アーリントンカップ 的中 考察サンプル

Pocket

 

2017阪急杯の穴馬を競馬 ブログランキング(←現在60~70位くらい)の紹介文へ更新。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では馬体の考察と、毎年使える穴馬や危険な人気馬を見つけるためなどの重賞データ、レース予想をお届けしています。

アーリントンカップ ◎○▲ 馬連920円2点的中
共同通信杯 ◎★▲ 馬単4860円4点、3連複2260円本線3点、3連単16620円本線3点的中 6番人気2着エトルディーニュ・自信の穴馬推奨
きさらぎ賞 ◎○△ 馬連960円本線1点、3連単14180円12点的中
愛知杯 10番人気2着サンソヴール・本命推奨 複勝570円、ワイド3480円本線3点的中
中山金杯 ◎×
有馬記念 1着▲3着○

※ 下記は有料メルマガでお届けしたアーリントンカップの考察のごく一部。割愛部分あり。

ペルシアンナイトは前走シンザン記念で3着に敗れたが、窮屈なレースとなった点が響いた。ある程度前でレースが出来、素質上位で、前走の消耗や極端な展開とならない限り、最も好走の可能性が高いと感じる。

キョウヘイは前走馬場の悪化とハイペースが追い風となった。このレースではパフォーマンスを落とす可能性がある。

ヴゼットジョリーは前走阪神JFで敗れているが、体重が減っていたことが敗因で、馬体もやや寂しかった。前でもレースができるが、キレ味タイプ、決め手で勝負をする馬はあまりよくない点から優先順位が下がる。

ディバインコードは馬体を見る限り、距離は1600m以下の方がいいと感じる。馬体を見返すと今後も重賞で通用しえる。前走ジュニアカップは決め手のある馬にやられたが、内容は勝ち馬と同等以上。前でレースが出来、今年の出走馬の中ではパワーも有している点から評価が必要。

ミラアイトーンは広いコースが合い、後肢のつくりをみると前でのレースが合う。馬体を見る限り重賞レベルの素質はなく、好走には展開の恩恵が必要で、平坦コースの方がよく、その点からやや優先順位が下がる。ただ、前でレースが出来る点からある程度評価が必要。

レッドアンシェルは前走朝日杯FSでプラス14キロと体重が増えていた点が敗因。素質は高く、ある程度前でレースが出来る点から好走の可能性がある。

ナンヨーマーズはデビュー前の馬体写真を見るとハーツクライ産駒であるが、マイラー体型をしている。広いコースの方が合う。前走は体重増、前々走は重馬場が影響したか。前でレースが出来れば好走の可能性はあるが、能力的な面からやや優先順位が下がる。

ジョーストリクトリは京王杯2歳Sで敗れているが内枠が響いたか。前々走の500万条件は体重が増えたことが影響して敗れていたが、前走では絞れてきっちり勝利しており、馬体写真がないため悩ましいが、底を見せていないため、印をまわしたい。

レヴァンテライオンは距離が長いように感じる。

カロスはデビュー前の馬体写真を見るとコースは合う。血統的な傾向も符合する。前でのレースが合う。距離に限界を感じさせ、1400mの方がいいかもしれない。2歳時の馬体を見ると、重賞で通用しえ、ダートで勝っているが、芝で結果を残しておかしくない。距離の面から好走の可能性は下がるが、調教も動いており、人気がなければダメもとで狙いたい。

リンクスゼロは距離が長い。

スーパーモリオンは距離が長く芝の適性を欠く可能性が高い。ただ、コースは合う可能性がある。過去の穴馬のパターンに符合するため、印をまわすことを検討したい。

近年の出走馬のレベルを見ると、2016年はレインボーライン、ダンツプリウスがその後重賞で結果を残しており、レベルはまずまず。

2015年は本格化前のヤングマンパワー、アルマワイオリが上位にきていたが、やや落ちる。

2014年はシンザン記念を勝ち、後にNHKマイルカップを勝つミッキーアイがほぼ1強という状況であったが、それ以外にも重賞で好走する馬がおり、質、量とも高い。

2013年は勝ち馬のコパノリチャードやラブリーデイが本格化する前であったが、レッドアリオンもおり層が厚かった。

2012年も勝ち馬のジャスタウェイ、2着オリービン、3着アルキメデス、ダイワマッジョーレが本格化前であったが、質、量ともにかなり上位。

順位をつけると、2014年>2012年=2013年>2016年>2015年という感じ。

今年の出走馬は今後重賞で結果を残す可能性がある素質馬が何頭かおり層が厚い。G1活躍馬が出るか微妙だが、2016年と同等かそれ以上の可能性はある。

予想オッズで人気上位となっている馬に死角がある程度存在するため、中波乱の可能性はなくはない。

今回は能力上位であるペルシアンナイトを軸にした馬連を勝負馬券とする。

レッドアンシェルは素質的にそこまで劣らず、絞れていればアタマまでありえる。また、能力的な面からディバインコードを上位にとる。

それ以外では2勝を挙げているジョーストリクトリ、ミラアイトーンを押さえとする。

ウゼットジョリーも完調であれば走破圏にいるが、調教の内容がいまひとつで、脚質の面からも押さえまでとする。

[推奨馬]

◎ ペルシアンナイト
○ レッドアンシェル
▲ ディバインコード
△ ウゼットジョリー
△ ミラアイトーン
× ジョーストリクトリ
☆ スーパーモリオン
★ カロス

基本は馬連
◎→○▲ 2点

3連複
◎★2頭軸→○▲△△ 本線3点
◎★2頭軸→×☆ 穴2点
○★2頭軸→▲△△×☆ 穴5点
▲★2頭軸→△△×☆ 穴4点

3連単
◎→○▲△△→×☆ 穴8点

 

2017阪急杯、2017中山記念の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

Pocket