーク。前走京成杯でも牡馬相手に10番人気と評価は低かったが、不良馬場でそれほど差のない5着と好走しており、その経験も生きたか。

2001年11番人気1着サクセスストレイン:前走まで1200mでしか実績がなかったため人気がなかったが、父ティッカネン、母の父ノーアテンションと血統的に距離延長はプラスで、後にオークスでも4着と好走。

2001年15番人気3着ショウナンバーキン:前走で初勝利を挙げたばかりだが、体重が10キロ減っており、それでパフォーマンスを上げた部分もあるかもしれない。1200mまでしか出走経験がなかったが、父フジキセキ、母の父ジェイドロバリーであれば距離延長も問題なかった。

※ 下記は人気を裏切った馬。有料メルマガでは人気を裏切る共通点をお届けしています。

○ クイーンカップ

2016年
2番人気15着サプルマインド:外枠が響いたが、過大評価でもあった。
3番人気8着ルフォール:
4番人気9着ビービーバーレル:
5番人気10着ペルソナリテ

2015年
4番人気11着ダノングラシアス:
5番人気12着スマートプラネット:スピードで押し切るタイプで、決め手で劣った。

2014年
2番人気14着デルフィーノ:距離が忙しく、実績でも劣った。
4番人気15着カノーロ:故障発生。

2013年
1番人気9着コレクターアイテム…阪神JF以来のレースで、能力も過大に評価されていた。この春は調子もよくなかった。
5番人気8着オーキッドレイ…父ディープインパクトで母方も近親に重賞活躍馬のいる良血で過大評価。

2012年
3番人気9着オメガハートランド…時計のかかる馬場で結果を残しており、時計の速い馬場がネックになったか。
4番人気14着モエレフルール…道中でポジションを下げており、アクシデントがあったよう。
5番人気6着ミッドサマーフェア…

2011年
1番人気6着ダンスファンタジア…血統的に過大評価の部分も。
3番人気4着フレンチカクタス…やや速いペースで推移し、先行するレースと休み明けが堪えた。

2010年
3番人気5着ブルーミングアレー…
4番人気7着ギンザボナンザ…東京コースはあまり合わなかった。
5番人気10着カホマックス…

2009年
1番人気4着ミクロコスモス…
3番人気8着パールシャドウ…同じ距離、コースのベゴニア賞を勝っているが、時計のかかる馬場が追い風になっていた。
5番人気11着アイアムマリリン…

 

クイーンカップの穴馬候補(平日限定)
競馬 ブログランキングへ更新。

 

 

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Pocket