オールカマー 穴馬と危険な人気馬は?

Pocket

ローズステークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)推奨穴馬7番人気タッチングスピーチが勝利。

京成杯AHは13番人気フラアンジェリコが勝利!!

新潟記念は13番人気ファントムライトが3着に、札幌2歳Sは8番人気クロコスミアが3着に入り、2週2けた人気穴馬激走!!

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

ローズステークス 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳ステークス 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳ステークス 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン
アンタレスステークス 6番人気1着 クリノスターオー
阪神牝馬ステークス 7番人気2着 ベルルミエール
阪神大賞典 7番人気2着 デニムアンドルビー
フィリーズレビュー 7番人気2着 ペルフィカ
阪急杯 9番人気3着 ローブティサージュ
根岸ステークス 15番人気3着 アドマイヤロイヤル
東海ステークス 9番人気2着 グランドシチー
フェアリーステークス 8番人気2着 ローデッド

[オールカマー 穴馬好走要因]

2013年9番人気1着ヴェルデグリーン:自信の穴馬推奨。ペースが上がったことも追い風になった。新潟大賞典以来のレースであったが、2ヵ月以上の休み明けで3勝を挙げており、いきなり走れる馬であった。

2011年6番人気2着ゲシュタルト:近走は天皇賞(春)、阪神大賞典、ダイヤモンドS、菊花賞など長距離レースをつかわれて結果を残せていなかったが、基本的には中距離馬。道中12秒をきるラップを刻む比較的速い流れになったことが追い風となった。

2008年6番人気2着キングストレイル:近走はスプリント戦を中心に短距離レースをつかわれており、距離延長の面で人気を下げていたと思われるが、このレースと同じ条件のセントライト記念で勝利しており、条件は合った。

2008年8番人気3着トウショウシロッコ:決め手が乏しく勝ち味に遅いタイプであったが、人気のマイネルキッツがコース、エアシェイディ、シャドウゲイトが斤量に苦しみ漁夫の利を得る形に。

2004年9番人気1着トーセンダンディ:時計のかかる馬場の方がいい馬でやや重で行われ、道悪も追い風となった。逃げたこの馬が勝ち、2着3着は4コーナー2番手の馬が入る完全に前残りのレースで展開の恩恵を受けていた。

○ オールカマー 凡走した人気馬

2013年
3番人気着9着ムスカテール:
4番人気8着ダイワファルコン:
5番人気4着サトノアポロ:

1番人気4着ルルーシュ:
3番人気9着ダコール:
5番人気15着コスモラピュタ:

2011年
3番人気6着マイネルラクリマ:
4番人気5着マコトギャラクシー:
5番人気9着シャドウゲイト:

2010年
2番人気5着ジャミール:
3番人気6着ミステリアスライト:
4番人気9着シルポート:
 
2009年
4番人気10着マイネルチャールズ:
5番人気14着エイシンデピュティ:

危険な人気馬の特徴、2けた人気の穴馬の好走要因、G1レースの調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA