エリザベス女王杯  クイーンズリング 考察

Pocket

クイーンズリング
※ ヴィクトリアマイル時の考察

手脚や胴の長い体型は父マンハッタンカフェおよび父の父サンデーサイレンスの影響が強く出ている。距離は2000m以上にも対応できると感じたが、肩の角度が立っている点から、本質は1600m1800m辺りにある。

薄手な体型から決め手を生かすレースが合うが、上半身に窮屈な部分がある点から小手先のフットワークになっているよう。調教では、身体が柔らかく関節の可動域が広いためか、前脚を投げ出すような走りをするが、いざレースになると、何故かフットワークが小さくなる。能力的にマイナス材料となり、直線が長いコースの適性や距離延長への対応力に欠ける点などから、条件を選ぶことにもなる。

3歳春は華奢な印象があったが、3歳秋、古馬と時間が経つにつれてずっしりとしたつくりになっている。全体のバランスはまずまずといった感じで、腰に若干貧弱な印象があるが、ヌーヴォレコルトなどもそういった面があり、あまり気にする必要はないか。

フィリーズレビュー時に皮膚の薄さにいいものがあると感じたが、桜花賞、オークスではそこまでよくなかった。ローズSではよりその点が強調され、銭型が浮き出ていた点からも状態はかなりよかった。昨秋のシーズンはかなり体調がいいと考えた。鞍上も春より体調は良好というコメントを残しているが、信じてもいい。今回も馬体の張りなどは悪くない。

ただ、より状態がよかったローズSで5着に敗れ、秋華賞で2着と好走しているが、前者は外回りコースで後者は内回りコースで、コース適性が影響したためと考えられる。エリザベス女王杯にしても距離にくわえ、直線が長い外回りコースがネックとなった。

前走京都外回りコースの芝1400mでは結果を残しているが、距離が延び、直線が長い東京のマイル戦に条件が変わることはマイナスとなりえる。マイル戦は合い、決め手もあるため好走の可能性があり、印をまわすことを検討したいが、状態に関してもそこまでは強調できず、押さえまでとなる。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

スワンS 8番人気2着サトノルパン
セントウルS 9番人気3着ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方から頂戴した的中報告(←こちら)を頂戴しています。

Pocket